B級孤独のグルメ

覚醒香油はマジ激辛!「AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん」実食詳細レポ

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2021年6月 月間285,243 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

かつてのAFURI (アフリ)のカップ麺と実店舗の記事はこちらからどうぞ

たまにカップ麺のレビュー記事を書いていますが、2020年食べたカップ麺の中で1番美味しかったのは「日清 東京NOODLES AFURI 春限定 柚子塩らーめん 淡麗」

 

漂う柚子の香りは文句なしにAFURIの感時が出ていてスープの完成度高し。旨味が深く、化調感は控えめ。さらに麺もしなやかな食感で美味しい。しかしインスタントなのに全粒粉!入り。

びっくりました。

そして実店舗はAFURIの1号店で1番人気の恵比寿店を訪問しています。

シンプルに鶏の旨味がしっかり効いた本当に美味しいスープです。1度訪問する価値があり!

そしてAFURIの新ブランド新宿「辛紅(からくれない)」。

今回紹介する激辛柚子塩らーめんは「辛紅」のらーめんをベースにしているとのことです。

現在は新宿にしか店舗がありませんが、このカップ麺の発売を期に今後「辛紅」の店舗が増えることが予想されます。

 

 

2020年6月29日発売「日清 東京NOODLES AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん」の概要

まずは日清食品のホームページから概要を引用させていただきます。

ラーメン界にポップかつモダンな風を吹き込むラーメン店「AFURI」の新ブランド「AFURI kara kurenai (からくれない)」は、幾つものスパイスをブレンドして創り出したオリジナルの辛味を、鶏清湯 (とりちんたん) ベースのスープに重ね合わせた激辛ラーメンが人気を集めています。

今回発売する「日清 東京NOODLES AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん」は、「AFURI kara kurenai」の看板メニュー「柚子kara kurenaiらーめん」の味わいを再現した商品です。

鶏清湯をベースにした激辛スープは、唐辛子の刺激的な辛さと、鶏と魚介のしっかりとしたうまみが特長で、「AFURI」らしい柚子のさわやかな香りと味わいが口の中で広がります。
さらに、別添の「覚醒香油」を加えれば、目が覚めるような辛さをお楽しみいただけます
夏にぴったりの、激辛なのにさわやかな味わいの一杯を、ぜひご家庭でお楽しみください。

こちらにも「AFURI kara kurenai (からくれない)」をベースにしていると書かれています。

「覚醒香油」。文字通り目が覚めるような辛さなのか。果たしてどのくらい辛いのかな?辛いのは好きですが、激辛はそこまで得意でない自分に耐えられるか?

また特長は以下の通りです。

【 AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめんの商品特長 】

1. 麺
喉ごしの良い極細ストレート麺。全粒粉が入っているので、ほのかに小麦が香ります。

2. スープ
鶏清湯をベースにした激辛スープ。唐辛子の刺激的な辛さと鶏と魚介のうまみが特長で、「AFURI」らしい柚子の爽やかな香りと味わいが口の中で広がります。

3. 具材
蒸し鶏、柚子皮、ネギ、赤唐辛子。

4. 別添
目が覚めるような辛さが楽しめる「覚醒香油」。

なんと、柚子塩らーめんと同様に麺には全粒粉入り!まあ実際は違いはほぼ分かりませんが、高級食材を使おうとしているだけでもすごい。楽しみです。

なお、「AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん」は以下の下のアマゾン・楽天のリンクからも購入可能です。

 

アマゾンの評価は2020.10.01現在4.5!という高評価でその人気ぶりが窺えます。

 

 

「AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん」の商品の中身・調理

今回はファミリーマートで購入。

販売価格は215円で税込み232円でした。

さて、家に帰って商品をじっくり観察。

やはりまっ赤な覚醒香油が目に付きます。

そして阿夫利山が燃えています。

神奈川の阿夫利山=大山は活火山ではないようですが、そんな雰囲気に描かれています。

表面は写真やロゴ、模様などを組み合わせただけですがスタイリッシュに見えるのはさすが日清食品です。

覚醒香油は食べる直前に入れるようです。

さて蓋を開けると柚子の香りがすごい。

これだけ見るとまっ赤でゆずの感じはありませんが。

「AFURI ゆず塩ラーメン」同様、内蓋にアフリの説明書きが。

こちらは主に「辛紅 kara kurenai」の説明のようです。

さて、お湯を入れて3分で完成。

この状態でもさきほどより柚子の香りが更に増しています。ネギの他には輪切りの唐辛子の姿が見えます。

 

 

「AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん」を食べてみた感想

混ぜるとこんな感じ。

麺は全粒粉入りが確認できますが、スープはそこまで過激な赤ではありません。

スープをすすってみます。

少し辛いかな?くらいです。ベースの柚子塩スープが優しい味わいなのでそこまで刺激はありません。

そこであいつを投入。そう覚醒香油です。

一瞬に視界が赤く染まります。辣油もすごいな。こぼしたら大変なことになりそうなやつ。

混ぜてもこの通り。

明らかにさきほどとは違います。さて、今度は少し緊張してすすってみます。

スゲ~辛い!!

自分がギリギリ咳き込まないレベルですが、かなりの辛さです。確かに目が覚める辛さとは言い得て妙ですね。

それでも柚子塩スープがここでも良い働き。これだけの辛さでもバランス良く調整してくれます。辛旨です。しっかり旨味があります。

ただ、麺はゆず塩ラーメンのものと同じだと思うのですが、今回はそこまでしなやかさを感じませんでした。

具はネギだけですね。蒸し鶏はかなり小さいものを1つだけ確認できました。

ということで「AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん」は完成度が高く、ゆず塩スープと激辛の融合が見事でした。辛いのが好きな人には幅広く受け入れられそうです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2021年6月 月間285,243 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.