B級孤独のグルメ

「つかんと」虎ノ門横丁 斬新すぎるカツ丼!が話題 ミシュラン一つ星フレンチの裏メニューがメインに

しげP
WRITER
 
カツ丼@つかんと 虎ノ門横丁







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

つかんと とは?

 全部が美味しい店?という奇跡の商業施設虎ノ門横丁。2020年6月11日にオープンした虎ノ門横丁は店を選んだ人のこだわりを随所に感じます。

自分はすでに7店舗ほど訪問しましたが、まだ行きたい店の半分も行けていません。

今回は「つかんと」。不思議な名前ですが、名前を逆から読むと正体が分かります。

そう「つかんと」はとんかつ屋です。特にカツ丼が斬新すぎると話題になっている店。

こちらのオーナーは経歴がすごい。フレンチ界の超有名人のようです。虎ノ門ヒルズのホームページから引用させていただきます。

世界最速でミシュランの一つ星を獲得した「TIRPSE」オーナーの大橋直誉氏。食の世界で新たな一歩を踏み出した大橋氏が仕掛けたのが、この「つかんと」。国内外のさまざまな豚肉を使い、フレンチで培ったスキルを生かして新しい食べ方やスタイルを提案します。シグネチャーメニューの「とんかつ」は、揚げる前の豚肉に低温でじっくり火を通しているため、油には数秒しかくぐらせません。そのため優しい火入れで、中がレアのようにしっとりと仕上がります。定番のロースやヒレのほか希少部位を使ったとんかつや、創作メニューにもご注目ください。

世界最速とのことですが、別記事によると開店わずか2カ月でミシュランの一ツ星を獲得したそうです。

大橋直誉さんの経歴も気になります。料理王国にプロフィールが載っていました。

大橋直誉 Naotaka Ohashi

1983年北海道生まれ。調理師学校卒業後、東京の「レストランひらまつ」に入社。退社後は、フランス・ボルドーの二ツ星 「シャトー・コルディアン・バージュ」のソムリエに。帰国後、白金台の三ツ星レストラン「カンテサンス」で働いたのち、「ティルプス」を開業。世界最速でミシュラン一ツ星を獲得。2018年12月に「ティルプス」を閉じ、現在はフードキュレーターとして活躍する。

フードキュレーターという言葉あるのですね。初めて聞いた。

英語のcurator は博物館、美術館、図書館などの学芸員のこと。要は収蔵品を鑑定し何を置くかなどをどこに置くかなどを総合的に決める人のことです。深い専門的な知識が必要になりますね。

フードキュレーターは深い知識を持って総合的に1級の食材を結びつけるような役割をするようです。ふむ。そんな仕事があるのですね。今後注目していこう。

ということで、「つかんと」に行くのをともて楽しみにしていましたが、今まで大行列や品切れ閉店のせいで数回振られています。

今回やっと目当てのカツ丼を頂くことができましが、カツもですがリゾット風の卵ご飯がすごく美味しくてインパクトがありました。

 

 

虎ノ門ヒルズ つかんとの外観、ランチメニュー、店内の雰囲気

虎ノ門横丁の正面入口から真っ直ぐ進んで突き当りを少し左に曲がったところに「つかんと」はあります。

良かった今日は3席ほど空いていました。

席につくと「ヒレカツ定食は売り切れですが大丈夫ですか?」と声がかかりますが、もちろん大丈夫。カツ丼はまだあることを確認してそれを注文しました。

この感じだと一時期はテイクアウトをやっていたが、今はやっていないという事でしょうか?

【 つかんと のランチメニュー (税抜) 税込 】

ロースカツ定食 (1,200円) 1,320円
ヒレカツ定食 (1,200円) 1,540円
カツ丼定食 (1,400円) 1,540円

このメニュー、税抜表示ですがどこにも記述がありません。税抜と書くか、そもそも正々堂々税込みで書いて欲しいな。

さて、メニューにはラーメン屋で見かけるようなこだわり書きが。どうやら調味料がすごいようです。

とんかつソース、福岡県糸島のミツル醤油、Dievoleのオリーブオイル、瀬戸内の藻塩@つかんと 虎ノ門ヒルズ

とんかつソース、福岡県糸島のミツル醤油、Dievoleのオリーブオイル、瀬戸内の藻塩@つかんと 虎ノ門ヒルズ

 

