B級孤独のグルメ

函館グルメまとめ 雲丹、塩ラーメン、カリベビ、日本一の朝食、ラッピ、海鮮丼 一泊二日でここまで食べたよ!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。

函館グルメの感想

一泊二日の函館旅行。

観光に関しては五稜郭タワーや函館山ロープウェイが営業していなかったりで満点とは言えませんでしたが、グルメに関しては満点に近かったのではないでしょうか?

名物の「うにむらかみ」では新鮮なエゾバフンウニを頂きましたし、函館ラーメンの超有名店「あじさい」の本店と「滋養軒」を訪問し函館塩ラーメンを堪能。

「カリフォルニアベイビー」名物のシスコライスは最高に美味しかったし、函館中にあった「ラッキーピエロ」でこれも名物「チャイニーズチキンバーガー」を食べることができました。

そしてなんといっても「ラビスタ函館ベイ」の朝食。海鮮丼まである朝食バイキングは最高でした。

最後に函館空港で食べた「Hakoya」の海鮮丼も最高に美味しかった。雑食の自分らしく色々と食べられて楽しかった。

悔いが残るとすればこちらも函館名物のコンビニ ハセガワストアで名物の「やきとり弁当」が食べられなかったことくらいでしょうか?

なお、函館旅行のダイジェストは姉妹ブログ「海外旅行情報館」にまとめていますのでこちらもよろしくお願いします。

 

 

一泊二日函館旅行 訪問店のグルメ Map

① うにむらかみ 本店 函館駅
② あじさい本店 五稜郭公園前
③ カリフォルニアベイビー 函館ベイエリア
④ 滋養軒 函館駅
⑤ ラッキーピエロ マリーナ末広店

函館駅から徒歩15分くらい圏内の狭い地域に店が密集しているので訪問しやすかったですね。

函館1日目

うにむらかみ 函館本店 函館駅

ランチタイムですが今回唯一予約していきました。

うには大好きなんですが、東京で食べるうには薬臭いというか。なんかフレッシュな感じがしないのですよね。

「うにむらかみ」は無添加の絶品うにを出す店と聞いていたので函館旅行が決まったときから絶対に行くつもりでした。

つい先日に菊池桃子さんがテレビで絶賛していたという情報も。ただコロナ禍のせいもあってか店内は空いていました。

この日はエゾバフンウニが解禁になった日でした

合わせて70gの食べ比べ丼(エゾバフンウニ+キタムラサキウニ)を注文。6,050円と自分にしては破格の注文です。

第一印象は小さいなというもの。ですよね。70gだから。しかし、高いのでもっと量が多いのかと勘違い。

食べ比べ丼(エゾバフンウニ+キタムラサキウニ)@うにむらかみ 函館本店

食べ比べ丼(エゾバフンウニ+キタムラサキウニ)@うにむらかみ 函館本店

 

もちろんすごく美味しかったですが、70gなので本当に一瞬。店に滞在したもの15分くらい。

200gくらい食べたかったな。ご飯抜きで。いやいや2万くらいかかっちゃいます。流石に無理だよなぁ。

 

 

あじさい 本店 五稜郭公園前

「うにむらかみ」では腹五分目くらいだったので、市電に海苔五稜郭公園のすぐ近くにある「あじさい」本店へ。

食べログ3.66で函館1位の店です。

特塩拉麺@麺厨房 あじさい 函館本店 五稜郭

特塩拉麺@麺厨房 あじさい 函館本店 五稜郭

 

席に着いてトイレに行っている間に注文が来ていてびっくり。

複雑なスープは美味しかった。スープを食べた時点では当たりだと思ったのですが、麺や具はイマイチでしたね。

創業90年の老舗だそうですが、店の作り、即座の提供、若い店員など資本系の作りでスープ以外に職人技のようなものは感じませんでした。

カリフォルニアベイビー 函館ベイエリア

函館出身のGLAYのメンバー、函館観光大使も務める芥川賞作家の辻仁成さん、元JUDY AND MARYのボーカリストYUKIさんなど錚々たる函館オールスターズとも言うべき錚々たるメンバーが贔屓にしているというカリフォルニアベイビーを紹介しているとか。

