B級孤独のグルメ

【松屋】から新発売!ニンニクがっつり!鶏のトマト煮込み「カチャトーラ」はかなりイケる!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

「松屋」好調はいつまで続くのか?

この半年で松屋の記事を7つほど書きました。本当に魅力的なメニューばかりでしたね。最近の松屋は本当にすごいです。

まず「カチャトーラ」の前にこれらをジャンルごとに分けて簡単に振り返ってみたいと思います。

カレー

「松屋と言えばカレー」がもはや常識になってきました。

それを決定づけたのが2019年10月に再発売された「ごろごろ煮込みチキンカレー」。

これは衝撃でした。本当に大きめのチキンがゴロゴロで入っていて、チキンは美味しいわ、カレーは旨いわで素晴らしい。Twitterでも絶賛の嵐でしたね。値段も手頃な590円。

レギュラーメニュー入りを望む声は今も根強く残っています。

その後松屋のカレーは11月末にカレー自体が終了するという噂で一時期Twitterが炎上。

しかし、終了というのは誤報で、松屋のカレーを全面的にビーフカレーに変更することが判明。これも美味しかった。

松屋のカレーは今までは390円。それがビーフカレーは490円で一気に100円ほど値上げした形になった訳ですが、それでもあまり文句の声が聞こえない大人気商品に。

ファーストフード店は値上げをすると露骨に売上が落ちることがあり、経営者側も頭が痛いところですが、松屋のビーフカレーは鮮やかな成功例の1つとして語り継がれていくことになりそうです。

ビーフ関連メニュー

松屋といえば牛丼ですからビーフが得意なはず。

とはいえ、2019年12月17日にはなんとほぼ高級洋食店でしか食べられない「ビーフシチュー」を投入。

値段も880円と松屋にしては高価格。松屋大丈夫か?と思われたのですが。

しかしこちらも値段をものともせずに大ヒット。こちらはゴロゴロビーフという感じでしょうか?

そしてビーフシチューは1つの伝説を作りました。2019年12月27日ビーフシチュー定食は販売休止に。理由は人気がありすぎた!ため。

そして今年2月に発売された「超粗挽きビーフハンバーグステーキ」。名前からも気合が入っているのが分かります。お値段は790円から。こちらも高めですね。

松屋びいきな弊ブログですが、ビーフハンバーグステーキの評価はやや厳しくなります。

良い肉を使っているとは思いますが、ハンバーグはやはり職人さんの手で作ったものには勝てないな。作りおきは厳しいのでは?という感じを受けました。

うな丼・キムチチゲ・シュクメルリ鍋

2019年7月に発売されたうな丼は実は自分が松屋にハマるきっかけになったもの。これがなければ今ほど松屋に行かなかったと思います。

伝説のうなぎ屋が監修した松屋のうな丼。これが美味しかった!

この週土用の丑の日前には都内のうなぎの名店を食べ歩いていましたが、値段から考えるとものすごいクオリティだと思いました。今年も登場するのか今から楽しみです。

そしてキムチチゲ。これは毎年定番のメニューで安定の美味しさですが、今年は人気のために豆腐の供給が間に合わずこちらも販売休止になったことがありました。

ビーフシチューとキムチチゲの販売休止騒動を見ても現在の松屋がいかに勢いがあるかが分かります。

そして極めつけは2020年1月に発売された「シュクメルリ鍋」。この名前も聞いたことがないジョージア料理、しかも大量のにんにくを使った料理がまたまた大ヒット。

ゴロゴロチキンカレーを彷彿させるチキンを使いつつにんにくがたっぷり。松屋でこれだけにんにくを使った料理を提供した事はあまりなかったと思いますが、またまた大ヒット。

にんにくをこれだけ使うのは業界のタブー?だったと思うのですが、タブーを破ったというのは大げさでしょうか?

またシュクメルリ鍋はチーズを用いたクリームシューでしたが、新たなメニューを投入する際もすべての具材を新しくするのではなく、ゴロゴロチキン成功したチキンを使うなど過去のものをうまく取り入れているのが分かります。

そして、今回は2020年3月は「シュクメルリ鍋」に続く松屋世界紀行シリーズの第2弾としてイタリア料理の「カチャトーラ」が登場。

このメニューも一部はかつて成功した具材をうまく取り入れていると思いました。個人的にはかなり満足度が高かった!です。

 

 

2020年3月17日(火) 新発売 松屋の「カチャトーラ定食」の概要

松屋のホームページから引用させて頂きます。

チーズ・トマト・鶏肉・ニンニクが、絶対の味を約束

2020年3月17日(火)午前10時より、「カチャトーラ定食」を新発売いたします。
「カチャトーラ」は、イタリア語で「猟師風の」という意味のイタリア伝統料理です。
今回は、松屋特製”野菜たっぷり”トマトソースに鉄板でジューシーに焼き上げた鶏もも肉、ズッキーニやパプリカなどの彩り野菜、とろ~りチーズをプラスし、世界で1番美味しい日本のごはんにあうように仕上げました。
また、チーズ好きにはたまらないチーズ2倍の「ダブルチーズカチャトーラ定食」もご用意いたしております。

