B級孤独のグルメ

東京駅ラーメンストリート「ちよがみ」鰹節・昆布のスープに国産小麦の麺が美味しい!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

「東京の中華そば ちよがみ」は2015年6月にオープン。

東京駅近くの「東京ラーメンストリート」の中にあり、隣の「斑鳩(いかるが)」の姉妹店です。

「斑鳩」は先日食べた「うにソースつけ麺」が美味しかった!

こちらは限定なのでもう食べられませんが強烈に印象に残りました。

さて「斑鳩」は魚介豚骨スープが店の代名詞になっているほど有名ですが、「ちよがみ」は鶏や鰹節、昆布などを使ったスープがメイン。

食べログは3.59、ラーメンDBは80.303。(2021.01.05現在)。決して低い数字ではありませんが、ラーメンストリートの中では目立たない数字。

自分もかつて1度行ったことがあったのですが、「美味しいけれどインパクトが弱い」という感想で地味な印象を持っていました。

しかし今回久しぶりに食べて印象が大きく変わります。麺が自家製麺に変わったようですごく美味しい。また、スープも前回食べた時よりもはるかに好印象。正直驚きました。

 

 

東京ラーメンストリート「東京の中華そば ちよがみ」の外観、メニュー、店内の雰囲気

正月の19時前。正月でも開いているラーメン屋はごく一部。商業施設も然りですが「東京ラーメンストリート」が営業していることだけは確認していました。

しかし、この時間では「ラーメンストリート」の店舗でも数店舗はすでに閉店していました。ということで開いていた「ちよがみ」に入ってみることに。

mecicolleで紹介された記事があったり何やら賞状はありますが、ラーメンの権威ある賞などは見当たらず寂しい感じ。

ただ、個人的には「麺を変えました。」という貼り紙に注目しました。

北海道小麦きたほなみ、沖縄のシママースを使用とのこと。これは美味しそうな予感がします。

券売機前。基本は醤油と塩。時間によってはワンタン麺もあるようです。

券売機はこんな感じ。

東京の中華そばちよがみの券売機

東京の中華そばちよがみの券売機

 

【 東京駅 東京の中華そばちよがみの主なメニュー 】

東京駅 醤油 中華そば 1,000円
醤油 中華そば 790円
全部入り 醤油中華そば 1,130円
全部入り 塩中華そば 1,140円
塩 中華そば 800円
東京駅 塩 中華そば 1,010円

全部入り 背脂 中華そば 1,170円
背脂 中華そば 830円
東京駅 背脂 中華そば 1,040円
全部入り辛旨 中華そば 1,200円
辛旨 中華そば 860円
東京駅 辛旨 中華そば 1,070円
全部入り スタミナ 中華そば 1,220円
スタミナ中華そば 880円
東京駅 スタミナ中華そば 1,090円

東京駅 +210円
全部入り +340円

メニューが分かりにくいので左上の法則で「東京駅 醤油 中華そば」1,000円のボタンをプッシュ。

「東京駅」とはなんぞや?という感じですがいわゆる「特製」に近いよう。おそらく「東京駅」がチャーシュー増し+煮玉子で全部入りは加えてワンタンだと思います。

写真でなんとなく分かりますが、あくまでもなんとなくなので「東京駅」という名称は変更するかわかりやすい説明を加えた方が良いと思います。(説明書きはあったようですが自分は気づきませんでした)

さて、斑鳩もそうでしたが店内は雰囲気があっておしゃれ。

椅子も木の丸椅子はいわゆる普通の丸椅子よりも一回り大きく座り心地は悪くありません。

コロナ対策なのかコップに箸とレンゲが入ったものが提供されます。水は卓上にあり。

卓上の調味料はゆず入り七味唐辛子と胡椒。

カウンターの下にティッシュもあります。

壁に貼られたこういう絵なんて言うのかな?タペストリー?

詳しくは分かりませんが只者でない感じも高級感もあって良いですね。隣の「斑鳩」も「ちよがみ」も駅前の商業施設にしては内観がすごく凝っています。

さて、しばらく待って醤油中華そばがやってきました。

 

 

東京ラーメンストリート「東京の中華そば ちよがみ」で頂いた 東京駅 醤油 中華そば

白い丼に一箇所だけ赤い四角形が描かれています。

これはちよがみのつもり?

ビジュアルは最近流行りのネオクラッシック醤油ラーメンという感じ。

東京駅 醤油 中華そば@東京の中華そば ちよがみ

東京駅 醤油 中華そば@東京の中華そば ちよがみ

 

具は、チャーシュー2枚、煮玉子、海苔2枚、メンマ、水菜、ねぎ。赤いのと黄色いのは何だろう。(黄色いのは後で柚子と判明)

まずはスープをすすります。

おおっ、旨味が濃厚。これは美味いな。

もっとあっさりしているスープを予想していたし、かつてはそうだった気がするのですが全然違います。鶏ベースに鰹節の旨味がしっかり。昆布のとろみもほんのり。醤油も程よく美味しいスープです。

スープも進化しているなと思ったのですが麺も素晴らしい。ほんのりコシがありしなやかな食感の美味しい麺です。正直ここまでのものを期待していなかったので意表をつかれました。

チャーシューはおそらく豚肩ロース。柔らかくホロホロ崩れるタイプですが旨味がしっかり。

メンマはコリコリで味玉も良い味付け。柔らかさも丁度よい。

いやぁ、隙なく美味しかった。大満足。

「東京ラーメンストリート」の中では地味な印象があった「ちよがみ」ですが、このクオリティのラーメンだったら自信を持って人に勧められます。

 

 

東京ラーメンストリート「東京の中華そば ちよがみ」の行き方と営業時間

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目9−1 東京駅一番街 B1 東京ラーメンストリート

JR東京駅八重洲中央改札出てから徒歩1分

改札からラーメンストリートで1番近いのが「斑鳩」でその隣が「ちよがみ」です。

【 東京駅 東京の中華そばちよがみの営業時間 】

11:00~22:30(L.O.22:00)

定休日 無休

東京ラーメンストリート「東京の中華そば ちよがみ」の感想と食べログ採点

【 東京駅 東京の中華そばちよがみの感想 】

・クオリティの高いネオクラッシックな醤油ラーメンだった。鶏+鰹節・昆布のスープは薄くなく旨味がしっかり。そして自家製麺が素晴らしい。しやなかでコシの強い麺で美味しい。チャーシューなど具も手抜かりなし。

・店内の雰囲気良し。また駅近くの商業施設としては1名当たりのスペースも十分。

・東京駅から徒歩1分であることを考えるとコスパも悪くないと思う。

東京の中華そば ちよがみラーメン / 東京駅大手町駅二重橋前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2021 All Rights Reserved.