B級孤独のグルメ

【亀戸餃子】大島店は餃子だけでなくニラレバ炒めも美味しかった!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

亀戸餃子とは?

Googleで単に「亀戸」と入力すると、流石に「亀戸天神」が1番のようですが、2番目に来るのは「亀戸餃子」。そう亀戸餃子は地名+餃子という店名ではおそらく日本一有名な店だと思います。

店舗は亀戸本店を中心にさほど離れていないところに3店舗ほど支店があります。

【 亀戸餃子の店舗 】

・亀戸餃子 亀戸本店
・亀戸餃子 大島店
・亀戸餃子 両国店
・亀戸餃子 錦糸町店

自分は以前週に一度ほど亀戸に勤務していたので、本店には何度も、錦糸町店には数回訪問したことがあります。

餃子は小ぶりで一皿(5個入り)わずか270円 (最近まで250円)。本店には餃子以外の料理メニューがないのも有名ですが、店から見た特徴は以下のような感じです。

【 亀戸餃子の味の特徴 】

・餃子は皮からすべて自家製で、その日に売る分を当日の朝作るようにしている。

・キャベツ、ニラ、タマネギなど材料の野菜はすべて国産、ニンニクも高価な青森産を使っている。

・シンプルな味が特徴で、子どもからお年寄りまで誰にでも食べやすい味。

ただ、店がは特にうたっていませんが、庶民的な価格というのは譲れないはず。そのため絶品の餃子を期待するとそこまでではないという印象を持ちがちです。

亀戸餃子に行く人はその点を留意しておいた方が良いと思います。あくまでも普通に美味しい餃子を庶民的な価格で気軽に楽しむのが亀戸餃子と言えるのではないでしょうか?

さて、今回実は自分は亀戸餃子に行くつもりではなく、東京No.1味噌ラーメンと言われている船堀の「ら~めん大島」に行くつもりでした。

1時間以上かけて地名すら初めて聞いた船堀駅からてくてく歩いて「ら~めん大島」を目指したのですが。

やっているのに行列がなくラッキーかと思いきや、

なんとスープ完売でした。時刻はまだ19時半くらいでしたが。

さあ、困った。船堀はもちろん、都営新宿線のこの辺りは全く降りたことがなく不案内な自分。

そんな中、駅へ帰る道で思い出したのが「亀戸餃子」大島店。近い内に亀戸餃子に行こうと思い支店の存在をチェックしたのでふとひらめきました。

ただ支店に行くにしても錦糸町か両国のつもりでしたが、今回思わぬ事情により大島店に行くことにしました。

 

 

亀戸餃子 大島(おおじま)店の外観、メニュー、店内の雰囲気

都営新宿線の大島駅を降ります。大島を「おおしま」と読んで訂正されたことが人生で数回あった気がしますが、こちらの駅を降りるのも初めてです。

下には都営新宿線が走っている大通り沿いにあったため、初めてでも迷わずに到着することができました。

こちらの餃子をひらがな表記なんですね。

店頭には少し懐かしいコカコーラのベンチ。

待つ際はここに座って待つようです。

中に入ると中国人と思しき店員からカウンター席に案内されます。かなり広くてびっくり。カウンター席だけでも10席ほどあります。

食べログによると全部で42席あるようです。なので7割くらいは埋まっていますが結構空席はありました。

本店は休日などはとんでもなく行列ができることがあるので、こちらは穴場かもしれません。

さて、メニュー。本店と違いぎょうざ以外にもメニューは豊富。典型的な町中華といった感じです。

【 亀戸ぎょうざ 大島店の主なメニュー 】

ぎょうざ (1皿5ケ) 270円
醤油ラーメン 480円
塩ラーメン 580円
タンメン 580円
モヤシそば 580円
チャーシューメン 680円
ソース焼きそば 630円
かた焼きそば 680円
野菜炒め 580円
レバニラ炒め 580円
ニクニラ炒め 580円
チャーハン 580円 大盛 680円
ライス 200円 小 150円 大250円
モヤシ 150円
キュウリ 250円

餃子は頼むとして他に何を頼むかに迷いますが、レバニラ炒めとライスにしました。

餃子のタレは醤油と酢に特製辣油といった感じでしょうか?

特に内装が凝っている訳ではありませんが、広いせいか落ち着いた感じがします。一方で目の前の厨房から鍋を振りながら炒めものを調理する小気味よい音が聞こえてくるのは町中華ならでは。

さて、餃子はある程度途中まで作ってあるのか、3分ほどで到着。普通の店とは逆ですがこれも亀戸餃子のスタイル。本店ではわんこそばのようなスピードで餃子が提供される事を思い出しました。

 

 

亀戸餃子 大島店で頂いたもの

表面の焼け具合が素晴らしい。

餃子@亀戸餃子 大島店

 

皮が薄くカリッとした食感が特徴。

中はキャベツなどの野菜もたっぷり。すごい軽い食感です。たくさん食べても罪悪感は感じなさそうなサイズ。本店は5皿近く食べる人も普通にいます。

そしてレバニラ炒め。

レバニラ炒め@亀戸餃子 大島店

 

ボリュームたっぷりです。

スープも付いてきます。

このスープが美味しいですが少し不思議な味わい。よくある鶏ガラのスープとは少し違いますね。何だろう?

ご飯もまずまずの盛り。

肝心のレバニラ炒めですが、レバーが美味しい!

とても柔らかくあっさりしたタレと絶妙に合います。モヤシもシャキシャキ。

レバーともやし、にら、ご飯を1度に食べると口の中で絶妙のハーモニーを奏でているのが分かります。いや、亀戸餃子、餃子だけでなくレバニラ炒めも美味しいです。

こちらも食べ始めたら止まらずあっという間に完食。

会計は1,050円ほど。

この日は目指すラーメンが食べらなかったのは残念でしたが、このレベルの美味しい定食を食べられたので良しとしましょう。

 

 

亀戸餃子 大島店の行き方と営業時間

〒136-0072 東京都江東区大島4丁目8−9

都営新宿線の大島駅と西大島駅の中間くらい。どちらからも3,4分くらいだと思います。

【 亀戸ぎょうざ 大島店の営業時間 】

11:30~21:00 (20:40LO 餃子切れで早じまい有り)

定休日 無休

亀戸餃子 大島店の感想と食べログ採点

【 亀戸ぎょうざ 大島店の感想 】

・表面カリカリで野菜たっぷり。軽い食感の亀戸餃子を久しぶりに食べられて満足。

・レバニラ炒めもかなりレベルが高いのでは?レバーが美味しいし、あっさりした味付けも良かった。

・とても混んでいる本店や、狭い錦糸町店と比べて広い大島店は穴場では?と思った。

 

亀戸餃子 大島店餃子 / 大島駅西大島駅亀戸駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.