B級孤独のグルメ

東京一!の激戦区 蒲田のとんかつ6店を詳しく解説 穴場あり

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。

蒲田のとんかつを語る上で欠かせない銘柄豚「林SPF」とは?

蒲田のとんかつを語る上で欠かせないのが林SPF。今回紹介する6店舗のうち実に5店舗が林SPFを使用しています。

また、残念ながら閉店してしまった旧蒲田とんかつ御三家の「鈴文」もおそらく林SPFを使用していたと思われます。つまり蒲田のとんかつと言えば林SPFなのです。

林SPFについては林SPFのホームページに詳しく書かれています。

・林SPFとは?
健康が約束された血統”SPF豚”

・林SPFの正しい認識とは?
“無菌豚”・”レア(生)で食べられる”という誤解

・林SPFのこだわり
穀物だけの、抗生物質を限りなく抑えた飼料
絶え間ない人の管理。当たり前を一生懸命に
認定された農場での徹底された衛生管理

健康が約束された血統”SPF豚”とありますが、SPF豚を一言で言うと健康豚でしょうか?

SPFはかつては無菌豚と言われていたことがありますが、厳密には違うため最近では使われなくなっています。

SPFはSpecific Pathogen Free の略。Specific(特定の) Pathogen(病原菌) Free(~がない)なので「特定の病原菌を持たない豚」というとことになります。

林SPFのホームページには以下のように書かれています。

最近、「”SPF豚” 無菌豚”」や「”SPF豚” レア”」などの検索ワードを見受けますが、下記の通り、林SPF豚は”無菌豚”ではなく、基本的に食用の豚肉はレア(生)では食べられません。「無菌豚=生で食べても大丈夫」は大きな誤解です。

ということで、SPF豚は生に近い食感が売りですが、生ではないということです。

またホームページには生産者がいくつか紹介されていますが、全て千葉県。

まとめると林SPFとは千葉県産の特定の病原菌を持たない銘柄豚という感じでしょうか?

この美味しさ故か林SPFは爆発的に流行しています。とんかつ屋はもちろんイタリアンやうどん屋でも林SPFを使用しているのを聞いて驚いたことがあります。

蒲田とんかつ店の5店の関係性

「山家」を除く蒲田とんかつの5店舗は何らかのつながりがあります。部分的には情報があるもの、まとめたような情報がないので、分かっていることを簡単に。
(ご存知の方は詳しい情報をお待ちしています)

・「丸一」

蒲田を代表するとんかつ店を1つあげろと言われたら間違いなくここ。店主は大森「丸一」出身。蒲田で初めて林SPFを使った店?。

・「とんかつ檍」

店主は「まるやま食堂」出身。林SPFのインタビューでは「とんかつ檍」の大将に関して以下のような記述があるので、「丸一」にインスパイアされて林SPFを使うようになったのは間違いなさそう。

とんかつ屋を始めようと思われた頃、最初は色々な豚を試されたそう。しかし、どれも評判はイマイチ。さぁどうしようと思っていた時、同じ蒲田で有名だった「とんかつ丸一」さんに食べに行き、林SPFの味に出会います。

 

大将曰く「丸一さんのものまねをすれば少しはお客も来るんじゃないか?と思ったんですよ(笑)

・「とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ 」

名前から言うまでもないですが「とんかつ檍」の姉妹店。「とんかつ檍」の隣にあります。

・「まるやま食堂」

「とんかつ檍」の大将が修行された店。歴史が長いが林SPFを提供するようになったのは最近?

・「とんかつ丸山」

店主は「まるやま食堂」で修行されたことを明言しています。

蒲田のとんかつ店6店の場所、値段、混雑具合

場所

「とんかつ丸山」を除きすべて蒲田駅東口にあります。

どこも蒲田駅東口から5分以内ですが、一番近いのは「山家」で徒歩1,2分。次に「まるやま食堂」。「丸一」「とんかつ檍」「とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ 」はどれも5分くらいでしょうか?

「とんかつ丸山」は京急蒲田駅が最寄りで、JR蒲田駅と反対側の立地なので、JR蒲田駅東口からは20分近くかかります。

値段

値段は終日ロースかつ定食750円の「山家」が圧倒的にコスパ良し。

「とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ 」のロースかつカレーは終日1,000円。

「まるやま食堂」は蒲田の林SPFを一番安く食べられる店。メニューは900円から。高くても1,000円台。

他の3店は昼は1,000円から、夜は1,500円くらいからという感じです。ただグレードによって2,000円台のメニューもあります。

混雑具合

行列が一番大きいのは「丸一」でしょうか?営業時間が短いのも関連性がありそうですが。

「とんかつ檍 」や「とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ 」も昼時はかなりの行列です。以前はいっぺこっぺの方が明らからに行列が小さかったですが、最近はそうでもないです。

両店とも夜のほうが昼よりは空いています。

「まるやま食堂」は最近はかなり人気で行列もよく見かけます。

穴場は「とんかつ丸山」と「山家」。そこまで混んでいないと思います。「とんかつ丸山」は開店して日が浅いのでそこまで認知度がないかもしれません。

「山家」は本当に穴場と思います。御徒町や上野は一日中行列の大人気店ですが、蒲田はまだ認知度が低いせいか行列は見かけません。

 

 

蒲田のとんかつ店6店のとんかつの写真、地図、ブログのリンク

「丸一」

上ロースかつ@丸一

昼のロースかつランチ@丸一

 

〒144-0052 東京都大田区蒲田5丁目28−12

詳しくはこちらをご覧下さい。

「とんかつ檍 」

上ロースかつ@とんかつ檍

リブロース@とんかつ檍

 

〒144-0052 東京都大田区蒲田5丁目43−7

詳しくはこちらをご覧下さい。

「とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ 」

ロースカツカレー@いっぺこっぺ

上ロースカツカレー(カツのみ)@いっぺこっぺ

 

「いっぺこっぺ」にはカツだけのメニューはなく全てかつカレーです。カツは選べます。

「いっぺこっぺ」の場所は「とんかつ檍」の隣なので地図は割愛します。

詳しくはこちらへどうぞ!

「まるやま食堂 」

まるとくロースとんかつ@まるやま食堂

 

東京都 大田区 蒲田 5-2-7 渡辺ビル 1F

詳しくはこちらへどうぞ!

「とんかつ丸山 」

ブタに改造されたタヌキ@とんかつ丸山

 

一時期Twitter上で話題になりました。

ロースとんかつ@とんかつ丸山

 

〒144-0031 東京都大田区東蒲田2丁目24−2

詳しくはこちらへどうぞ!

「とんかつ山家(やまべ)」

とんかつ定食+エビフライ+かきフライ@とんかつ山家 蒲田

 

〒144-0052 東京都大田区蒲田5丁目15−2

詳しくはこちらへどうぞ!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.