B級孤独のグルメ

これは美味い!「とみ田」の「濃厚豚骨魚介 味玉冷しつけ麺」セブン限定

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

今まで食べたセブンイレブン限定の「中華蕎麦 とみ田」監修商品を振り返る

日本一有名なラーメン店「中華蕎麦 とみ田」はセブンイレブンとタッグを組んで多くの商品を生み出しています。

自分が最初に食べたのは冷凍食品「中華蕎麦 とみ田 濃厚魚介豚骨 つけめん」。

これはスープも麺もレベルが高かった。特に冷凍食品の良さが出ていてスープは本家に近いものを感じました。430円はお値打ちだと思います。

そして2回目に食べたのは「中華蕎麦とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン」。ラーメン二郎風ということですごく話題になりました。

ただこれは極太のちぢれ麺に期待したものの、コシがなく力弱い食感。スープやチャーシュー等はまずまずでしたが600円という値段はかなり高く感じました。

地元の美味しい二郎系「麺でる」なら650円でお腹いっぱいになります。

そして1番最近食べたのは「中華蕎麦とみ田監修 豚まぜそば」。

これはカップ麺の限界を感じるというか、良く出来てはいるのですが、そもそもインスタントを冷凍食品やチルド商品と比べるのには無理があります。

さて、今回は「濃厚豚骨魚介 味玉冷しつけ麺」というチルド商品。

とみ田と言えばつけ麺。そして冷凍食品のレベルが高かったので期待が高まります。食べた印象も今まで食べたセブンイレブンの「とみ田」の中で1番の出来でした。

 

 

セブンイレブンから発売中 とみ田監修「濃厚豚骨魚介 味玉冷しつけ麺」の概要

セブンイレブンのホームページを見ましたが以下のように素っ気ない案内でした。

人気ラーメン店「中華蕎麦とみ田」監修の豚骨魚介つけ麺をご家庭でお楽しみください。

550円(税込594円)

販売地域:北海道、東北、関東、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州

まあわざわざ全力でアピールしなくても売れるのが確定している?ためそこまで力を入れていないかもしれません。

今度は「中華そばとみ田」の公式Twitterを見てみます。

こちらはしっかりと案内。なんと半熟味玉付きでスープも麺もブラッシュアップしたのか。期待が高まる書き方ですね。

 

 

セブンイレブンから発売中 とみ田監修「濃厚豚骨魚介 味玉冷しつけ麺」商品の中身

とある平日の夜にセブンイレブンへ。「味玉冷しつけ麺」は1つだけ残っていました。

他の商品の減り方と比べても人気があるのが分かります。実は前日も同時刻に行ったのですが売り切れでした。

富田治店主の写真付きでインパクトあります。

そして味玉。昨年まではなかったとか。たかが味玉と言うでなかれ。「とみ田」くらいの店だとおそらく150円もするものです。

さて、家で改めてパッケージを見ます。

「濃厚豚骨魚介 味玉冷しつけ麺」では味玉の文字を強調。「麺とスープ、具材を一新!素材と製法にこだわり抜いたつけ麺をご賞味ください」とあります。

賞味期限は2日間弱のようです。(こちらを購入したのは8/4の夜)

 

 

セブンイレブンから発売中 とみ田監修「濃厚豚骨魚介 味玉冷しつけ麺」の調理

表面のビニールをはがすとチャーシュー、煮玉子、メンマ、ネギ、柚子などが目に入ります。

チャーシューは肩ロースでしょうか?見た目は美味しそうですが実際はどうかな?

そして煮玉子は漬け込んだ感がある色をしていて見ただけで当たりの予感がします。

その下には麺。さらにほぐし水。

なんと調理はほぐし水で麺をほぐすだけのようです。

それにしてもとみ田の代名詞とも言える太麺ですがそばに近い色合い。普通の中華麺よりもはるかに力強感じがします。

そしてスープ。

冷えているのでそのまま使えば良いようです。

さて麺にほぐし水をかけます。

最初は麺がくっついたような感じで水を足そうかと思ったのですが、もう少しかき混ぜると

良い感じになります。この辺はさすがに計算されていますね。

 

 

セブンイレブンから発売中 とみ田監修「濃厚豚骨魚介 味玉冷しつけ麺」を食べてみた

プラ容器のまま食べるものなんなので家庭用の丼に移し替えます。

スープは見ただけで濃厚なのが分かります。

香りは魚介ですが、表面の脂はいかにも豚骨です。

最初に麺だけ食べてみます。

うん。美味しい麺です。小麦感あふれるとまではいきませんが、見た目もあってか小麦を感じます。

ただコシがほぼありません。ほんのりでもコシがあれば完璧だと思います。

それでもつけ汁と合わせると、

魚介豚骨が半端なく濃厚です。これは文句なしに美味い!スープの粘度が高くとろっとしていて旨味が力強い。これはすごいな。

チャーシューも完成度が高い。

少し固めのものを想像していたのですが、そんなことはなくトロトロです。スープとも合うなぁ。ただ薄めだったのでもう少し厚みが欲しい気も。

そして煮玉子。2つに切ると、

これは見た目では店で出てくるレベル。

食べてみてもそうでした。白身はしっかりしているのに黄身はとろけます。これは良く出来てるなぁ。麺のボリュームもなかなかでしっかりお腹いっぱいになりました。

やはり冷やしだと電子レンジの工程が入らない分、狙ったものが作りやすいのでしょうか?それを考えても「濃厚豚骨魚介 味玉冷しつけ麺」は素晴らしくレベルが高いと思いました。

 

 

セブンイレブンから発売中 とみ田監修「濃厚豚骨魚介 味玉冷しつけ麺」の感想

【 セブンイレブン とみ田監修「濃厚豚骨魚介 味玉冷しつけ麺」の感想 】

・スープが秀逸。濃厚でコクがあり魚介豚骨の旨味が分かりやすくすごく美味しい。チャーシューや味玉もびっくりの完成度。満足度が高かった。

・強いて言えば麺のコシがほぼなかったのでここさえなんとかなれば恐ろしい完成度になりそう。

・かつての二郎系「ワシワシ食べる豚ラーメン」と同価格。「ワシワシ食べる豚ラーメン」は高く感じたが、「濃厚豚骨魚介 味玉冷しつけ麺」は内容を考えるとリーゾナブルに感じた。

・ほぼ調理の時間がないのも嬉しい。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.