B級孤独のグルメ

「とみ田」の二郎系「雷」が東京駅グランスタ東京にオープン!開店初日詳細レポ

しげP
WRITER
 
雷そば 並@雷 東京本丸店 グランスタ東京







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

2020年8月3日 東京駅に「グランスタ東京」がオープン

迷路のように広い東京駅構内およびその周辺。

すでにたくさんの飲食店がありますが、2020年8月3日に更に66店舗ほどオープンし、「グランスタ東京」という名前になったようです。

東京新聞の記事を一部引用させて頂きます。

JR東京駅の新たな人気スポットに 駅ナカ商業施設「グランスタ東京」がオープン 2020年8月3日

 JR東京駅に3日、レストランや土産物店など約150店舗、約1万1300平方メートルの商業施設「グランスタ東京」がオープンした。地下にあった既存の「グランスタ」に店舗数を60以上増設。東京駅初の吹き抜けのイベント広場に加え、新たな待合スペースや改札口、通路の拡張と一体で駅ナカのサービス充実を図った。

詳しく調べると既存店舗のグランスタが88店舗、それに66店舗追加で合計154店舗!になるようです。

実際に行ってみたGRANSTA TOKYOでは「東京スゴイ飯ステーションはじまる。」とありました。

まあ確かに駅の中に154店舗もあればスゴイと言っても良いでしょうね。

この日は食後に少しぶらついてみましたがグランスタ東京の中には興味を引く店が多数。ただどこも「観光地価格」で通常の3割増?B級グルメにはキツイ店ばかりです。

自分が行くのはラーメン屋だけになりそうな気もしますが、グランスタ東京には大注目の店が2店舗オープンします。

1つが札幌で大人気の「Japanese Ramen Noodle Lab Q」が東京に初出店した「NIPPON RAMEN 凛 TOKYO」。

そしてもう1つがあの「中華そばとみ田」系列の「雷」です。

どちらも行くつもりですが、この日は「雷」に行くことにしました。

追記:後日「NIPPON RAMEN 凛 TOKYO」に行きました。詳しくはこちらからどうぞ。

 

 

中華そばとみ田のラーメン二郎系「雷 (かみなり)」とは?

「雷」は現在おそらく日本一有名なラーメン店と思われる「中華そばとみ田」が手掛けるラーメン二郎インスパイア系の店。

有名ラーメン店が手掛ける二郎系ラーメンも昨今では珍しくなくなってきました。

「雷」の本店は北松戸。2号店が松戸駅東口店。3号店が千葉駅前店。今回のグランスタ東京にできた店舗は東京本丸店という名前で「雷」の4号店になります。

つけ麺が代名詞のとみ田ですが、やはり二郎系は儲かるのか店舗が多いですね。

さて、東京駅の「とみ田」と言えば昨年KITTE丸の内にできた「松戸富田麺絆」は「とみ田」の東京初進出店ということで大きな話題になりました。

自分もオープンしてからすぐに「松戸富田麺絆」に行っています。

またその後はテラスモール松戸にできた「松戸富田麺桜」にも足を運びました。

本店は未訪問ですが、今回は「とみ田」系列の3店舗目になります。

なお、「雷」のラーメンは宅麺.comでお取り寄せする事もできます。

「雷」のラーメンを宅麺.comから取り寄せる

 

「雷」東京本丸店の外観、メニュー、行列の様子

さて、本日は開店初日。しかもちょうど12時頃で行列は覚悟の上の来店。

どの程度混んでいるのか想像がつきませんでしたが。

黄色い矢印の「お並び列」の方を見ると、

7名くらいしか並んでいません。とても「とみ田」系列の開店初日の12時とは思えない。

やはり東京駅で食事をする人は新幹線利用客が多いのかな?コロナ渦で新幹線を利用する人が少ない今はそこまで混まないという事でしょうか?

並んでいると先に食券を購入するよう促されれます。

東京駅内だけあって交通系ICカードは使えましたが、クレジットカードには対応していないようでした。

ディスプレイの雷そばのボタンを押します。

ひぇぇ。ミニでも900円、並だと950円です。

でかいチャーシュー付きとは言えこの値段は「とみ田」ならでは。ちなみに1番最近行った二郎系、戸越公園「麺でる」の並は650円でしたがそんな事を言っても仕方ありません。

汁無しそば=油そばもありました。生卵が付くようですが同じ値段です。

ヤサイはマシやマシマシではなく「ちょい増し」ができるようです。

【 雷 東京本丸店の主なメニュー 】

雷そば ミニ (150g) 900円
雷そば 並 (250g) 950円
雷そば 中 (300g) 1,000円
雷そば 大 (350g) 1,050円
雷そば 特 (450g) 1,150円

汁無しそば ミニ (150g) 900円
汁無しそば 並 (250g) 950円
汁無しそば 中 (300g) 1,000円
汁無しそば 大 (350g) 1,050円
汁無しそば 特 (450g) 1,150円

