B級孤独のグルメ

反町「ラーメン星印」師は矢沢永吉+佐野実 コアなファンが多い名店

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

横浜・反町の大人気店「ラーメン星印」とは?

テレビ東京「2019注目の激ウマ店を探せ!ラーメン超食べまくりバトル3」に登場した「ラーメン星印」

2019年1月3日にテレビ東京で放送された「2019注目の激ウマ店を探せ!ラーメン超食べまくりバトル3」では自分がよく通う店も何店か紹介されています。

それをまとめた記事はこちら。

 

今回の「ラーメン星印」。家から遠いので頻繁という程ではないですが年に数回通わせてもらっています。

テレビを見ていて気になったのが醤油スープをリニューアルしたという話。

鶏と豚骨のダブルスープがベースとのことで、以前は王道の鶏の旨味が感じられる節系混じりのスープという感じだったので画面から見る限りスープの色もかなり違います。

スープに関するこだわりがものすごい店主だけに是非とも食べてみたいと思いました。

横浜・反町 (たんまち) のラーメンストリート

ところで反町という地名はご存知でしょうか?東横線の中でも存在感の薄い?駅で横浜の一つ手前です。もちろん急行は止まりません。

反町を「そりまち」でなく「たんまち」と発音できたら立派な横浜人というくらい。

それでも小中高と横浜市で過ごした自分には友人が住んでいたこともあり多少なじみのある町。

その存在感の薄い反町でも車通りの少ない通りにメジャーなラーメン店がひしめいている事はラーメン通でない限り知らないと思います。

その人呼んでラーメンストリートには「ラーメン星印」の他に「自家製麺SHIN」「麺処 田ぶし」、また少し離れて東神奈川寄りになりますが「らぁめん 夢」と自分も大好きな店ばかり。

家から遠い割にはこの周辺に通っている方ですが、どこも甲乙つけがたいため各店舗の経験値がなかなか上がらない状態が続いています。

星印の店主の師は矢沢永吉+佐野実?

「星印」の店名の由来ですが、星は矢沢永吉さんのトレードマークらしく、そこから取ったそうです。

店内では大音量で矢沢永吉の音楽が流れ、バナーやフィギュアなど矢沢永吉グッズにあふれています。

テレビでは「(矢沢さんの)ライブがあると店を閉めちゃう」という店主のコメントがありました。

また店主はラーメンの鬼こと故佐野実さんのもとので7年修行したとのこと。

佐野さんはお亡くなりになったし、矢沢永吉さんと実際に面識があるかは分かりませんが、両者とも気を抜いた仕事をしていたらどやされそう。

独立してラーメン店の店主をしていると実際に叱られるという機会は稀でしょうが、心の師匠がいると見られていなくても気が抜けませんから、職人技を極めようとしている方には良いように思われます。

 

 

「ラーメン星印」の外観とメニュー・醤油らぁ麺の説明書き

これは食べ終わってから撮ったもので、土曜日の二時過ぎにかかわらず店の前にはかなりの行列がありました。店内では座れますが待ち席があったので20分以上は待ったと思います。

基本は醤油らぁ麺。塩は数量限定とのことです。

醤油らぁ麺の説明書きはこんな感じ。

【 ラーメン星印のラーメンのこだわり書き 】

・スープ
名古屋コーチンの丸鶏、山水地鶏の丸鶏、鴨の丸鶏、山形県産焼きアゴ、広島県産牡蠣を入れたの鶏スープと豚ゲンコツ、豚背骨に青森県産貝柱、干し海老を合わせた厚みがある旨味の強いスープ。
・タレ
和歌山県産生醤油、長野県産四段仕込甘露醤油、大分県産鮭魚醤をメインに7種類の醤油の芳醇な香りと旨味のある一杯

贅沢素材のオンパレード。

ところで星印といえば限定でも有名ですが、この日は特別な限定はなかったようです。

酸っぱ辛いらぁ麺も数量限定とのことですが、これも準レギュラー的な位置づけなんでしょうか。酸辣湯も大好きなので気になりましたが、今回は前述の理由で醤油にします。

醤油も普通にするか特製にするか迷いますが、テレビで見たあのメニューが気になったので普通にしました。

あのメニューとは「ロックンロールご飯」。テレビでは東MAXさんが称賛していたメニューです。350円と少し高いですが。醤油とロックンロールご飯で1,200円になりました。

 

 

 

ラーメン星印で頂いた醤油らぁ麺とロックンロールご飯

醤油らぁ麺

シンプルな醤油ラーメンと言いたいところですがスープの色がよく見ると見慣れない色です。

スープをすすります。

うーむ。美味しいのですが何の味だろ?言葉でとても説明しずらい。

鶏の旨味はそこまで厚みはありません。豚も海産物系もほんのり感じるのですが全体として何かまとまった感じがしません。醤油のかえしもそこまで強くありません。

オンリーワンなスープである事は間違いないし、美味しいのですが輪郭がはっきりしないとは言えそうです。

麺は柔らかめでおそらくは国産小麦の風味のあるもので美味しい。

豚肩ロースのチャーシューやぶっといメンマなどは流石に安定していて美味でした。

ロックンロールご飯

そして楽しみにしていたロックンロールご飯。

見た目はご飯の上に海苔でできた星がのっているだけですが。

中にはチャーシューやゆで卵が入っています。卵が美味しい感じですが、350円にしては少ししょぼいかな?と感じました。もう少しチャーシューが欲しい。

ラーメン星印の行き方と営業時間

〒221-0825 神奈川県横浜市神奈川区反町1丁目3−4

【 ラーメン星印の営業時間 】

【月・水・木・金】
11:00~15:00 18:00~21:00

【土・日・祝】
11:00~15:00

定休日 火曜(※祝日の場合、翌日代休)

あとは、矢沢永吉さんのライブがある際は臨時休業があるそうです。

ラーメン星印の感想と食べログ採点

【 ラーメン星印の感想 】

・醤油らぁ麺のスープは全面的に変えた感じの意欲作。ただ美味しいものの全体的に輪郭がはっきしなくて、少し「もやっ」とした美味しさ。多分今後少しずつ改良していくのでは?

・ロックンロールご飯は美味しいけど値段の割には少し期待はずれ。

 

ラーメン星印ラーメン / 反町駅神奈川駅東神奈川駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.