B級孤独のグルメ

移転した「銀座 篝 本店」にがっかり。神のようなバランスはどこへ?

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

銀座 篝(かがり)とは?

銀座で1番行列のできるラーメン店

2013年にオープンした銀座 篝。移転前は食べログで3.78。食べログ✕銀座でおそらく1位でかつ1番行列のできる店だったと思います。ミシュランのビブグルマンにも選ばれていました。

自分も2016年に訪問。1時間ほど並んで頂いた鶏白湯スープの美味しさと野菜などのトッピングの完成度に驚いたことがあります。

行列の理由は①8席しかない②オペレーションがスロー③箸をうまく使えない外人客が多く回転が悪い などの理由があったのですが美味しさには疑いがありませんでした。

銀座 篝の支店

銀座 篝にはいくつか支店もあります。自分は両方とも現在では閉店しましたが川崎ラゾーナと銀座のEchika fitに何度か行ったことがあります。

ラゾーナの方は2度ほど。銀座本店ほどではないにせよ、フードコートとは思えないほどレベルの高い料理でした。

問題がEchika fitの方。こちらのつけSOBAは「銀座 篝」の名を汚すのでは?というようなレベルのものを出されて呆れたことがあります。

2018年年末に銀座 篝が移転して再オープン

Echika fit 銀座店の事件以降、篝から足が遠のいていました。ただ篝の本店の近くを通っても行列がない、とたまたま気づいたのは半年ほど前。「銀座 篝 本店」は閉店したようでした。

そして今回、場所を変えて「銀座 篝」が再オープンしたという情報をTwitterで聞き早速行ってきました。

18時すぎに行列なしに入れたのは良かったのですが、かつて感動した神のようなバランスはなく、残念ながら期待ハズレに終わりました。

銀座 篝の外観・内観とメニュー

銀座6丁目は「はしご」「朧月」「風見」などラーメンの有名店がひしめいていますが、それらがある通りから更に裏路地を入ったところに「篝」はありました。

以前の店もそうでしたが、こういう場所が好きなんでしょうか?それともこういう場所なら行列ができても問題ないという計算もあるのか?

18時頃でしたが行列はありませんでした。(帰りは行列がありました)

CASH LESS という書き方に違和感。英語ではCASHLESS と1語で綴らないと別の意味?と思われそう。”No Cash, please.” くらいの方が良い気もしますし。まっ、良いか。

さらに☓現金という表記が目を引きます。クレジットカードや電子マネーを使えるのはともかく現金がだめとは!中国や韓国では一部そうなっていると聞きますが、日本では聞いたことがありません。

さて店内に入ると半分くらい空席でした。

混雑店は座席を指定されることがあるので少し立っていると、目の前にいる女性店員は何も言いません。この時点で少し違和感を感じますが空いている席に適当に座りました。

各種メニューがありますが、特製 鶏白湯 SOBA にします。

鶏白湯は醤油は合わないと思っているし、デフォルトは塩のはずです。はっきりと特製 鶏白湯 SOBAと注文したはずですが。。

しばらくすると隣にいた西洋人の二人組がいましたが、普通に現金で払っていました。店の前にわざわざ現金がだめと書いてあるのになぜ?と思いますが、まあそうしないとね。

ちなみに自分はクレジットカードで払いました。

何か微妙な違和感があるものの、和を意識して木をふんだんに使った店内はとても良い感じ。この時点では絶品の鶏白湯が食べられることに何の疑問も持っていませんでした。

銀座 篝 本店で頂いた 特製 鶏白湯

特製は最初に別皿で提供されます。

色彩は綺麗ですが、これらが合うのかな?

また鶏のパサつきが予想できるような外見で少し不安になります。

鶏白湯@銀座 篝

 

そして鶏白湯。

スープをすすります。

おおっ、クリーミーなポタージュ感満載の美味しいスープ。一口目は篝に来て良かったと思ったのですが。

細麺との相性も良い感じ。

しかしこの鳥チャーシュー、最初の予想通りかなりぱさついています。美味しくありません。

だいたい計5枚も鶏チャーシューをつけるならパサつかない豚も混ぜて欲しい感じ。

あらかじめついていた肉ワンタンや味付け卵は美味でしたが特製のトッピングに困ります。

スープと絡めましたが、鶏白湯と相性抜群のような組み合わせではありません。酸味の強いトマトと鶏白湯の組み合わせも素晴らしい感じはありません。

そして最後にスープにすする際に疑惑が。

これってもしかしたら鶏白湯醤油? 疑惑は深まりますが、呆れたような気分になりスープを飲み干さずに店を出ました。

サービスは人がいるのにバラバラ。てきぱきとした感じもないし、フレンドリーな感じもないし、とても繁盛しているラーメン店とは思えませんでした。

帰りは行列ができていましたが。

 

 

銀座 篝 本店の行き方と営業時間

〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目4−15

有楽町駅からも銀座駅からも5分くらいと思いますが、細い路地なので最初は迷うと思います。(自分は再訪してももう一度迷う自信あり)

【 銀座 篝 本店の営業時間 】

11:00〜15:30、17:30〜?

定休日 不定休

銀座 篝 本店の感想と食べログ採点

【 銀座 篝 本店の感想 】

・かつて自分が感動した篝は幻?調理の質の低下に驚いた。

・サービスも素人を集めたような感じ。自分は注文を間違えられた?

・かつては高い値段も納得のクオリティだったが、今回は高さだけが印象に残った。

・行列がなかったのは味が劣化したを客が気づいたから?

 

銀座 篝 本店ラーメン / 銀座駅日比谷駅有楽町駅
夜総合点★★☆☆☆ 2.6

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.