B級孤独のグルメ

夏目漱石の作品にも登場する老舗「竹葉亭」横浜そごう店でうな重

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2021年6月 月間285,243 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

「竹葉亭 (ちくようてい)」とは?

「竹葉亭」1866年は東京 銀座に創業。150年以上歴史のある有名な老舗です。

ウィキペディアに詳しい説明がありました。

竹葉亭(ちくようてい)は幕末に江戸で創業した老舗鰻料理店。現在の本店は銀座木挽町にあり、関西方面にものれん分け店が存在する。現在は本家株式会社竹葉亭が経営する3店のほか、名古屋、阪神に株式会社東京竹葉亭の5店、大阪に株式会社大阪竹葉亭の4店が存在する。

竹葉亭は多くの文学作品にも登場することで有名で、夏目漱石、泉鏡花、永井荷風などの小説に登場します。

例えば夏目漱石の「吾輩は猫である」には以下のような一節が。

「ハハハハそうなっちゃあ敵(かな)わない。時に伯父さんどうです。
久し振りで東京の鰻(うなぎ)でも食っちゃあ。
竹葉(ちくよう)でも奢(おご)りましょう。これから電車で行くとすぐです」

その格式高い竹葉亭は現在、ウィキペディアにもあるように本家株式会社竹葉亭が経営するのが3店。他に名古屋、阪神に株式会社東京竹葉亭の5店、大阪に株式会社大阪竹葉亭の4店があります。

【 竹葉亭の店舗と食べログ点数 (2021.03.10現在) 】

竹葉亭 本店 築地 3.75
竹葉亭 銀座店 3.76
竹葉亭 横浜そごう店 3.64

自分はこれまで竹葉亭には未訪問。銀座の店舗の前はよく通るので以前から興味があったのですが、少し敷居が高い感じで躊躇していました。

今回はたまたま行った横浜そごう10階でたまたま店舗を発見。これも何かの縁と思い思い切って入店してみました。

 

 

竹葉亭 横浜そごう店の外観、メニュー、店内の雰囲気

久しぶりの横浜そごう。横浜育ちの自分には1番馴染みのあるデパートです。

ただ、そごうは最近閉店する店舗が目立ちます。海外にも多く出店していましたが、どんどんなくなっているような。そごうブランドがなくならないか心配。

そんな中でもいつも混んでいる横浜そごうは稼ぎ頭?この日もコロナ渦の平日にも関わらずそこそこ賑わっていました。

その横浜そごうの10階は飲食店街でワンランク上の飲食店が揃っています。

そんな中に「竹葉亭」を発見。

店頭には席が並べられており、行列ができることを示唆していますが、この日は13時頃で行列はなし。

デパートの中にしては高級感があるものの、入りにくいというほどではありません。

店頭のうなぎの写真はさすがに美味しそうに撮れています。

うなぎ会席御膳は6,500円。税込7,150円。

中はお座敷とテーブル席。お座敷には仕切りがありますが、コロナ渦とは関係なく前からあったもののと思われます。

テーブル席に案内されました。

メニューはピンぼけでうまく撮れていませんでした。汗。。

うなぎのメニューはうなぎ丼 3,410円、うなぎ重 3,850円、うなぎ中入り丼 5,170円、お子様うなぎ重 1,760円です。

少し迷いましたが今回はうなぎ重をいただくことにしました。

ただ普段は肝吸いらしいのですが、今日は切らしているらしくえのきの吸いものになると説明がありました。少し残念。

お茶は美味しく、なくなると気づいてお代わりを注いでくれます。この辺はさすがの老舗の接客という感じ。

ただ、もう少し古びた感じの方がうなぎ屋らしいかな?また厨房が離れていてうなぎを焼いている臨場感が感じられないのも仕方ないとはいえ残念です。

さて10分少々待ってうなぎ重がやってきました。

 

 

竹葉亭 横浜そごう店で頂いたうなぎ重

黒い重箱の竹葉亭の字体が良い感じ。

うな重に、お新香、えのきの吸い物です。

えのきの吸い物@竹葉亭 横浜そごう

えのきの吸い物@竹葉亭 横浜そごう

 

肝吸いでなかったのは残念ですが、えのきの吸い物は良い出汁が出ています。美味しいな。

そしてうな重。

うなぎ重@竹葉亭 横浜そごう

うなぎ重@竹葉亭 横浜そごう

 

うなぎは熱々ではありません。冬だからというのではなく年配客が多いのでわざとそうしているのかな?自分は熱々好きなので少しがっかり。

タレはかなり薄め。甘さが控えめです。それ自体は悪くありませんが、気になったのがうなぎの薄さ。値段が安い店ではたまに見受けますが、この価格帯のものとしてはちょっとなぁという感じ。

最近はうなぎが高いのは百も承知ですし、こちらの賃料が高いことも容易に想像できますが、それにしても。期待値が高かったこともありがっかり。

まあそれでも鰻なのでもちろん美味しく頂きましたが、少し寂しい気持ちになりました。

 

 

竹葉亭 横浜そごう店の行き方、営業時間、食べログ採点

〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2丁目18−1

【 竹葉亭 横浜そごう店の営業時間 】

月~金 ランチ 11:00~15:00(L.O.14:00)/ ディナー 17:00~23:00(L.O.21:15)

土・日・祝 11:00~23:00(L.O.21:15)

定休日 不定休(そごうに準ずる)

竹葉亭 横浜そごう店うなぎ / 横浜駅新高島駅神奈川駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2021年6月 月間285,243 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2021 All Rights Reserved.