B級孤独のグルメ

武蔵小杉に新規オープン!「らぁ麺は はやし田」の冷やしそばが絶品!だった

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

らぁ麺は はやし田とは?

「らぁ麺はやし田」は今最もアツイラーメン店。

「はやし田」自体も5店舗ありますが、その他の系列店も数多くそのどれもがハイレベル。資金力が豊富なのか出店のスピードも早い。現在すごい勢いで勢力を拡大しています。

自分が昨年初めて新宿の1号店に行った際はまだ、新宿と池袋にしか店舗がなかったはずですが。

新宿本店は伊勢丹や丸井の裏側という感じの人通りの少ない路地にありますが、当日はすごい行列でした。そして頂いたラーメンは並んだ甲斐があって激ウマでした。

【「はやし田」の店舗 (2020.07.01現在) 】

・新宿本店
・池袋店
・横浜店
・赤羽店
・武蔵小杉店

「はやし田系」のラーメン店は別名「クローズ系ラーメン」とも呼ばれています。なんでも「クローズ」という漫画に出てくる登場人物や学校名から店名を取ったものが多いらしい。

「らぁ麺 はやし田」も「林田 恵」という登場人物の名前に由来するそうです。

「クローズ系」の店はどんどん増えているのでなかなか追いつきませんがいずれ全店制覇してまとめたいと思っています。

今まで「クローズ系」で最初に行ったのが新宿の「らぁ麺 鳳仙花」。

金目鯛をあら炊きしたスープが売りですごく美味しかった。また店舗が綺麗で接客が良いのも印象に残りました。後から分かるのですが、クローズ系はどこもオシャレな店舗で接客が丁寧です。

次に行ったのがクローズ系のファーストブランドという新宿の「煮干し中華そば鈴蘭」。こちらで頂いた煮干し中華そばも絶品でした。

この系列今までのところまるでハズレがありません。

そして、今回は2020年4月8日オープンの「はやし田」武蔵小杉店へ。

武蔵小杉は元々何もない野原?(かつては東横線から地平線が見えた)に突如タワマンができたような町。それに伴いラーメン店も多く存在しますが、ラーメンオタクにはどれもイマイチという噂も。

そのラーメン不毛地帯?武蔵小杉に登場した本格派の「はやし田」。早くも大評判になっているようです。

 

 

らぁ麺は はやし田 武蔵小杉店の外観、メニュー、店内の雰囲気

長らく東横線沿線に住んでいた者からすると何度行っても違和感のある生まれ変わった武蔵小杉。東横線の南口を出るとちょっとした広場になっており、そこからすぐ近くにはやし田を発見。

店の外観や内観はつけ麺の「つじ田」を参考にしたのかな?という感じ。

おしゃれで洗練されています。

麺箱は菅野製麺所のものが置かれていました。この麺もかなり優秀ですが、何れは自家製麺になりそうな予感。

このようなインパクトのある看板はチェーン店を思わせます。

店内の券売機前にも同様のものが。

醤油らぁ麺は800円。特製は1,000円なのでクオリティを考えるとかなり頑張った値段。

らぁ麺 はやし田 武蔵小杉店 の券売機

らぁ麺 はやし田 武蔵小杉店 の券売機

 

未食ののどぐろそばも魅力的に思えましたが、こちらへ向かうTwitterで限定の冷やしメニューがあることを確認。

これがとても美味しそうに見えたので「季節限定 冷やしそば 800円」のボタンをプッシュしました。

【 らぁ麺 はやし田 武蔵小杉店 の主なメニュー 】

醤油らぁ麺 800円
味玉醤油らぁ麺 900円
特製醤油らぁ麺 1,000円

つけ麺 850円
味玉つけ麺 950円
特製つけ麺 1,050円

(数量限定)
のどくろそば 1,000円
味玉のどくろそば 1,100円
特製のどくろそば 1,200円

まぜそば 800円

こちらがその冷やしの限定です。

濃厚煮干しのジュレに柚子のジュレ。色合いも良いしいかにも涼しげです。

時刻は平日の20時過ぎ。消毒をしてから着席します。

接客はここでも感じ良し。体育会系とまではいきませんが元気があって笑顔があります。笑顔がある店員が多いのもはやし田系列あるあるで教育方針なんでしょうか?ポイント高いです。

