B級孤独のグルメ

【つけ麺】の最高峰 「麺屋一燈」新小岩 整理券・予約システムも解説

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

「麺屋一燈」とは?

かつて食べログラーメン部門で長らく1位だった「麺屋一燈」

「麺屋一燈(いっとう) 」は説明不要なくらいの超有名ラーメン店ですが、1番インパクトがあったのが長らく食べログのラーメンで日本一だったことではないでしょうか?

数値は4.1を超える事もあって、4を超えるラーメン店が全国で3店舗くらいしかない中で燦然と光り輝いていました。

現在の「麺屋一燈」の食べログは3.85(2020.02.01現在)。随分下がったなぁという印象です。

理由は全く分かりませんが、今回食べたつけ麺は日本一時代に食べたつけ麺と遜色がなく絶品。味は関係ないかもしれません。

自分が大きく感じた当時との違いは価格。2年前は特製濃厚魚介つけ麺が1,080円でしたが、現在は 1,350円。随分値上がりしたなぁという感じです。更に並盛は200gから150gに減っています。

この辺が食べログの数値に影響しているのでしょうか?

食べログの話はさておき、最近では「麺屋一燈」と名前はスーパーやコンビニでも見かけます。日清食品からカップ麺その他を販売しています。

 

 
 
 

その他に麺屋一燈のチャーハンやおにぎりもあったと思います。店舗ではやっていないような気がするのですがどんな味なのかな?今度機会があったら食べてみます。

「麺屋一燈」と「中華蕎麦とみ田」と「大勝軒」

現在の食べログのラーメンで日本一は松戸の「中華そばとみ田」で4.13 (2020.02.01現在)。実は「麺屋一燈」と「中華そばとみ田」は深い関係があります。

「麺屋一燈」の店主坂本幸彦さんは「中華そばとみ田」の富田治さんを師匠であると公言しています。

共に「ラーメンの神様」と呼ばれた「東池袋大勝軒」創業者山岸一雄さんの直弟子である田代浩二さんの「麺屋 こうじ」で修行されたとか。

というわけで「麺屋一燈」も「中華そばとみ田」も「東池袋大勝軒」の直系の店なんですね。

「麺屋一燈」は「中華そばとみ田」コラボすることも多いですが、ホームページによると店舗で使用する麺も2017年10月から「中華そばとみ田」の製麺会社「心の味製麺」のものを使用しています。

「麺屋一燈」の系列店とSNS

「麺屋一燈」自体もかなり大きなラーメングループになっています。自分が調べたところ国内には7店舗。

【 麺屋一燈の系列店 】

・麺屋一燈 新小岩
・ラーメン燈郎 新小岩 
・豚骨一燈 小岩店
・豚骨一燈 本郷店
・豚骨一燈 アリオ葛西
・豚骨一燈 沖縄あしびなー店
・つけ麺 一燈 新宿

海外は台湾に4店舗、バンコクと香港に1店舗

その他、新小岩の「麺屋一燈」のすぐに近くに「つけ麺 一燈」があったのですが、その場所には2020年1月10日に「鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki」がオープン。

店主は麺屋一燈グループより独立。場所を譲り受けた事もそうですが、同様に「心の味製麺」を使っている事からも未だに「一燈」と深い繋がりがあるのは明白です。

ところで、一燈グループは特にTwitterなどSNSをかなり上手に活用している感じがします。また常連にはかなり配慮しているようで店内でも名前で呼ばれる客がいることも。

また客の方もTwitterの書き込みで○○さんありがとうございますなど、店主やスタッフの名前を書いているのをよく見かけます。

「一燈」系列はコアなファンが多いイメージですが、熱狂的な信者を生むのは店と常連客の距離が近いことにもありそうです。

 

 

「麺屋一燈」の整理券・「EPARK」からの予約システム

さて、「麺屋一燈」と言えば大行列が名物。自分も過去に2回ほど訪問しているのですが、どちらもしっかり1時間は待ちました。

ただ、現在は少しシステムが変わっていたのでご紹介します。

詳しくはこちらに書かれていますが、直接来店する-①かネット予約する-②かの2通りがあります。

① 来店して食券ご購入後、再集合。(待ち時間有り)
② 直接ネット予約して来店。(待ち時間、ほぼ無し)

この日、自分は11時20分すぎに到着したのですが、店頭にいた店員から「予約はありますか」と聞かれます。ないと答えました。ネット予約ができるとは知らなかったので。

すると、「まず食券をお買い求め下さい」と言われます。

食券を購入後食券を渡すと整理券をもらいます。

12:00と書かれていますが、これは12時にここにいれば良いという意味。つまりその間は何をしていても構いません。

自分は少し買いたいものがあったのでこの時間を有効に使わせてもらいました。

さて、予約システムですが、「EPARK」から予約できるようになりました。

こちらの「日付を指定して受付をする」より予約が可能です。(2日前の0:00から)

とあります。

ただし、現在は来店する客が多いため予約可能な枠、人数は少なめとのこと。今後どうなるかは分かりませんが、これで待たずに「麺屋一燈」で食べられるのは素晴らしいですね。

 