【 つかんとの卓上調味料とご飯 】

・瀬戸内海の藻塩 (日本古来の製法で、海藻と煮て作る塩)
・Dievoleのオリーブオイル
・福岡県糸島・ミツル醤油醸造元の少し甘味のある醤油
・中村家五代目が作る新潟県の有機米コシヒカリ 70%精米で香りと食感を持つ「Homare No.7」
こちらを合わせてお楽しみください

チョイスがすごそう。こういうのもフードキュレーターの仕事ですよね?個人的にはオリーブオイルが気になります。

実際に使ってみたのですが、一味違います。Dievoleのオリーブオイルはネットで見ると実勢価格が3,000円近く。なるほど、納得です。

更にハインズのマスタードソースもありました。

また正面には何やら果物が漬けてあります。

「はしご最高」と書かれていますが、夜はレモンサワーも名物という噂です。こうやって漬けているのか。

そしてなぜか壁にはスパイダーマンがいます。

日本語しゃべれるのか?

BGMはどの店から流れているのか知りませんが、結構な音量で小沢健二の「ラブリー」が流れていてびっくり。その後も昔懐かしい曲が続きます。

虎ノ門横丁は自分のようなおっさん年代をターゲットにしているのかな?

さて、とんかつを揚げる時間は短いことを裏付けるようにさほど待たずにカツ丼が到着しました。

 

 

虎ノ門ヒルズ つかんとで頂いたカツ丼

カツ丼は味噌汁とコールスロー付きでした。

やはりカツの下にあるご飯が気になります。

はやる気持ちを抑えてまずはコールスローから。

コールスロー@つかんと 虎ノ門横丁

コールスロー@つかんと 虎ノ門横丁

 

うまっ。キャベツなど野菜がシャキシャキ。あとナッツの食感も良いなぁ。ドレッシングもさっぱりしているのに旨味しっかり。ランチの付け合せのサラダとして最高レベル。

そして味噌汁。

味噌汁@つかんと 虎ノ門横丁

味噌汁@つかんと 虎ノ門横丁

 

豚汁でも洋風でもなくThe 和風出汁。これも美味しいなぁ。

さて、いよいよカツ丼。カツの上に三つ葉がのっています。後はブラックペッパーに藻塩?も。

カツ丼@つかんと 虎ノ門横丁

カツ丼@つかんと 虎ノ門横丁

 

少し倒してカツの表面を見てみます。

良い感じにピンク色。

衣はサクッとしていてジューシー。美味しいカツですがそこまで柔らかではありません。筋も感じます。カツはそこまで良いものを使っている訳ではなさそう。

ただ、卵リゾットにびっくり!

卵が良い感じにふんわり。良い出汁も効いていてむちゃくちゃ美味い。スパイスが入っているなど変に凝った感じはなく、すごくシンプルなんですが。

この玉子ご飯だけ独立してメニューに出しても良いのでは?と思わせる出来です。

先週食べた六本木「豚組食堂」の絶品とんかつの感覚がまだ残っていたせいかカツに関してはやや辛口評価になりましたが、味変は最高に楽しめました。

自分は何にでもオリーブオイルをかけたくなるほうなので、オリーブオイルはたっぷり。藻塩、ソース、醤油も全て試してみましたがどれも美味しい。

1つに決めきれないな。素晴らしいチョイス。フードキュレーターの仕事の一端を垣間見た気がします。

 

 

虎ノ門ヒルズ つかんとの行き方と営業時間

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目17−1 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 3F 虎ノ門横丁

【 つかんと の営業時間 】

月~日 11:00~22:00

定休日 虎ノ門ヒルズビジネスタワーの休館日による

虎ノ門ヒルズ つかんとの感想と食べログ採点

【 つかんと の感想 】

・カツを卵でとじるのではなくご飯を卵でとじる斬新なカツ丼。リゾット風卵ご飯がシンプルなのにとても美味しい。カツは見た目が美しい。サクサク感のある衣も良いが、肉質はまずまずのレベルで特にすごいとは思わなかった。

・コールスローや卓上調味料のレベルが高くてびっくり。個人的には高級オリーブオイルがあったのがポイント高い。

・やや窮屈なつくりだが店の雰囲気は悪くない。接客丁寧。

つかんととんかつ / 虎ノ門ヒルズ駅虎ノ門駅内幸町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.