B級孤独のグルメ

衝撃!町中華で炒飯が1,050円!に値上げ 味は絶品だけど 「永楽」大井町

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

大井町 永楽とは?

永楽は1956年大井町駅すぐにある名物「東小路飲食店街」にオープン。2021年で創業65年という老舗です。

食べログ3.72、Google Map4.0。(2022.05.10現在)

学生の頃1番好きだった渋谷「喜楽」と店主が修行した店は同じという噂で以前から名前は知っていました。

最初に行ったのは大学を卒業後に新卒として入った会社の新人研修時。約3ヶ月大井町で研修がありました。

その頃の永楽の印象はやたら怖い親父がいるけど、味は喜楽の劣化版という印象だったのですが、近年大きく変化。

お家騒動?から2017年永楽から遠くない場所に永楽とそっくりのメニューを出す「丸八そば店」がオープンした時には驚きましたが、1年後に閉店。

その後の永楽は一時期ばらつきを感じた料理も以前よりも良くなった感じで安定高値。

現在永楽は大井町で自分が1番良く通っている店です。

さて、最近物価の上昇に伴いあらゆるものが値上げされていますが、永楽も値上げしました。

それ自体は驚きはないのですが、永楽の炒飯はなんと1,050円に

大井町 永楽のメニュー 2022.05

大井町 永楽のメニュー 2022.05

 

昔ながらのザ・町中華の店構えで炒飯が1,000円超え!

ラーメンこそまだ750円に抑えられてはいますが、炒飯は800円、850円、そして最近は900円と少しずつ上がっていき今回一気に150円の値上げ!

ラーメンの1,000円超えには慣れてきました、これには驚きました。

ちなみに個人的に大井町で1番美味しい炒飯は有名な 萬来園ではなく永楽。

永楽の炒飯は東京で1番美味しいのでは?というくらい自分は高く評価しています。

特に神楽坂の「龍朋」、駒込の「兆徳」が東京No.1炒飯という方々は1度永楽の炒飯を食べて頂きたいと思います。

 

 

大井町 永楽 の外観、メニュー、店内の雰囲気

この日は平日の19時頃で雨が降っていましたが、永楽は満席。

店頭に2名ほど待っています。

外から見える中のメニュー。

外から見える大井町 永楽のメニュー

外から見える大井町 永楽のメニュー

 

既に確認済でしたが炒飯は1,050円。小麦は高騰しているだけにラーメンの値上げは分かるのですが、米は特に高騰していないのでなぜ炒飯?という気も。

ラーメンは看板商品なので大幅に上げにくいので他で調整しているのかな?もちろん真相は不明ですが。

価格改定の張り紙も貼られていました。

値上げはとても理解できますが、自分の収入が増えた訳でないのが問題と言えば問題。今後ハイパーインフレが来たらヤバいな。

数分待って順番を呼ばれ中に入ります。

ラーメンのメニューももやしそば、みそラーメン、タンメン、チャーシューメン、ワンタンチャーシューメンなど1,000円超えのメニューが目立ちます。

卓上調味料は辣油、お酢、醤油に黒コショウ、白コショウ。

厨房は麺担当の方と炒飯担当の方は分かれています。昔厨房を仕切っていた方のような威圧感はまるでなく両者ともに挨拶も丁寧。

客は若者は少なく長年通っていると思しき中高年ばかり。年月は経てもこの感じは以前とあまり変わっていません。安定した固定ファンに支えられています。

 

 

大井町 永楽 で頂いたもの

チャーハン

ボリュームたっぷりな炒飯。

チャーハン@永楽 大井町

チャーハン@永楽 大井町

 

玉子の多さが目を引きますが、具はハムとネギくらい。

具はシンプルでこれを見た人がどのような印象を持つか分かりませんが。

一口食べてそのパンチ力に圧倒されます。

玉子、ネギ、ご飯の一体感が素晴らしくこの一体感が作り出す旨味、食感が抜群です。パラパラ感は少なくしっとり系ですが、そんな事はどうでもよくなるくらい美味しい。

かなりしょっぱく、化調の力も借りていそう。しょっぱいのも化調も好みではありませんが、それが気にならなくなるくらい美味しい。

自分は家で良く炒飯を作るので店によっては「自分もこれくらいなら作れるな」と思うことが多いのですが、このチャーハンはとても作れそうにない。

秘伝のレシピがありそうだし、チャーハン自体作る技術もすごいです。

 

 

餃子

この日はチャーハンに加えて餃子も注文。餃子を頼んだのは始めてかも。

餃子@永楽 大井町

餃子@永楽 大井町

 

完全手作り餃子あるあるの不揃いな餃子たち。

肉汁あふれる餃子は餡の旨味が素晴らしい。

肉、野菜、にんにく。量的にはバランス系ですが、これも一体感がすごい。これも美味しいなぁ。

ワンタンメン

別日に食べたワンタンメン。こちらはまだ900円です。

ワンタンメン@永楽 大井町

ワンタンメン@永楽 大井町

 

揚げネギのたっぷり入った黒いスープ。

昔、喜楽で自分が愛した味がここにあります。

チャーシューや味の染みたゆで卵やワンタンも美味しい。

実は近日大井町を離れる予定ですが、距離があっても永楽には足が向く予感がします。

 

 

大井町 永楽 の行き方、営業時間、食べログ採点

〒140-0011 東京都品川区東大井5丁目3−2

JR京浜東北線 大井町駅 徒歩1分

【 大井町 永楽の営業時間 】

火~金 11:30~22:00 (LO 21:20)
土・日 11:30~21:00 (LO 20:20)

定休日 月曜日

こちらも参考にどうぞ。

驚いたことにデリバリーもできるようです。

Chopmy 永楽のページを見るとチャーハンと餃子だけのようです。ちなみにチャーハンは1,250円、それに配送手数料がかかるようです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2022 All Rights Reserved.