「麺屋一燈」の外観、メニュー、店内の雰囲気

こちらは11時20分頃に店舗に着いた時の写真。

この時点は整理券の存在を知らず空いていてラッキーを思ったのですが。

なお、待たれているのは食券を購入して整理券に書かれた時間を待っている方々と思われます。

壁には英語と日本語で書かれたメニューが貼られていました。

つけ麺のイメージが強い麺屋一燈ですが、普通のラーメンもハイレベルで注文がつけ麺に偏っている訳ではありません。

【 麺屋一燈の主なメニュー 】

濃厚魚介つけ麺 900円
半熟味玉濃厚魚介つけ麺 1,050円
特製濃厚魚介つけ麺 1,350円
チャーシュー濃厚魚介つけ麺 1,350円

濃厚魚介らーめん 880円
半熟味玉濃厚魚介らーめん 1,030円
特製濃厚魚介らーめん 1,330円
チャーシュー濃厚魚介らーめん 1,330円

芳醇香味そば(塩)880円
芳醇香味そば(醤油)880円
特製(塩)芳醇香味そば 1,330円

特製を頼むのは一瞬躊躇する値段ですが、特製のチャーシューが絶品なのは分かっているのでこちらの食券を購入しました。

駅付近で用事を済ませ戻ってきたのが11:55分頃。ちょうど12:00の整理券を持っていた人の案内が始まっていました。

久しぶりの「麺屋一燈」。感じの良い接客もこちらの特長の1つです。

壁にはカップ麺やトロフィーや盾など数々の栄冠の印が並びます。

スープ割はカウンターの上に置かれています。

チャーシューは「真空低温調理」したもので生ではないと書かれています。今でこそ真空低温調理は普通ですが、「麺屋一燈」はかなり早い時期でこれを始めた印象あります。

さて、5分ほど待って特製濃厚魚介つけ麺がやってきました。

「麺屋一燈」で頂いたもの

今回頂いた特製濃厚魚介つけ麺

特製濃厚魚介つけ麺@麺屋一燈 新小岩

 

トッピングははスープに白髪ネギ、万能ネギ、メンマ、鶏団子2個。

麺にチャーシュー鶏1枚・豚1枚・煮豚1枚。後は半熟煮卵に 海苔3枚。

まず何もつけないで全粒粉入りの麺を味わいます。適度なコシがある太麺で美味しい。

そして麺をつけ汁に加えます。

うん。美味しい!

インパクトのあるスープです。最初に魚介をしっかり感じますが、それから鶏も旨味、円味を感じます。豚骨にはないスッキリした味わいはやはり鶏ならでは。

魚介の旨味もかなり深いです。他店にはないオンリーワンな味わいです。細かいバランスが素晴らしい。

スープの中には鶏団子とメンマ。鶏団子はアツアツ。柔らかいですが鶏の旨味をしっかり感じて美味しい。

太いメンマも熱々でした。メンマはアツアツでなくて良いかな。

そしてチャーシュー。

鶏チャーシューは意外に普通でしたが、真空低音調理のレアなチャーシューが食感も旨味も素晴らしい。ばら肉の煮豚も脂身が実に上品。本当にチャーシューのレベルが高いです。

煮卵も美味しく、

スープ割をして最後まで頂きました。

ただ麺は以前より50g減って150gになっただけあって少し少なく感じました。

以前頂いた 特製芳醇香味そば 醤油

特製芳醇香味そば 醤油@麺屋一燈 新小岩

 

鶏の旨みが濃厚で文字通り芳醇な感じ。こちらもインパクトがありました。更にアサリなども入っているようで後味が何とも言えず良い。

つけ麺だけでなく普通の汁そばも同じくらいハイレベルだと思います。

ローストポークジンジャー丼@麺屋一燈 新小岩

 

この日はローストポークジンジャーも頂きました。肉厚でボリュームたっぷり。洋食店のような味付けで美味しかった。

かつて頂いた特製濃厚魚介つけ麺

こちらは2年ほど前に頂いたもの。

特製濃厚魚介つけ麺@麺屋一燈 新小岩

 

見た目はあまり変わりませんね。

 

 

「麺屋一燈」の行き方と営業時間

〒124-0023 東京都葛飾区東新小岩1丁目4−17

JR総武線「新小岩」駅(北口)から徒歩3分

【 麺屋一燈の営業時間 】

平日 11:00~15:00 / 18:00~21:00 (第4水曜日のみ11:00~15:00) 

土・日・祝 11:00〜15:00 / 18:00〜21:00 

※スープまたは麺が無くなり次第終了

定休日 年末年始・夏季休業

こちらもご参考にどうぞ。

「麺屋一燈」の感想と食べログ採点

【 麺屋一燈の感想 】

・濃厚なのにスッキリした味わいのスープが最高。深い魚介の旨味と鶏の旨味・円味を感じる。心の味製麺の麺も秀逸。

・レアチャーシューが素晴らしい。調理技術が光る感じで普通のラーメン屋のレベルを超えている。

・以前は行列が唯一のネックだったが整理券システムで少し緩和された感じ。今回はネットの予約システムを使わなかったので次回は使ってみようと思う。

・オペレーションはスムーズで接客良し。以前よりかなり値上げしたのだけが残念。

 

麺屋一燈ラーメン / 新小岩駅
昼総合点★★★★ 4.0

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.