B級孤独のグルメ

牡蠣大好きブロガーが厳選 【牡蠣】フライ、バター焼き、ラーメンの名店6選

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

冬は牡蠣の季節。

冬は寒いのが苦手な自分はどうしても好きになれない季節ですが、大好きな牡蠣が普通に食べられるのは嬉しいですね。

オイスターバーは一年中牡蠣を提供しているので牡蠣のシーズンは冬限定ではないはずですが、逆にオイスターバーを除き冬以外で牡蠣を提供している店はあまり見かけません。

さて、冬の牡蠣は普通の店で食べてもスーパーで買って調理しても美味しい事は美味しいのですが、自分が食べ歩いた中で特別に牡蠣が美味しくて印象に残っている店を紹介したいと思います。

牡蠣バター焼き

かつれつ四谷たけだ

カキバター焼き@かつれつ四谷たけだ

 

これは衝撃的でしたね。バター醤油の味付けですが表面が良い感じにソテーされていて、中から旨味がジワーッと広がります。

牡蠣の美味しさを十二分に引き出しています。焼き加減が名人級。牡蠣料理の最高傑作はこれと思います。

毎年牡蠣バターを食べるために大行列ができるのが恒例になっていますが、並ぶ価値があると思います。

なお、「かつれつ四谷たけだ」は元々洋食の名店で、個人的にはとんかつやカニクリームコロッケなど何を食べても美味しい印象があります。

 

ちなみに牡蠣バター焼きといえば老舗の「とんかつ万平」も有名ですが、個人的には「たけだ」の方が数段上だと思います。

 

 

牡蠣ラーメン

ラーメン麺屋 まほろ芭 蒲田

牡蠣ラーメンを引っさげて2018年ラーメン激戦区蒲田に進出した「まほろ芭」(まほろば)。

濃厚煮干しそば@まほろ芭 蒲田

 

この濃厚な牡蠣スープ。こちらは煮干しラーメンの店なので煮干しも効いていますが牡蠣が半端なく濃密。このメニュー、人気がありすぎて現在は昼20食・夜15食限定になってしまいました。

原価率が高すぎるみたいですね。

最初はこれを食べて欲しいですが、「まほろ芭」は他のラーメンも秀逸。個人的にラーメン激戦区蒲田で1番好きな店です。2番手クラスの店はたくさんあるのですが。

ちなみに店主は寡黙で実直そうな雰囲気ですが、実は「ももいろクローバーZ」の大ファンだそうで、店名の由来はももクロの「マホロバケーション」という噂です。

 

佐市 錦糸町

「まほろ芭」は牡蠣ラーメンもあるラーメン屋ですが、「佐市」は牡蠣ラーメンしかないラーメン屋。自分の知る限り都内唯一の牡蠣ラーメン専門店です。

牡蠣拉麺@ 麺や 佐市 錦糸町

 

1杯のスープに9個くらいの牡蠣を使うという濃密なスープが売り。バターでソテーされた牡蠣も美味しい。なお、別売りで生牡蠣が売っていることもあります。

らぁ麺@麺や 佐市 錦糸町

 

普通のラーメンでもスープはもちろん牡蠣スープ。

錦糸町は家から近くないですが定期的に通っている店です。

 

 

牡蠣フライ

和楽 新橋

新橋の「和楽」はランチ激戦区新橋で自分が1番好きな店。普通の定食でも刺身の量がやばいですが、冬季限定でカキフライのみのランチがあります。

カキフライ@和楽 新橋

 

この広島産の牡蠣が超巨大。フライにして縮んでるはずですが。

しかも噛むと牡蠣の旨味汁があふれる最高の牡蠣です。(毎回最高レベルという訳ではではないですが)

海老カキランチ@和楽 新橋

 

ちなみに海老カキランチでも大きなカキフライが2つ。大きな海老が2本。そして半端ない量の刺身。

昼は行列ですが、回転は速い。並ぶ価値あります。

追記:2020年9月から「和楽」はランチ営業をしていないようです。一時的なものだったら良いのですが。

三友 人形町

カキフライ3個@三友 人形町

 

最近行って衝撃を受けたのが人形町の老舗「三友」。「和楽」よりも大きな特大カキ。なんと4~10個くらいの牡蠣をひとまとめにして揚げているんです。

半分に切ってみても元の牡蠣がいくつあるのか分かりません。

こちらは平日ランチタイムのみの営業で行列ありですが、並ぶ価値あり。話の種にもなります。

 

とんかつ檍 銀座店

カキフライ@とんかつ檍 銀座店

 

最後は「とんかつ檍」。自分が東京で1番好きなとんかつ屋でこれまでとんかつしか食べたことがなかったのですが、先日食べたカキフライが出色の出来。

生牡蠣にしても最高に惜しいクオリティの牡蠣を揚げた感じで最高。カキフライが1番味の差が分かりづらいと思うのですが、今まで食べたカキフライでダントツ1番と断言できます。

ただ、その分2,300円という値段はかなり高めですが払う価値はあると思います。

「とんかつ檍」はもちろんとんかつも最高に美味しいです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.