B級孤独のグルメ

自由が丘駅前 1950年創業レトロな雰囲気で美味しいうな丼「ほさかや」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

自由が丘の老舗鰻屋「ほさかや」とは?

東京の住みたい街ランキングで常に上位にランクインされる大人気の自由が丘。

おしゃれな飲食店が立ち並ぶも競争は激しく、数年経つと店舗が様変わりする事も珍しくありません。自分が学生の頃に通った店でもうなくなってしまった店などいくらでも挙げらることができます。

しかし、自由が丘北口を出て1分も歩かない一角にはお世辞にもおしゃれとは言えないような昔ながらの飲食店がたくさん生き残っています。

その1つが今回の「ほさかや」。なんと創業は昭和25年(1950年)だそうで70年の歴史があります。現在の地に移転したのが1970年。そこだけでも50年の歴史があります。

老舗の鰻屋というと敷居が高い店も多く、入りにくい雰囲気があるばかりか、大将が威張っていたりと独特の雰囲気があることがありますが、「ほさかや」はその対極にあると言っても良い店。

とにかく庶民的な店で入りやすく鰻屋というより大衆酒場。店の人も気さくで威張った雰囲気はまるでありません。

ほさかやは串焼きがメインのような雰囲気もありそれが大衆酒場な雰囲気を醸し出しているのかもしれません。鰻の串焼きはからくり焼、塩焼、きも焼、ひれ焼、かしら焼を頂くことができます。

うな丼は大衆的な価格。現在では1,500円になってしまいましたが一昔前は肝吸い付きで1,000円でお釣りがきたものです。

今回は「ほさかや」へ久しぶりの訪問。時代が平成から令和に変わろうとここだけは変わらない。レトロな雰囲気で美味しいうな丼を頂いてきました。

 

 

 

自由が丘「ほさかや」の外観、メニュー、店内の雰囲気

自由が丘北口を出てスタバを左に曲がると「ほさかや」が目に入ります。

時刻は13時頃。いつもは行列がありますが、なくてラッキーと思いきや満席でした。外で少し待ちます。

店頭の焼き場で鰻を焼いているのが見えます。炭火の感じが良いですね。

ランチのうな丼は1,500円。

その他串焼きも頂くことができます。

ほさかやのおしながき (うなぎ+酒)

ほさかやのおしながき (うなぎ+酒)

 

【 自由が丘 ほさかやの主なランチメニュー 】

うな丼 1,500円
うな重 2,900円
白焼き丼 1,400円
肝吸い 100円

からくり焼 400円
きも焼 300円
ひれ焼 300円
かしら焼 300円
塩焼 400円

今年の土用の丑の日は7月21日。

「うなぎ弁当、蒲焼 予約受け付けます」と書かれています。

さて、少し待って入店。コの字型のカウンターに座ります。

このテーブルは50年変わっていないのかな?

歴史ある店なので年配の方、それも常連風な方が目立ちます。昼間なのにビール+串焼きの方もちらほら。

こちらはタイミングが良いとすぐにうな丼が出てきますが、ちょうど一定数を焼き切った後だったようで少し待ちます。

卓上調味料は山椒と一味。後はうなぎのタレに醤油でしょうか?中身は問題ありませんが、容器の見てくれ等は気にしない感じ。気取った所は一切ありません。

それでもお茶がなくなるとすぐに注いでくれるなど、細かい気配りをしてくれます。いかにも家族経営な感じがあって対応がハートフルです。

さて、10分ほど待ってうな丼がやってきました。

 

 

自由が丘「ほさかや」で頂いたうな丼

使い込んだ感じの丼に入ったうな丼。

焼きたての香りが良いです。大きさは値段相応という感じでしょうか?

うな丼@ほさかや 自由が丘

うな丼@ほさかや 自由が丘

 

まずはお吸い物から。

お吸い物@ほさかや 自由が丘

お吸い物@ほさかや 自由が丘

 

何か特徴があるわけではないのですが、普通に美味しいお吸い物です。

そしてうな丼。

ふんわりとろとろした食感で美味しい!

もちろん臭みなどはありません。タレもしつこくなく程よい。ご飯も適度に固めで丁度よい。

少し薄いかなとは思いますが、鰻の質にはまったく不満はありません。

山椒もたっぷりかけて頂きます。

この大きさだと一瞬で食べ終わりますが、満足度の高いうな丼でした。

そういえば鰻の串焼きは最近全然食べてないなぁ。今度は夜に来て、飲みながら串焼きを楽しみたいと思います。

 

 

自由が丘「ほさかや」の行き方と営業時間

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1丁目11−5

【 自由が丘 ほさかやの営業時間 】

月~金 11:30~14:00 / 16:30~21:00
土・祝 11:30~14:00 / 16:00~21:00

定休日 日曜、第二月曜 (祝日の場合は第三月曜)

自由が丘「ほさかや」の感想と食べログ採点

【 自由が丘 ほさかやの感想 】

・この場所で営業を初めて50年。しっかりと年輪を刻んだレトロな感じが良い。庶民的な酒場という感じで好みは分かれそうだが。接客はしっかり。

・鰻は安価ながら安定した技術を感じる。昔ながらの炭火焼きで仕上げてくれるのが嬉しい。

・モダンな自由が丘でこの雰囲気。いつまで店が続くか気になるところ。

ほさかやうなぎ / 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.