B級孤独のグルメ

カレー大好きB級グルメブロガーが選ぶ 2020東京 カレー ベスト10

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

今回はカレー大好きB級グルメブロガーが選ぶ「2020年東京 カレー ベスト10」です。

日本のカレーとインド料理は境界が難しいものもありますが、今回は「日本のカレー」という印象が強いものを選びました。「インド料理のカレー」はまた別にランキングを作ります。

ほとんど2020年に訪問した店ですが、一部2019年に訪問した店も含みます。全店自分が食べログで3.8以上に評価した店です。

第1位 五反田「ホットスプーン」

1位は五反田の「ホットスプーン」。開業した2004年からずっと通い続けています。1番しっくりくるというか自分の舌に合う店。一種のソウルフードだと思っています。

ホットスプーンのほうれん草とチキンと玉子カレー

 

カレーは熱々の鉄板に入っていていてグツグツ状態で提供されます。

カレーはビーフベースとチキンベースから選べるようになっています。どちらも大量の玉ねぎの使っていてその甘みが素晴らしい。

牛すじ煮込みカレーをはじめビーフベースの方が人気なんですが、自分はチキンベースの方が好きで中でも「ほうれん草とチキンと玉子カレー」は最高のメニューと思っています。

ほうれん草がスープに溶け込んだ感じが最高です。

ホットスプーン五反田店ではご飯の中盛・大盛無料、辛口・激辛・超激辛無料。更に福神漬・らっきょう無料で好きなようにカスタマイズできます。

五反田店は店内が狭くいつも混んでいるのが唯一の難点ですが、店員のサービスはしっかりしていて気持ち良く食べらます。

ホットスプーンは西新宿店と大手町店があります。

ホットスプーン西新宿店

ホットスプーン大手町店

どちらも安定して美味しいです。

 

 

第2位 下北沢「Rojiura Curry SAMURAI.」

「Rojiura Curry SAMURAI.」は札幌発のスープカレー専門店。

系列店を含め北海道に10店舗、関東に8店舗あります。契約農家から取り寄せるという野菜が美味しいという評判でしたが想像をはるかに上回る美味しいカレーでした。

チキンと一日分の野菜20品目@Rojiura Curry SAMURAI. 下北沢店

チキンと一日分の野菜20品目@Rojiura Curry SAMURAI. 下北沢店

 

見ただけですごくありません?「野菜を食べるカレー キャンプ」の豪華版という感じ。

スープカレー自体もコクがあって美味しかったのですが、やはり野菜の美味しさが出色。特に大豆やごぼうは今まで食べたことがないレベルでびっくり!インパクトがあった。

店内はさすが下北沢。一軒家?を改造した店舗はすごくオシャレ。天井が高く雰囲気良し。接客も感じ良かった。これは行きたくなります。

このカレーは税込み1,650円でしたが、あまりに美味しかったのでコスパにうるさい自分でも値段があまり気にならなかったほどです。

 

 

第3位 神保町「欧風カレー ボンディ」本店

「欧風カレー ボンディ」は東京の欧風カレーの代名詞とも言える存在で、多くの店舗に伝統の味が継承されています。

典型的な日本流欧風カレーで日本人のほとんだが好きな味だと思います。

ビーフカレー チーズのせ@欧風カレーボンディ神保町本店

ビーフカレー チーズのせ@欧風カレーボンディ神保町本店

 

マイルドで優しく安心感のある。最近スパイスカレーにハマっていますが、それとは違う良さを再認識。

トッピングのビーフはゴロゴロ、チーズもたっぷり。さらにデフォルトで付いてくるじゃがバター、無料の福神漬、らっきょうで気持ちよく満腹になれます。

また神保町店は店内の渋い雰囲気が最高。接客も良し。カレー1,500円でもコスパ良しに感じます。

 

 

第4位 神保町「エチオピア」

昭和63年(1988年)創業。神保町が本店の「エチオピア」東京を代表するカレーの名店。

本店と高田馬場店を含めて今まで10回以上訪問したことがあります。

最近はスパイスカレーを謳う店が増えましたが、自分にとっては「エチオピア」こそが初めて出会った本格的なスパイスカレーでした。

チキンカレー@エチオピア

チキンカレー@エチオピア

 

サラッとした食感ですが、濃密なスパイスのコクを感じるカレーが秀逸。昔から変わらぬ味ですがいつ食べても美味い!

また神保町店のランチタイムは抹茶アイスサービスあり。これはカレー激戦区故の特典?なんでしょうか?これは嬉しかったな。

レトロな雰囲気が良く、サービスもきっちりしていました。「エチオピア」のカレーはたまに無性に食べたくなります。

 

 

第5位 戸越公園「ホーカーズ」

戸越は地元に近いので良く行くのですがたまた見つけた「ホーカーズ」のカレーがすごく美味しかった。

それもそのはず、「ホーカーズ」は20年余りも田町の大人気店で最近戸越公園に移転したとか。ご主人は「インドのカレーは夕陽色」という本も出されています。

ホーカーズのチキンカレー(インド式)と赤いカレー(タイ式)

ホーカーズのチキンカレー(インド式)と赤いカレー(タイ式)

 

