B級孤独のグルメ

ミシュラン掲載!池尻大橋「八雲」和出汁スープとワンタンが絶品!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。

ラーメン通で知らない人はいない?池尻大橋の「八雲」

2018年、2019年と連続してミシュランのビブグルマンを獲得した池尻大橋の「八雲」。ただそれがなくともラーメン通ならその名前を知らない人はいないような超有名店です。

食べログは3.77(2019年4月25日現在)。百名店にも選ばれています。

自分も過去に何人もの人から勧められていましたが、渋谷から1駅ながら池尻大橋は妙に行きづらい感じで今まで行ったことがありませんでした。

しかし、間接的に「八雲」の味は知っています。

「八雲」で修行した方が出された稲荷町の「支那そば大和」には数回、最近では矢口渡の「中華soba いそべ」に行きました。

どちらも完成度が高い。白醤油をスープを使った和出汁が美味しく、更にワンタンがとても美味しい。

よって自分の中ではに行ったことがないのに「八雲」に外れなしという認識ができてきています。

ということで本当に遅ればせながらですが、今回ようやく「八雲」に行ってきました。

期待値が高いので少し心配でしたが、本当に期待通りの味でした。やはり「八雲」に外れなしで正解だったようです。

「八雲」は名門「たんたん亭」出身

「八雲」の系列についてはラーメン評論家の大崎裕史さんが以下に記事にまとめられています。

元祖 たんたん亭(浜田山:1977年)、たんたん亭阿佐ヶ谷店(阿佐ヶ谷:2000年、後に支那そば たなか)、支那そば いしはら(西荻窪:2007年、創業者が別に始めた店)。

 弟子の店 はるばるてい(経堂:短期間修業:1986年)→嚆矢(駒場東大前:2004年)、よっててい(池上:2009年)。めでた屋(仙川:1988年)。かづ屋(目黒:1989年)→はやしまる(高円寺:2004年)、なかじま(高崎:2008年)、松波ラーメン店(松陰神社:2009年)、しなてつ(荏原町:2010年)、すずき(小田急江ノ島線・桜ヶ丘:2013年)、小むろ(行徳:2014年)、薫風(東急田園都市線・梶が谷:2014年)、かでかる(沖縄・与那原:2015年)、燈灯亭(東急世田谷線・上町:2016年)、麺屋悠(大久保:2016年)、玉龍(昭島:2016年)、くろ松(高崎:2016年)。りょうたん亭(方南町:1994年)。八雲(池尻大橋:1999年)→幸雲(福島・須賀川:2006年)、かつみ(松江:2013年)、中華sobaいそべ(東急多摩川線・矢口渡:2016年)、大和(稲荷町:2017年)。

ひゃーすごい数だな。とんでもない名門だったのですね。

目黒の「かづ屋」はあまりグルメが関心がない頃に一回行ったことがあるような気がしますが、ここまで色々な店を輩出しているとは知りませんでした。改めて訪問しないと。

 

 

池尻大橋「八雲」の外観、メニュー、店内の雰囲気

「八雲」は池尻大橋駅から数分の小さな通りにありました。中が見える作りですが、外観も内観もひと目でおしゃれと分かります。

外には椅子が並べらていますが、平日の夜は外で待つことなく中待ちでした。

自販機があります。白黒のボタン。「支那そば大和」も「中華soba いそべ」もこんな感じでした。白は白醤油。黒が黒醤油。白は醤油というより塩そばに近いと考えると分かりやすいと思います。

【 八雲の主なメニュー 】

支那そば 800円
特製ワンタン麺 ハーフ 肉ワンタン2個、海老ワンタン2個 1,000円
特製ワンタン麺肉ワンタン3個、海老ワンタン3個 1,100円
つけそば850円
スープワンタン880円

それぞれ白、黒あり。白は白醤油、黒は黒醤油。ミックス(白黒ハーフ)はどちらかを購入し口頭で伝える。

大きなボタンからも分かるように「八雲」および系列店の売りはワンタンです。それも肉だけでなく海老も。香港スタイルの海老ワンタンが大好きな自分にはたまりません。

今回は特製ワンタン麺、肉ワンタン3個、海老ワンタン3個入り1,100円のボタンをプッシュします。

店内はコンクリートの打ちっぱなしですがシンプルにおしゃれで居心地良し。

コの字型のテーブルですが、中は広く空いていて、席と席の間も距離があってゆったりしています。店内を広くするためにあえて少し渋谷から離れた場所にしたのでしょうか?

数分後に席に座りゆったり待ちます。オペレーションは良い感じですが丁寧に調理をしているせいか、そこそこ待って特製ワンタン麺が着丼しました。

池尻大橋「八雲」で頂いた特製ワンタン麺

特製ワンタン麺@八雲

 

第一印象は系列店と変わりません。見た目シンプルなスープですが、やはり肉、海老で合計6個のワンタンが目立ちます。

スープをすすります。

うん。美味しいです。本当に旨味が強い和出汁で、思わず3杯ほどすすりました。

素材はよく分かりません。様々な節系に動物系も混ざったものだと思うのですが説明書き欲しいなぁ。まあ美味しいから問題ないのですが。

塩分はちょうどよい、素材の良さが味わえるレベルです。

そして柔らかい麺がほどよくもっちり感がありこれも旨い。

スープと麺は大満足ですが、その後はお楽しみのワンタン。

海老と餡がつまったてるてる坊主。これが美味しいのは当然として皮もピロピロ食感ですごい美味しいです。

ただこの昔ながらのチャーシュー、支那そばにつきもののチャーシューはあまり美味しい感じがしないのですが。ただあえてこのチャーシューにしているので意味があるのかもしれません。

スープは最後まで美味しく頂きました。

系列店も十分に美味しいのですが、本家「八雲」は調理も店の雰囲気もすごく洗練されていた印象です。

 

 

池尻大橋「八雲」の行き方と営業時間

〒153-0043 東京都目黒区東山3丁目6−15 エビヤビル1F

東急田園都市線池尻大橋駅 (東口)から徒歩3分。

かつての八雲は中目黒にあったそうですが、こちらも徒歩20分くらいで中目黒に着きそうです。

【  池尻大橋「八雲」の営業時間 】

【水・木・金・土・日】
11:30~15:30
17:00~21:00

【月】
11:30~15:30

定休日 火曜日

こちらの写真もどうぞ。

池尻大橋「八雲」の感想と食べログ採点

【  池尻大橋「八雲」の営業時間 】

・和出汁のスープ、麺、そしてワンタンが最高。チャーシューがやや残念ながら総合的にとてもレベルが高いと思う。

・外観、内観共に洗練されていて、中が広いのが嬉しい。

・贅沢なワンタンを考えるとコスパ良しと思う。

八雲ラーメン / 池尻大橋駅駒場東大前駅神泉駅
夜総合点★★★★ 4.2

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.