B級孤独のグルメ

大井町の「俺のやきとり」激安ではなくなったが それでも行きたくなる

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
2019年7月月間12万アクセス突破! 日本一のグルメブロガーを目指しています。 東京は世界一のグルメ都市!東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。 ほぼB級1人グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!

激安路線を止めた俺の株式会社

開店当初は当初は「高級食材原価割れ」「三ツ星シェフ」「立食」「一日中行列が当たり前」だった「俺のフレンチ」や「俺のイタリアン」。

センセーショナルなデビューでマスコミにも散々取り上げられました。

【 かつての俺の~と現在の俺の~の比較 】

・数年前に値上げしたこともあり、どの店でも「原価割れ」の文字は見かけなくなった。(お得そうなメニューは健在)

・また多店舗化に伴い、あるいはエース級のシェフが多数止めたため(ネット上の噂)当初ほどシェフ推しの感じがしなくなった。(店の前に貼ってあるでかいシェフの写真も最近は大人し目)

・最近では全席着席できるのも当たり前になってきた。(席は狭いけどね)

・行列もあまり見かけなくなった。(混んではいるけど)

・優秀な予約システムができたので予約はスムーズになった。

こんな感じでしょうか。あと付け加えると

・閉店する店が結構多い。
(新橋の「俺のイタリアン」2店舗。銀座の「俺の揚子江」もなくなったし、なくなった俺のフレンチもあるし。)

・海外展開(上海など)はうまくいっていない、らしい。

・ずっと上場が噂されているが、未だに上場していない。

この記事によると、シェフが辞めたのは労働環境が過酷すぎることらしい。労働環境が悪いと上場の重荷になる。(勤労状況を細かく開示しなくてはいけなくなるから)

ただ顧客の観点からすると、値上げはともかく、座って美味しい食べれて予約が取りやすいのなら問題ない。全体的に見れば悪くないという感じでしょうか。

ただ値上げしても「俺のやきとり」はまだ安いというのは本当ではありません。

今回は、「俺のやきとり」はもう安くない理由と、それでも行きたくなる理由をまとめました。

安そうに見えて会計が高くなる理由はドリンクにあった


まずはビール(550円)。

激安が売りだった頃でも「俺の」グループのドリンクはとにかく量が少ない

これは最近の風潮でこの店に限ったことではないですけどね。若い時分こんな小さいグラスはあまりなかったと思う。

300mlもない?正確には分からないですが、体感では中瓶の半分くらい。

さらに言うとかつては正々堂々?と大瓶(633ml)で出す店も多く、今では当たり前の中瓶(500ml)でさえも「セコい」よなぁと思ったものだが、そのセコい中瓶の半分くらいしかない。

そしてサングリア赤(580円)なみなみとはついでくれず、良く見ると氷だらけ。このビールとサングリアの量では、そこまで酒が強くない自分もまるで酔いなどまるで感じないほどの量ですね。

今回は食事に行く前に全体に会計を示しますが、ドリング二杯と焼き鳥とサラダとデザートで3,110円。腹八分どころか腹五分でもこのくらい。結構高いでしょ。

この日は1人での来店。1つあたりのポーションが大きい料理が多いので、「俺の焼き鳥」は1人で行くのには向かないですね。

実際にこの日も1人客は自分だけだった。(かつては結構いた気がする)

お通しも無料ではない。ただ俺のやきとりのお通しは美味しいので払う価値はありますが。

ちなみに座席はちゃちな組み立て椅子で、足が直接地面に届かないが、足を置くところには何やらおいてあって邪魔だった。立食より少しだけマシな程度。汗。

 

 

それでも5本390円の焼き鳥は安くて美味しい

それでもこの店に通うのはこちらを食べるため。

5本390円(かつては350円)の焼き鳥は文句ない美味しい。素材は最高級ではないだろうが十二分に美味しく、火入れなども素晴らしい。

エース級のシェフが沢山抜けたらしいと書いたけど、こちら大井町の俺のやきとりは以前から同じベテラン職人が焼いている(と思う)。

これが店の前で390円で売っていて、持ち帰りできるなら毎日でも買いに行きたいくらいかも。

しかし、やきとりがこの値段なのは真実にせよ、それを食べるにはある程度の(余分な)お金が必要だからなぁ。

(いつかお酒を飲めないふりにして飲み物は水だけにしようかと考えているけど。嫌な顔されるかな?)

この日食べた焼き鳥以外の料理


 シーザーサラダ(680円)

美味しいなぁ。理想的なシーザーでケチのつけようがない。生ハムもたっぷり。

しかしサラダは好きだけど1人でこの量はさすがに多かったかな。(通常の3人前くらい)

クレームブリュレ(380円)

デザートを食べるかどうか迷ったけど、日頃セブン・イレブンで食べられないようなものを頼む。

これを作れる職人が焼き鳥屋にいるのが謎だけど、こちらも文句なく美味しかった。(美味しいフレンチで食後に食べるレベル)

結局、飲み物の値段にはケチをつけたけど、食べ物にはケチがつけられないですね。

かつて大井町の「俺のやきとりで」食べた「高級」料理写真集

和牛イチボステーキ+フォアグラ@俺のやきとり 大井町

オマール海老うにぐらたん@俺のやきとり 大井町

フォアグラ・トリュフの玄米リゾット@俺の焼きとり 大井町

刺身盛り合わせ@俺の焼きとり大井町 





今思い出してもどれも絶品でした。これだけ並べると高級店の料理であることは間違いないですね。

俺のやきとり 大井町焼き鳥 / 大井町駅下神明駅鮫洲駅夜総合点★★★☆☆ 3.0

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
2019年7月月間12万アクセス突破! 日本一のグルメブロガーを目指しています。 東京は世界一のグルメ都市!東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。 ほぼB級1人グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2018 All Rights Reserved.