B級孤独のグルメ

東京で1番美味しいカツカレー 蒲田「とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

蒲田「とんかつ檍」と「いっぺこっぺ」の関係が変わってきた

かつては「とんかつ檍」は大行列、「いっぺこっぺ」には行列がないのが普通だった

蒲田駅の東口から数分歩いた車通りの少ない路地に「とんかつ檍」と「とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ」は並んで営業しています。

以前は「とんかつ檍」は大行列、「いっぺこっぺ」には行列がないのが普通でした。特に夜は。これが狙い目でした。

「いっぺこっぺ」は「とんかつ檍」と同じ林SPFを使用しています。また職人の方も自分が勝手に「檍のベテラン」と呼んでいる方。クオリティは極めて高い。

「いっぺこっぺ」はカツカレー専門店でとんかつ定食などは食べられませんが、自分が東京で1番美味しいと思うカツカレーはなんと1,000円!豚が林SPFである事を考えるとコスパも高いです。

というわけで「とんかつ檍」に行くつもりが行列を見て心が折れそうな時はよく「いっぺこっぺ」を利用していました。

結果的に蒲田の「とんかつ檍」に行った回数は10回くらいですが、「いっぺこっぺ」は2~30回行っていると思います。

その最強の滑り止めだった「いっぺこっぺ」ですが、最近は状況がガラリと変わりました。

今や「いっぺこっぺ」の方が混んでいる?

去年のある時期から「いっぺこっぺ」の行列がすごく伸びたのに気づきます。

とある昼間の「いっぺこっぺ」と「とんかつ檍」の行列の様子

 

手前が「いっぺこっぺ」奥が「檍」ですが、「いっぺこっぺ」の方が全然行列があります。

理由を推測すると2019年9月に放送された「アメトーーク!」の「揚げ物大好き芸人」でザキヤマことアンタッチャブルの山崎弘也さんが「いっぺこっぺ」を推奨していたのが一因かと。

一日中でテレビでグルメが紹介されているような昨今では一人の芸能人が紹介したくらいでここまで劇的に行列が増えるのは少ない気もしますが、ザキヤマさんの影響力はすごいようです。

なお、ザキヤマさんは若い頃にくりーむしちゅーの有田哲平さんと、アンジャッシュの渡部建さんと同居していたそうですが、「とんかつ檍」を強く推す渡部さんから「いっぺこっぺ」を教えてもらったと推測します。

(渡部さんの紹介で「とんかつ檍」の親父さんが行列のできる法律相談所に出演したことがあります。)

「いっぺこっぺ」の行列・外観・メニュー

滑り止めではなくなったものの、「いっぺこっぺ」を食べない間隔がこの上なく空いてしまいました。禁断症状が出てきたので行列覚悟で蒲田に向かいます。

「檍」もですが、「いっぺこっぺ」も夜の方が空いています。この日は「檍」の定休日の月曜日でしたが、19時時点で行列は10人くらいでした。

前の女性二人組は中国語で会話をしています。中国人観光客はリピーターが増えたと聞きますが「檍」でも最近は日本人以外の客も増えています。

カレーを意識したのか黄色いペイントがいっぺこっぺの目印。余計なお金をかけないシンプルな作りです。

メニューはこんな感じ。ロースカツカレーは営業している限りはあると思いますが、高価なメニューは時間によっては品切れのことも。

とんかつ店では安いメニューと高いメニューで極端に肉質が違うことがありますが、いっぺこっぺはその点で全く問題はありません。1,000円のロースカツカレーでも十分に美味しいです。

ただ上にするとかつの量がかなり違います。自分はがっつり肉を食べたい時は上にすることもありますが、だいたい普通のロースカツカレーを頼んでいます。

こちらは店内のメニュー。ルー・ライス大盛り各100円増しとありますが、両方増しにするとかなりのボリュームです。

ただロースカツカレーのルーは少なめ。塩とご飯でとんかつを食べるための配慮だと思いますが、全体的にカレーで食べたい人はルー増しがオススメです。

なお、ヒレカツカレーはは林SPFではなく岩中豚SPFを使用していますが、ヒレは食べないため未食です。

 

