B級孤独のグルメ

きたなシュランの3つ星の有名洋食店 立会川「味利」に行ってみた

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

「きたなミシュラン」「モヤさま」「バイキング」で紹介された「味利」とは?

誰にでもテレビで見て何となく気になっているレストランがあると思います。

自分の場合は立会川の「味利」。かつてどこぞやの番組で汚いけど味は最高と紹介されていました。

今回ネットで調べてみると味利は様々なテレビに出演していることが分かりました。

中でも「とんねるずのみなさんのおかげでした」の人気コーナー「きたなシュラン」で3つ星を取ったことがあるとか。

ちなみにきたなミシュランとは「見た目は汚いけれど、料理は美味しいレストラン」のこと。

この名前は知っています。大井町の味は?なのにいつも超混雑している「ブルドッグ」の店先にきたなミシュランの表彰状が飾ってあるから。

ということは味利もあまり美味しくないのでは?

しかし「モヤモヤさまぁ~ず」の北品川編ではさまーずの三村マサカズ、大竹一樹、そしてテレビ東京の狩野恵里アナウンサーがこぞって絶賛したらしい。

また自分が見た番組でも味を絶賛されていた味利。食べログも3.47と高評価です。

本当に美味しいのかそうでないのかを確かめるべく、3月某日、自宅から立会川に向けて歩きだします。

なお、立会川と言われても場所がピンとこない人もいると思いますが、京浜急行の駅で大井町からさほど遠くありません。ゆっくり歩いても15分ちょっとでしょうか。

立会川駅周辺はかつて、旧・土佐高知藩 山内家の下屋敷があったそうで、坂本龍馬縁の地として一時期話題になっていました。確か駅前に像があるはずです。

個性的な店主、雑然とした店内にアピール全開のメニュー

立会川の西商店街の1角に味利はありました。京急の立会川駅から歩いて来る場合は国道15号線をまたぐ必要があります。

立会川近辺は車通りの多い15号沿いで車通りが多いにも関わらず、そして品川区であるにも関わらず、なにか寂れた感じです。商店街も同様で味利はその雰囲気に妙にマッチしています。

洋食屋と聞いていたのですが、外から見たら何屋かさっぱり分かりません。事前の情報なくこの店に入るのはかなり勇気がいると思います。

ネットでは混んでいるとの情報もあったのですが、古い情報で現状がどうなのかあまり分かりませんでした。

しかし中に入ると先客は2名だけ。時刻は18時ちょうど。食べログによると夜のオープンは17時のようです。その後も客は来なかったので夜は空いているかもしれません。

入り口のそばには店主らしき方がいました。雑然と広い店内なのでどこに座るべきか尋ねたところ「どこでも良いよ」と愛想なくタメ口で答えます。

そう、この方がテレビで見たことのある老シェフです。名物シェフです。どこぞやのホテルで長年総料理長を勤めたと紹介されていたはずです。

いきなりタメ口だと少しびっくりしますが、直前に食べログで予習したところそのようなコメントもあったのでさほど驚かずに済みました。

壁を見ると、雑然と色々なものが飾ってあります。居酒屋ぽい雰囲気があるのでまずはビールを頼みました。おつまみにカンパチ刺しも頼みます。

フジテレビ「バイキング」で放映とあります。

ここでは先日64歳で5人目の子供を授かった石田純一さんの2人目(だっかたな?)の子供すみれさんが「スタフードフィッシュ」なるものを食べたようです。

また西田敏行さんがテレビで絶賛したビーフシチューもあるようです。

アピール全開ですが、何かどちらもあまり食べたいとは思わなかったので、後で違うものを選びました。

刺身が凍っていた


注文してからすぐにスーパードライの生がやってきます。グラスもキンキンに冷えているのは好印象です。

しかしかんぱちの刺し身がなかなか来ません。刺し身なのになぜかな?と思っていたのですが。

5分以上待って、ようやくかんぱちの刺し身がきます。一口食べてなかなか来なかった理由が分かります。そう、まだ一部が凍っていたのです。

待っていた時間は解凍時間だったのですね。

しかもお世辞にもかんぱちは新鮮とはいえず、かなり前に購入されたのでは?と思いました。いつもそうであるとは思いませんが、この刺し身は外したなぁと思いました。

ちなみに刺し身が古いということは、思ったほど繁盛してないのでは?とも推測されます。

さて、注文に迷いますが一番無難なものを頼むことにしました。洋食屋が一番得意であろうもの、そうエビ、牡蠣、クリームコロッケ定食です。

1,400円と値が張りますが、どれも大好物であるし、これらが不味いなどということはありえません。

10分ほど待ってスープが先に到着します。

ご自慢の洋食はごく普通


ハマグリ?のスープです。普通です。不味い訳ではないですが、あっさりした普通のスープです。

そして、海老・牡蠣・クリームコロッケの登場です。

やたらとすっぱいサラダを食べてから、フライに移ります。こちらも普通でした。

海老も牡蠣も特に何かすごい揚げ方をしている訳でもないし、大きい訳でもないし、新鮮という感じでもありません。手作り感はありますが。

(この辺りは日頃から新鮮・手作りな店ばかり行っているので少し辛口評価になっているかも)

カニクリームコロッケも普通です。不味いわけではありません。「うちは◯◯にこだわって作りました」とか個性が出やすいメニューだと思うのですが、本当に普通でした。ソースも普通です。

これだけ普通だと1,400円も高く感じます。

ご飯の炊き方もごくごく普通でした。普通すぎて語ることもありません。

味利の感想 かなり残念

会計はビール500円、かんぱちの刺し身600円、海老・牡蠣・クリームコロッケ定食1,400円で2,500円に税金で2,700円ほどでした。

きたなミシュラン三ツ星。汚いけど美味しいという期待は見事に外れました。また冒頭で述べたように最初からそこまで期待していた訳ではありませんが。

思えば、「帰れま10」の◯◯の??は「美味い!」とはしゃぐ芸能人のせいで食べたくなってしまい、後悔したことを思い出しました。

まあ最近も「セブンイレブンの◯◯が美味い」を食べてみたら普通ということも多々ありました。不味くはないけどはしゃぐほどでも。

わかっちゃいるけどです。今後も残念な思いをするかもしれませんが、好奇心をそそる店には今後も突撃していきたいと思います。

味利の行き方と営業時間

〒140-0011 東京都品川区東大井3丁目28−8

立会川の西商店街の中にあります。

【味利の営業時間】

ランチ 11:30~14:30
ディナー 17:00〜22:30
定休日 不定休

味利シチュー / 立会川駅鮫洲駅大井競馬場前駅夜総合点★★☆☆☆ 2.7

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2018 All Rights Reserved.