ご飯が進みすぎて足りない!という方も安心
期間限定でライス大盛が無料に

新発売を記念して、「カチャトーラ定食」「ダブルチーズカチャトーラ定食」をご注文のお客様に限り、3月31日(火)午前10時までライス大盛を無料サービスいたします。

松屋世界紀行シリーズ第2弾はカチャトーラ。イタリアの伝統料理とか。

イタリアは大好きで現地に5回も行っているくらいですが、カチャトーラの名前は初めて聞きました。

トマトはイタリアンおなじみですが結構ニンニクを使う料理のようです。

自分がイタリア料理を現地で食べた印象ではイタリア料理は意外ににんにくを使わない。パスタなどもまるで使っていない事が多いです。日本のイタイリアンの方がよほど使っているような。

それはともかくにんにくはシュクメルリ鍋の流れを組んでいるのでしょうか?そう言えばまだ食べていませんがガリたま牛飯というメニューも今限定で出しているはず。

今年の松屋はにんにくで勝負なんでしょうか?

また鶏のももの肉を使っているとのことで、こちらはゴロゴロチキンカレー、シュクメルリ鍋の流れをくんでいると言えそうです。

何気に鶏が優秀な松屋。これは安定した味が期待できます。

値段は少し高め。限定ではこの価格帯が普通になってきました。

【 カチャトーラ定食 】

カチャトーラ定食 790円 (ライス・みそ汁・生野菜付き)

ダブルチーズカチャトーラ定食 830円 (ライス・みそ汁・生野菜付き)

3月31日(火)午前10時までライス大盛りも無料です。

さて、カチャトーラ。無難そうですが、正直なところシュクメルリやハンバーグほど期待していなかったのですが、個人的にはそれらを上回る出来。

こちらの期待を超えてきました。

 

 

松屋 東大井町店の地図と店内の雰囲気

さて、いつのも松屋東大井町店へ向かいます。

〒140-0011 東京都品川区東大井5丁目21−5

恒例のポスター確認。

ハンバーグステーキ、ガリたまなど様々なポスターが混在。

カチャトーラは右下に1枚だけ。そこまで松屋は気合を入れていないのかな?それとも他のメニューが今だに評判良いからという理由も考えられます。

トマトの赤とパプリカの赤と黄色、ズッキーニの緑、オリーブの黒、チーズなど様々な色が見えますがチキンは目立ちませんね。

今回はPayPayのお得なキャンペーンはやっていないようで、Suicaで「ダブルチーズカチャトーラ定食」830円の食券を購入。

40円増しならチーズはダブルにしたくなります。

店内のポスターはカチャトーラとガリたまが並んでいます。

箸箱はやはりカチャトーラでした。

イタリアの田園風景らしき背景。1カ月前は新型コロナウィルスでイタリア全土が封鎖されるなど夢にも思いませんでした。

さて、3分ほど待ってダブルチーズカチャトーラ定食がやってきました。

 

 

松屋 東大井町店で頂いたダブルチーズカチャトーラ定食

味噌汁・サラダ付きでダブルチーズカチャトーラ定食が登場。

ダブルチーズカチャトーラ定食@松屋 東大井店

 

イタリア料理でも松屋の手にかかればご飯、味噌汁、サラダと共存できます。

色合いが美しい。特に黄色がグラデーションになっているのが良いですね。

一方でにんにくの香りがすごい!鼻がツーンとするくらいです。やはりガッツリ入っている模様。

早く手をつけたいですが、野菜は最初に食べるのが鉄則。血糖値の上昇を抑えてくれます。

さて、胡麻ドレッシンごかけてサラダを完食。一口味噌汁を飲んでカチャトーラへ。

まずは鳥にもも肉から。

うん、安定のゴロゴロチキン。柔らかジューシーで美味しい。これさえ入っていればハズレなしは大げさか?鉄板メニューです。

野菜はパブリカが赤と黄色。どちらも厚めに切ってあります。そしてズッキーニのしゃきっとした食感が素晴らしい。

ただ匂いはするのですが、食べてみるとにんにく感はそこまで強くありません。

そして見るからに濃厚なトマトスープを飲んでいます。

これはうまい!何かビーフはなしなはずですがビーフシチューのような食感があります。

そしてたまにクセのある塩気を与えてくれるのはオリーブ。

これも合うなぁ。

そしてこれらにチーズが合わさっても誰も喧嘩をしません。うまくチーズに丸め込まれていきます。

すごくよく出ています。

そして本当にご飯が進みます。カチャトーラを半分くらい食べたところでご飯はなくなってしまいしましました。大盛りにしても良かったな。

最後まで美味しく頂けました。カチャトーラ、大ヒットの予感です。

 

 

松屋 ダブルチーズカチャトーラ定食 定食 の感想

【 松屋 ダブルチーズカチャトーラ定食 の感想 】

・柔らかジューシーなチキン、濃厚でコクのあるトマトスープが美味しい。にんにくは香りが強烈だが、食べている時はそんなに気にならない。しかし最後にスープをすすると大量のニンニクを感じた。

・ご飯が進むという話は本当。日頃は大盛りにしないが、これは大盛りでも良かった。

・個人的にはシュクメルリ、ビーフハンバーグよりも上で今年1番の限定メニュー。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.