 

「いっぺこっぺ」の店内の雰囲気

カウンター7席の狭い店内ですが、席に座ってやはり目につくのは塩。

テキサス岩塩 ウエスタンロックソルトとヒマラヤ岩塩ナマックです。ヒマラヤ岩塩ナマックは「とんかつ檍」を象徴する塩で、自分もこちらが1番好みです。

昔ながらの赤~い福神漬。普通ならマイナスポイントになる所ですがこちらではそうはなりません。とんかつを堪能していると福神漬を入れようという気にならないからです。

カウンター越しには「檍のベテラン」の方。新店舗ができた時には応援に行かけるようで見かけることもありますが、普段はたいてい「いっぺこっぺ」にいられるようです。

とんかつの職人さんは立派な体格の方が多いように思いますが、この方はかなり痩せていませす。キャップがトレードマーク。

いつも飄々とした雰囲気の方ですが、「檍の親父さん」同様にこの方がする調理には外れがありません。

「いっぺこっぺ」で頂いたロースカツカレー / 上ロースカツカレー

ロースカツカレー

いっぺこっぺのロースカツカレー

 

定番のロースカツカレーです。とんかつ檍のロースカツ定食と比べると小さく感じますが、普通のカツカレーのかつとしてはかなり大きいです。

表面はこんな感じ。美味しい脂肪分もたっぷりでクオリティ的にも満足です。

林SPFという銘柄豚は全体的にな平均値がとても高いので、値段によってクオリティがすごく下がることはないような気がしています。

カレーの中には細切れ肉がたくさん。濃厚な豚の出汁がきいています。

一時期、スパイスが凝っていると感じた時期がありましたが、最近はスパイス控えめで元に戻った感じ。

そう、とんかつが美味しいのでカレーまで凝ると何かしつこい感じになるのですね。カレーはこの普通の感じが大正解だと思います。

キャベツはシャキシャキでこの辺もぬかりはありません。

ルーは少なめですが、途中からカレー抜きのとんかつタイムを楽しみます。自分はロースカツ+ヒマラヤ岩塩ナマック+白ごはんの組み合わせが1番好きです。

 

 

上ロースカツカレー

上ロースはとんかつとカレーライスが別々に出されます。

いっぺこっぺの上ロースカツ

 

雰囲気としては檍の上ロースかつ定食あるいは特上ロースかつ定食で出てくるような肉です。

いっぺこっぺのカレーライス

 

普通のロースカツカレーより、肉の量はかなり増えます。肉質も若干こちらの方が上。

ただ、とんかつ自体かなりお腹がふくらむ上にカレーライスもしっかりついてきますので、かなり満腹になります。

自分は普段はロースカツカレー、かなりお腹が空いている時は上ロースカツカレーにするか、ロースカツカレーのご飯・ルー増しにする感じです。

「いっぺこっぺ」の行き方と営業時間

〒144-0052 東京都大田区蒲田5丁目43−7 102

JR京浜東北線「蒲田」駅東口を出て右方向に歩き左折して徒歩5分くらい。
(どこで左折するのかは近くに行列が見えるかどうかで判断しています。)

【 蒲田「とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ」の営業時間 】

11:00〜15:00 17:00〜21:00

定休日 水曜日

「とんかつ檍」の定休日は日・月なのでご注意下さい。(何曜日に行ってもどちらかは必ずやっています)

「いっぺこっぺ」の感想と食べログ採点

【 蒲田「とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ」の感想 】

・林SPFを使ったかつが本当に美味しい。彼はわざと控えめな味にしているところも含めてバランスが完璧。個人的に東京で1番美味しいカツカレーだと思う。

・ベテラン職人さんの調理も素晴らしい。

・何より林SPFを使っていて1,000円というのはコスパも最高。このままも続けて欲しい。

 

とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺカレーライス / 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅
夜総合点★★★★ 4.1

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.