函館出身の北島三郎までいらっしゃるという噂までありました。

こちらの名物はオリジナルのシスコライス。イケるという噂は聞いていたものの、味はそこまで期待していなかったのですが。

シスコライス@カリフォルニアベイビー 函館

シスコライス@カリフォルニアベイビー 函館

 

すごく美味しいじゃないですか!下品な感じはなくむしろ繊細。かなりしっかり焼かれたフランクフルトも美味しいです。また食べたいな。

郵便局を改造して作ったという店内は外観も内観もおしゃれで雰囲気がありました。

 

 

函館2日目

トリップアドバイザーの朝食の美味しいホテルで全国1位になったこともある「ラビスタ函館ベイ」。朝食ビュッフェは海鮮丼まで食べ放題ということで楽しみにしていましたが、期待以上でしたね。

ラビスタ函館ベイの朝食 函館ベイエリア

海鮮丼@ラビスタ函館ベイ 北の番屋

海鮮丼@ラビスタ函館ベイ 北の番屋

 

これだけでも、美味しそうに見えますが食べるとイカ、帆立、海老などワンランク上の新鮮さ。東京では食べられないなと思わせる美味しさでした。

イカは刺身だけでなく、イカのぽっぽ焼き、イカ飯など様々な形態で楽しめました。

洋食も美味しかった。また味噌汁やりんごジュースなどメインでないもののワンランク上の美味しさ。

函館湾が見える広々とした空間で超充実した朝食でした。また行きたい。

 

 

滋養軒 函館駅

「滋養軒」は食べログ3.66で「あじさい本店」と同点ながら2位の店。

これぞザ・函館塩ラーメンな感じの透き通ったスープが美味しかった。

函館塩ラーメン@滋養軒 函館駅

函館塩ラーメン@滋養軒 函館駅

 

また自家製麺らしくもちっとした麺が美味しい。チャーシューやメンマなども丁寧な作りでした。

基本は町中華のよう。多くの人が頼んでいた餃子も頂きましたが美味しかった。

焼きギョーザ@滋養軒 函館駅

焼きギョーザ@滋養軒 函館駅

 

素朴な味ながらにんにくのパンチが効いていました。

ラッキーピエロ 函館ベイエリア

函館にしかない、しかし函館に17店舗もあるという「ラッキーピエロ」。この旅行中色々な場所で見かけました。

ラッキーピエロ ベイエリア本店の外観

ラッキーピエロ ベイエリア本店の外観

 

ド派手な外観は1度見たら忘れられません。

とても広いマリーナ末広店に入店。

巨大なハンバーガーのオブジェが迎えてくれます。

名物のチャイニーズチキンバーガーはボリュームたっぷり。

チャイニーズチキンバーガー@ラッキーピエロ 末広マリーナ店

チャイニーズチキンバーガー@ラッキーピエロ 末広マリーナ店

 

「作りたて」を売りにしている割にはチキンが熱々でなかったのは残念ですが、そうだったらかなり美味しいと思わせるバーガーでした。

メニューはカレーやオムライス、ハンバーグ、焼きそば、カツ丼、ピザなどとにかく種類が多い。再訪して違うメニューも食べてみたいです。

 

 

HAKOYA 函館空港

飛行機は19時半発。

18時頃に函館空港に到着し、チェックしておいた店に行きます。

それが「Hakoya」。本店は五稜郭にあるという海鮮丼の店です。

中トロ入りサイコロ丼@HAKOYA 函館空港ターミナル店

中トロ入りサイコロ丼@HAKOYA 函館空港ターミナル店

 

この中トロ入りサイコロ丼が美味しかった!写真では見せませんが白いえびもたくさん隠れています。食べても食べても海鮮がある感じ。これで880円は良いなぁ。

「Hakoya」は函館空港3階の「Hakodate Hall」というフリースペースにありました。

いかがでしたでしょうか?

函館はグルメだけでなく見どころがコンパクトにまとまっていて、自分のように車を運転しない旅行客でも観光がしやすい場所でした。

絶対に再訪したいです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。







Copyright© 東京たべある記 , 2022 All Rights Reserved.