二郎系で800円を超える店はちょこちょこありますが、まさか900円超えとは。ただ「とみ田」系列はどこもかなり高めの値段設定なのでこれくらいは覚悟する必要があるのかな。

食券を差し出すと「ニンニク入れますか?」と聞かれたので「はい、それにヤサイちょい増し」でお願いしました。

確認はしなかったけど「カラメ」や「アブラ」はないのかな?二郎系にはしては「コール(無料トッピング)」は少なめです。

さて、列に戻りますが回転は良くどんどん前に進みます。

店舗に近づいて詳しいメニューを見ることができました。

雷 東京本丸店のメニュー

雷 東京本丸店のメニュー

 

なんとアブラは50円!アブラ(背脂)が有料なのは初めて見ました。また野菜マシマシも100円!何かとお金のかかる二郎系です。

お客様へというチラシも貼られていました。

「当店はボリューム満点の店です」ですか。これは二郎初心者向けの文言でしょうね。実際に食べた感じは野菜がちょい増しだったこともあり二郎系の中では少なめに感じました。

お持ち帰りラーメンも売っていました。

「雷そば」だけでなく「中華そばとみ田」のつけ麺も売っていました。

そして「松戸富田麺絆」の宣伝も。

なんとこちらもグランスタ東京にオープンしたと先程紹介した「NIPPON RAMEN 凛 TOKYO」は「中華そばとみ田」応援店だったのですね。

更には「中華そばとみ田」とも縁の深い「らぁ麺飯田商店」も応援店に名を連ねています。ここも近いうちに行かないとな。

 

 

「雷」東京本丸店の店内の雰囲気

さて、10分ちょっと待って入店。少なくとも30分待ちは覚悟していただけに嬉しい誤算。

厨房はオープンになっていて「心の味製麺」の麺箱が見えます。「心の味製麺」はとみ田直営の製麺所。

カウンター席は11席ほど。左奥の席に案内されます。

広いとは言えませんが木のテーブルは立派です。下に荷物を置くスペースがありました。

錫?でできたグラスも良い感じ。

調味料はこんな感じ。

とみ田ダブルペッパー、一味唐辛子、酢、辣油です。

厨房はそこまで広くないですが6名もいます。外には4名。計10名ものスタッフがいました。

それでも隣の席との仕切板にはスタッフを募集していました。

バイトの時給は1,200円から。ラーメンのお値段高めの分バイトの待遇は悪くないようです。

さて、着席後5分ほどで雷そばがやってきました。

 

 

「雷」東京本丸店で頂いた雷そば 並

おおっ、迫力ある。

豚バラロールチャーシューが美しい。

雷そば 並@雷 東京本丸店 グランスタ東京

雷そば 並@雷 東京本丸店 グランスタ東京

 

丼はそこまで大きくありません。

反対側からみるとこんな感じ。

おおっ、アブラがのってる。デフォルトでも付いているのですね。そして野菜に醤油もかかっています。これは少し珍しいかも。

スープはしっかり乳化したスープで結構マイルド。円味があります。豚骨以外にも様々な素材を使っていそう。二郎系にしてはかなり上品な感じ。

そして麺は太めでゴワッとした食感。歯ごたえがよく美味しいです。コシはしっかりありますが固めではありません。時間が経ってもさほど柔らかくならずコシはしっかり残っていました。

そして野菜はもやしオンリーではなくキャベツも結構入っていました。しゃきっとした食感でアブラと絡めると美味しいです。とは言え量はそこまで多くないのでいつもほど苦労せずに食べきります。

そして豚バラロールチャーシュー。

厚みはそれほどでもありませんが、こちらも品良くに仕上がっていて脂身さえ上品な感じ。二郎系にありがちなギトギト感はありません。

丼には「雷 本店」と書かれていました。

上品な二郎系で美味しかった。さすが「とみ田」と思わせる完成度です。

ただ、最初は程よく感じたスープですが、野菜にかけた醤油が浸透したのか最後は少ししょっぱい感じに。まあ全然許容範囲ですが。

 

 

「雷」東京本丸店の行き方と営業時間

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目9−1 JR東日本東京駅構内 グランスタ東京1F

グランスタ東京は1階と地下1階に店舗がありますが、雷は1階です。

こちらの写真から分かるように丸の内北口から比較的近い場所にあります。

【 雷 東京本丸店の営業時間 】

8時~22時 (日・祝は21時まで)

定休日 年中無休 (施設に準ずる)

朝8時!からやっているのですね。

「雷」東京本丸店の感想と食べログ採点

【 雷 東京本丸店の感想 】

・雷そばは上品な二郎系。スープ、麺、チャーシュー、野菜のどれもに丁寧にできていて完成度が高い。

・「とみ田」ブランド+東京駅ナカという事もあり並で950円からとお値段高め。

・店員は元気な接客で感じが良い。店内も狭い割には雰囲気も悪くない。

ラーメン雷 東京本丸店ラーメン / 東京駅大手町駅二重橋前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.