B級孤独のグルメ

丸の内ラーメン激戦区の「中華そば福味」優しい清湯スープが絶品!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。

2019年3月5日オープン 東京駅 丸の内KITTE(きって) の「ラーメン激戦区」今回は「中華そば 福味」へ

【 2019年3月に丸の内KITTEのラーメン激戦区に出店した店 】

・松戸富田麺絆

・四川担担麺 阿吽

・東京スタイル みそらーめん ど・みそ

・博多屋台ラーメン 一幸舎

・中華そば 福味

以上の5店舗が出店したわけですが、注目度ナンバーワンは、なんといっても日本一の人気ラーメン店「中華蕎麦とみ田」が都内に初進出した松戸富田麺絆(とみためんばん)。

行列を独り占めという感じで、未だにとんでもない行列。というかこの行列は永続的に続くと思われます。

個人的に嬉しかったのが「阿吽」。東京を代表する担々麺の名店です。

ということでこれまで2店舗行ったのですが、どちらも大満足。そして残りの3店舗も少しづつ行ってみるつもりですが、どこから行くか迷います。

今回は「せたが屋」系列の「福味ふくみ」に行くことにしました。

「せたが屋」はこの手の大手チェーンの中では大好きな店で何度も通っているし、系列店の「ひるがお」にもたまに行きます。

「福味」もまあ「外すことはないだろう」という消極的な理由で選んだんのですが、これがとんでもない誤解。後で驚くことになります。

「中華そば 福味」の外観、メニュー、店内の様子

この日も「松戸富田麺絆」は大行列。「阿吽」は小行列。他の店は行列はなく良い勝負です。

夕食時だったので、行列はないものの福味もほぼ満席。

「信玄丸鶏の旨味をじっくり堪能」

国産銘柄鶏指定「信玄鶏」を丸鶏で使用。鶏の旨味を最大限に引き出したクリアな清湯スープ。醤油ダレには、千葉の老舗醸造所直送の下総醤油をベースに昆布だしをブレンド。皆さんに味わって頂きたい身体に沁み渡る中華そばをお届けします。

やや誇大広告かと思いましたが、全然そんなことはありませんでした。大変失礼しました。

実はこのレギュラーメニュー以外に福味には「赤いラーメン」があると聞いていたので、そちらを探しますが見当たりません。

【 中華そば福味 KITTE丸の内店のメニュー 】

中華そば 820円
中華そば味玉入り 930円
中華そば贅の盛り 1,120円
雲呑麺 960円
虹の煮干しラーメン 1,000円
鶏白湯ラーメン 860円
鶏白湯ラーメン味玉入り 970円
鶏白湯ラーメン贅の盛り 1,160円
辛白湯ラーメン 910円
塩ラーメン 820円
塩ラーメン味玉入り 930円
塩ラーメン贅の盛り 1120円
雲呑塩ラーメン 960円

よだれ鶏カレーライス 580円
黒豚肉汁焼餃子 480円

自販機を見ても赤いラーメンはないので、雲呑麺 960円をポチりました。

ただ今よく見ると右上に明かりが消えたものが赤いラーメンだったようです。正式名称は虹の煮干しラーメン 1,000円。

店内にポスターがありました。店員さんに尋ねると早めに売り切れることが多いそうです。これは次回に絶対食べないといけんな。

席はやはり狭いです。しかしテーブル席の前についたてのようなものがあって前で食べている姿は見えません。足元にかばんを入れる場所もあります。

ラーメン激戦区の各店舗は狭いなりに場所を有効活用しようと工夫しています。こんなに気を使って細かいことができるのは日本人だけでしょうね。

 

 

 

「中華そば 福味」で頂いた雲呑麺

雲呑麺@中華そば福味 丸の内KITTE

 

今流行りの高さのある丼にお盆付きで登場。

見た感じは色のバランスが良く美しい。そして油が大きいのが目立ちます。

レンゲに入れてみてもオイリーな感じ。

まずはすすってみます。

うまっ。旨いです。鶏の旨味が半端なく分厚い感じ。やはり鶏の油は美味しいなぁ。

そして醤油のかえしが弱めです。やはり個人的にはこれが好みです。

最近では「麺屋ねむ瑠」赤鶏と蛤の淡麗中華そばがそうでしたが、塩分が少なめだと素材の旨味に集中できます。

スープもたっぷりあるので、安心して繰り返しレンゲに手を付けます。

麺も美味しいです。中細のストレート麺は喉越しが最高です。ここまでなら満点をつけられます。

しかしここから商業施設ならではの厳しい現実?を目の当たりします。

チャーシューは鶏と豚の2色。どちらも味付けは問題ないのですが、ものすごく薄いです。

ワンタンも3つ入っていますが、こちらも中身の餡が小さい。

店主も本音はもっと豪快に出したいと思っていると想像しますが、商業施設の超高い家賃の中ではこれが限界でしょうね。

美味しいスープは当然最後まで頂きます。スープには昆布とほんの少しですが山椒の味もしました。当初の予想とは違い?大満足のラーメンでした。

「中華そば 福味」の行き方と営業時間

〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目7

東京駅からすぐの丸の内KITTEの地下にある「ラーメン激戦区」の一角にあります。

【 中華そば福味 丸の内KITTE店の営業時間 】

平日11:00~22:00

土・日・祝 11:00~21:00

定休日 無休(但し、施設に準じる)

「中華そば 福味」の感想と食べログ採点

【 中華そば福味 丸の内KITTE店の感想 】

・信玄丸鶏を大量に使った贅沢スープが絶品。シンプルで深い。塩分控えめでその分旨味がじっくりと感じられる。

・具材も豚と鶏のチャーシューなど頑張っているが薄いのにびっくり。商業施設の中で頑張った価格設定とは思うが。

・虹の煮干しラーメンのために再訪することは確実。

中華そば 福味 KITTE店ラーメン / 東京駅二重橋前駅有楽町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.