「ホーカーズ」のカレーはインド式、タイ式、アイルランド式から選べます。

今回はインド式+タイ式のセットを選択。

インド式のチキンカレーはすごく辛いがコクがあってバランスの良い美味しさ。タイ式の赤いカレーは本格的なタイカレーで辛いけどココナッツミルクが下支えしておりマイルドな味わい。どちらもすごく美味しかった。

この2種のカレーが税込み700円!は信じられないコスパです。

店内は夫婦で切り盛りしていてアットホームな感じ。席は6席しかありませんがが良く日が差すので雰囲気良しです。この記事を書いた後も訪問しました。

 

 

第6位 水道橋 「桃の実」

水道橋の「桃の実」は「ミシュランガイド東京2021」で初めてビブグルマンに選ばれました。

「ミシュランガイド東京2021に掲載されたカレー全10店舗」についてはこちらにまとめていますのでよろしかったらどうぞ。

「桃の実」の本店は本郷三丁目で2号店が水道橋です。

こちらは食べログの点数がすごく高いので気になっていました。自分が行った当時の水道橋店はなんと3.92!で東京のベスト5に入っていました。

その「桃の実」ですが、やはり普通に激ウマでした。

チキンカレーセット@カレー&オリエンタルバル 桃の実 水道橋店

チキンカレーセット@カレー&オリエンタルバル 桃の実 水道橋店

 

さらっとしてはっきりとスパイスの辛さを感じられるカレーがシンプルだけど美味しいなぁ。チキンカレーは柔らかく煮込んだチキンがたくさん入っていたのもポイントが高い。

しかも+150円でダルカレー、多種のピクルス、サブジ付き。頼んだ方が絶対にお得です。それでもランチだとこの内容の2色カレーが1,030円はお値打ち!

本郷の本店も宿題店になっているので今年は必ず行こうと思います。

 

 

第7位 恵比寿・目黒「薬膳スープカレー・シャナイア」

「孤独のグルメ」に登場した店は必ず流行るそうですが、恵比寿と目黒の中間くらいのある位置にある「薬膳スープカレー・シャナイア」も「孤独のグルメ」に登場。

Season6の第3話「東京都目黒区三田のチキンと野菜の薬膳スープカレー」の舞台になりました。

また、最近婚約を発表された石原さとみさんも行きつけとか。

シャナイアの薬膳カレーは身体に良いだけでなく味も最高でした。

チキンと野菜のスープカレー@シャナイア 目黒

チキンと野菜のスープカレー@シャナイア 目黒

 

見た目が美しい。

チキンと野菜のスープカレーはとても完成度が高く、コク、とろみ、旨味、甘味のあるスープが美味しい!。野菜の良さを引き出す調理法が見事ですね。チキンもすごく美味しかった。

また、こちらは猫ギャラリーを改造した店らしいので店内は猫の絵や猫の置物だらけ。ネコ好きではたまらない?

完全な住宅街の中にある店舗は東京でも珍しい。意外感があって行くこと自体楽しめる。ここを知っていたら「通」な感じがする店です。

 

 

第8位 神保町「キッチン南海」

2020年6月26日に神保町の「キッチン南海」が閉店。これはメディアでも大々的に取り上げられ大きな話題になりました。

ただ、原因はコロナのせいではなく建物の老朽化。また創業者のご主人が90歳!と高齢なため。

約1ヶ月後の2020年7月29日に「キッチン南海」神保町の新店舗がオープン。スタッフも以前の店長などほぼ変わっていないようで、そのままの味が無事に引き継がれています。

カツカレー@キッチン南海 神保町

カツカレー@キッチン南海 神保町

 

前の店舗も味があって良かったですが、店が綺麗になったのは良いですね。

しかも美味しい黒カレーのカツカレー750円!は変わらず。

混んでいてもスタッフ全員が客に声をかけるハートフルな接客も変わらず良かった。後継者不足で閉店する店も多い中、「キッチン南海」神保町店は理想的な引き継ぎができたのではないでしょうか?

 

 

第9位 目黒「カレバカ世紀」

実はカレーの激戦区と言われている目黒。

本格的な開拓はこれからしていくつもりですが、「カレバカ世紀」のカレーはすごく美味しかった!

チキンカレー チーズトッピング@カレバカ世紀 目黒

チキンカレー チーズトッピング@カレバカ世紀 目黒

 

名前はふざけて?いますが、カレーは本格的王道派。

スパイスカレーはザラザラ感が良く、旨味のコクもしっかり。美味しだけでなく全体的にいかにも身体に良さそうなカレーでした。

接客が丁寧。しかもこのクオリティのチキンカレーでトッピング1品無料で900円は良心的な価格と思いました。ハマる人が多いのもうなづけます。

 

 

第10位 秋葉原「カリガリ」

「第9回神田カレーグランプリ2019」でグランプリを獲得した秋葉原の「カリガリ」。

組織票が可能なため一部で「当てにならない」とも言われる神田カレーグランプリですが、カリガリは美味しかった。

アキバ盛りカレー@カリガリ秋葉原

アキバ盛りカレー@カリガリ秋葉原

 

アキバ盛りのトッピングはかなり個性的。見た目も素晴らしいが、食べていくうちにバランスの良さを感じる。くせになるというかまた食べたくなります。

カリガリは新宿、池袋、三軒茶屋、四谷三丁目etc. すごく店舗が増えているようですね。今年は他店舗にも訪問したいと思っています。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2021 All Rights Reserved.