水はセフルですが、これもはやし田系でよく見かける卓上に取り付けられたウォーターサーバー。

移動しなくても水がお代わりできるので便利です。

席の後ろにはこちらもはやし田系御用達の「マキシムこいたまご」が置かれていました。

目の前はオープンキッチンで作業がよく見えます。

注目すべきはでかい寸胴が2つあること。小さい寸胴はもっとあります。これはスープを店舗で作っている証拠。

チェーン店は業務効率化のためにセントラルキッチンでスープを作ることが多いですが、その方が儲かるでしょうが、間違いなく味は落ちます。

はやし田系は店舗が増えているのにどこも自分が知る限りは店舗でスープを作っています。なにげにすごいこと。これはぜひ今後も続けて欲しいです。

さて、着席してから10分くらいで柚子と煮干しの冷やしそばがやってきました。

 

 

らぁ麺は はやし田 武蔵小杉店で頂いた 柚子と煮干しの冷やしそば

いやぁ美しい。

柚子のジュレには5色のあられも。

柚子と煮干しの冷やしそば@らぁ麺 はやし田 武蔵小杉

柚子と煮干しの冷やしそば@らぁ麺 はやし田 武蔵小杉

 

具は水菜、ネギ、みょうが、紫玉ねぎ、ウズラの卵。チャーシューは後から分かったですが、鶏と豚のチャーシューが1枚ずつでした。

まず麺だけ頂きます。

うめぇ。美味しいです。水で締めたと思われる麺はかなりのコシがあって歯ごたえ最高。少し冷麺を彷彿させます。

既に麺には適度な煮干しが染み込んでいて、このままでも味はバッチリ。

麺を柚子ジュレと組み合わせると更に涼しさが増します。

煮干しジュレはしっかり濃厚。このコントラスト良いなぁ。

チャーシューも安定のはやし田クオリティ。

どちらもあまり味はついておらず、麺の邪魔をしない感じですが、レアな感じが素晴らしい。特に鶏チャーシューが厚みもあって、しっとりと美味しいです。

そしてかき混ぜてもバランスが良く味が濃すぎるなんて事はありません。

ここで替え玉や半ライスという選択肢もありそうですが、腹八分目にしておきました。

限定でもこのクオリティ。「はやし田」ブランドは武蔵小杉でも健在でした。

 

 

らぁ麺は はやし田 武蔵小杉店の行き方と営業時間

〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目430−17

東横線の武蔵小杉駅からはかなり行きやすいです。

まず、南改札を出て右折。

広場を少し進むとファミリーマートと紳士服のアオキの間の少し奥に「らぁ麺はやし田」が見えます。

【 らぁ麺 はやし田 武蔵小杉店 の営業時間 】

11:00~23:00
(スープ切れ仕舞い有り)

定休日 年中無休(正月を除く)

 

 

らぁ麺は はやし田 武蔵小杉店の感想と食べログ採点

【 らぁ麺 はやし田 武蔵小杉店 の感想 】

・限定の柚子と煮干しの冷やしそばがすごく美味しかった。麺が冷麺のようにコシがあり、煮干しが染み込んでいてこれだけでも美味しい。濃厚煮干しジュレや柚子ジュレの味変も良い感じ。チャーシューもクオリティが高い。

・はやし田系列の安定した接客が良かった。笑顔がある店員が多いのがポイント高い。

・この内容で800円はかなり頑張った価格では?かなりリーゾナブルに感じた。

らぁ麺はやし田 武蔵小杉店ラーメン / 武蔵小杉駅新丸子駅向河原駅
夜総合点★★★★ 4.0

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.