B級孤独のグルメ

羽つき餃子発祥の地!京急蒲田「ニイハオ」の本店に行ってきた

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

元祖羽つき餃子の「ニイハオ (你好)」の創業者八木 功さん

「ニイハオ (你好)」や系列店については弊ブログでも何度か紹介していますが、創業者の八木 功さんは生きる伝説とも言える方。

その経歴については「ニイハオ」のホームページにある東京新聞の記事を読むむとよく分かります。(PDFになっています)

八木さんは当時の満州国の旅順(大連)出身で父が日本人、母が中国人のハーフ。終戦後ソ連の侵攻で家族が離れ離れに。1979年に残留孤児として日本に帰国。その時すでに45歳だったそうです。

中国では料理人だったわけではなく、日本語が話せない八木さんは日本語学校で2年半日本語を勉強。その時にお世話になった方に中国料理をふるまったのですが、人気があったのが水餃子。

ただ、日本では中国流の水餃子ではなく焼き餃子が人気があると聞き、開発したのがあの羽つき餃子でした。

それが好評で店を開くよう勧められますが、自信がなかったため恵比寿の中国料理学院で1年半勉強。1983年4月に料理の専門研究科を卒業。

そして、資金がないところ大勢の友人たちが資金をバックアップして1983年12月にオープンしたのが「ニイハオ (你好)」という訳です。

その後の快進撃はご存知の方も多いと思いますが、自分は記事を読んでそれをすごく簡単にまとめただけでも、いくつものドラマを感じます。

八木 功さんの生涯については映画化してくれないかしらと思っているのですがどうでしょう?

個人的には成功した後よりも開業までのプロセス、特に戦前と戦後の大連の違い、また帰国することになった経緯、そして帰国してから開業までのプロセスに興味があります。

 

 

京急蒲田「ニイハオ (你好)」本店の外観と店内の雰囲気

さて、「ニイハオ 」の支店には何度か行ったことがありますが、本店には未訪問。のはず。

はずというのは、20年ほど前に蒲田に勤めていた頃に一度羽つき餃子を食べに行ったことがあったからです。しかし、記憶が曖昧。行けば思い出すと思っていたのですが。

これは初めてだ。間違いなく。以前行った店はもっとごちゃごちゃしていて広かった気がします。こんなすっきり落ち着いた感じではありません。

もちろん、その間に移転したなんてことがあれば別ですが、こちらは正真正銘初めてくる店舗です。そして、ニイハオの支店には必ずある八木さんの似顔絵もありません。

八木さんの似顔絵@ニイハオ 大森駅前店

 

何か、他のニイハオとは違う感じ。

そしてメニューを見てびびります。

他のニイハオと全然違って高い!定食は全て1,000円超え!

大森店のようにチャーハン+羽つき餃子で700円のようなセットがありません。金春でも歓迎でも系列店では700円ランチがあることが普通です。

この日は土曜日だったことも影響しているのでしょうか?ただ特に週末ランチと銘打っているわけでもないし。うーん。

まあ、ここまで来て引き返すわけもなく素直に入店しましたが、ニイハオは激安が売りと思っていたのですが、本店では別のようです。会計時に更にもう一度驚くことになるのですが。

中に入るとカウンター席に案内されます。

客の入りは土曜の13時半で5割ほど。テーブル席は仕切りがあって少し個室感があります。

お茶をいれようとポットに手を伸ばすと空。言うとすぐにもってきてくれますが、サービスは気が利くわけでもなく、感じが悪いわけでもなく標準的なニイハオという感じです。

麻婆茄子定食1,100円を注文。

ここでも麻婆茄子だけすぐ来ることを予想したのですが、結構待ちます。10分ほど待って羽つき餃子も一緒にやってきました。

 

 

京急蒲田「ニイハオ (你好)」本店で頂いた麻婆茄子定食

麻婆茄子定食@ニイハオ本店 京急蒲田

 

ぱっと見た感じはニイハオや系列のランチと違うような感じはしません。

麻婆茄子@ニイハオ本店 京急蒲田

 

まず麻婆茄子から頂きます。

おおっ、ラー油が美味しくて好きな辛さです。

以前大森のニイハオでよだれ鶏を食べた時に辣油が美味しいと思ったのですが、それと同じ感じです。山椒もよく効いていてスーとした食感が素晴らしい。

茄子にはしっかりと火が通っていてアツアツ。ひき肉やとろみの感じも良いです。ボリュームもたっぷり。

ただ羽つき餃子に関してはかなり普通。

肉汁はそんなに出ません。餡は小ぶり。野菜がたっぷりであっさりした食感です。ランチが高いからと言って特に変わることはなく、ニイハオ標準な餃子でした。

スープは胡椒が効いていましたが、これもニイハオ標準の卵スープ。

麻婆茄子はかなりレベルが高かったですが、他は全体的に普通でした。

そして会計時に驚き。

1,100円ではなく、1,188円でした。マジか?大森の700円ランチでも税込みなのに。本店は何かと高いようです。

 

 

京急蒲田「ニイハオ (你好)」本店の行き方と営業時間

〒144-0052 東京都大田区蒲田4丁目24−14

京急蒲田駅から3分くらいですが、人通りの少ない路地にあります。

【 中国家庭料理 你好 (ニーハオ) 本店の営業時間 】

11:30~22:00

定休日 不定休

京急蒲田「ニイハオ (你好)」本店の感想と食べログ採点

【 中国家庭料理 你好 (ニーハオ) 本店の感想 】

・你好のルーツを調べに来たが他の你好よりランチはかなり高めでびっくり。麻婆茄子は美味しかったが、羽つき餃子は他のニーハオと変わらない感じ。

・大森店など他のニーハオに行った方がコスパ良しで、わざわざ本店に行く価値はあまりないように思えた。

ニイハオ 本店餃子 / 京急蒲田駅蒲田駅糀谷駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.