B級孤独のグルメ

本郷三丁目の「麺屋ねむ瑠」赤鶏と蛤の淡麗中華そばが絶品!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

本郷三丁目の人気店麺屋「麺屋ねむ瑠 (ねむる)」とは?

ラーメン店で「いきなり」すごい新店が登場した場合、本当にいきなりであることは稀で、たいていは有名店で修行を積んだ方が新たに出される店舗である事が普通です。

蒲田の「麺屋 まほろ芭」。昨年、新星のごとく登場した店です。

 

濃厚牡蠣煮干しスープは衝撃的な美味しさで、開店当初こそ閑古鳥が鳴いていましたが、瞬く間に行列ができる店に変貌しました。

他の煮干し系のメニューも秀逸で店主がただならぬ作り手であることが分かります。

そして調べてみるとやはりいきなりこんなにクオリティの高い店が現れた訳ではなく、店主は本郷三丁目の名店「ねむ」で修行された方という事が分かりました。

不思議な名前?だったこともありこの名前はすぐに頭にインプットされました。

しかし、いつか行こうと思ったもののしばらくこの名前を忘れていたのですが先日この名前を思い出します。それは「中華そばにし乃」に行った際。

 

「中華そばにし乃」に行った際に近隣のラーメン店を調べてみると、なんとにし乃からさほど遠くないところに「麺屋ねむ瑠」があるのではないですか。

食べログも3.62。食べログの3.5超えは当てになりませんが、3.6超えはかなり当てになります。

ということで先日のある平日の夜にようやく「麺屋 ねむ瑠」に行ってまいりました。

ここでは当初の予定からは外れたものの、たくさんの驚きに遭遇してきました。

麺屋「麺屋ねむ瑠」の外観、メニュー、説明書き

駅からほんの数分の大通り沿いに「ねむ瑠」はありました。

センスの良さを感じる店構え。店の前には「菅野製麺所 特製」と書かれた看板が置いてあります。

「麺屋ねむ瑠」と言えば烏賊煮干し中華そば。イカの煮干し自体もあまり食べたことがなく、それをスープに使っているというのはどんな味が想像がつかず、とても楽しみにしていました。

しかし、自販機のイカ煮干し系のメニューは全部☓になっています。あちゃー。また午後の7時くらいですが、こういうこともあるんですね。

仕方ないので「淡麗 赤鶏と蛤の淡麗中華そば」を選ぶしかありません。チャーシュー入り1,000円をぽちります。

【 麺屋ねむ瑠の主なメニュー 】

濃厚烏賊煮干中華そば (醤油または塩) 780円
赤鶏と蛤の淡麗中華そば (醤油または塩) 780円
そのまま食べられる替え玉 180円
チャーシュー220 円
半熟煮玉子 100円

店内は7割くらいの客の入り。

そのまま食べられる替え玉があるようです。まほろ芭にもほぼ同じメニューがあります。やはり似ているんだなと思っていたのですが。

これはおそらく食べることになるとは思いましたが、腹具合で後から判断することにしました。

こうやってみると濃厚烏賊煮干中華そばと赤鶏と蛤の淡麗中華そばは全然違います。イカ煮干しは少しだけ予習していたので、赤鶏と蛤の淡麗中華そばのうんちく書きにしっかり目を通します。

赤鶏と蛤の淡麗中華そば

ブランド煮干し「伊吹いりこ」と椎茸の出汁をベースに岩手産の赤鶏の鶏油(チー油)と蛤(ハマグリ)を使用したあっさり系なのに厚みのある淡麗系(清湯)の中華そば、食べ進めるごとに箸とレンゲが止まらない。深みのある美味しさです。

卓上調味料が気になります。右のはオリーブオイル?

赤いキャップは烏賊の魚醤、白いキャップは穀物酢、そして瓶壺は山椒のオリーブオイルだそうです。

イカの魚醤って何よ?と思いましたが、これが後で良い働きをします。

 

 

麺屋「麺屋ねむ瑠」で頂いたもの

赤鶏と蛤の淡麗中華そば (醤油)

赤鶏と蛤の淡麗中華そば+チャーシュー@ねむ瑠

 

レアチャーシューが美しいです。小ぶりの貝はおそらくハマグリなんでしょうね。

スープをすすります。鶏の旨味がたっぷりなスープですが、それよりまず塩分控えめなのに驚きます。色からみると醤油のかえしは普通かと思ったのですがかなり控えめです。

おそらくデフォルトでは今まで食べたラーメンの中で一番塩分控えめでした。

塩分が薄いために落ち着いて様々な旨味を感じることができます。先日、新橋の「銀笹」では美味しいはずの旨味が塩分で消されていましたがそれとは好対照です。

ただ鶏の旨味はたっぷり感じるものの、いりこ、椎茸、ハマグリはほんのり感じられる程度です。

麺は柔らかめでほんのりコシがあります。

前述のまほろ芭は塩分やや強め、麺は固めなので全然違いますね。

そしてレアの豚肩ロースにはまたびっくり。こちらもデフォルトでは味がついていません。味がついていないとしっかり噛んで食べたくなるから不思議です。こちらも旨味たっぷり。

ただやはり少し塩分が欲しくなります。日頃は調味料はあまり使わない方ですが、スープに少し烏賊の魚醤をたらします。うわっ、これも美味しい。

そのスープにチャーシューをつけて食べるとまた違った美味しさになります。

あとは、ハマグリと穂先メンマ。具材が豊富という感じではありませんでしたが、スープやチャーシューのインパクトが大きくさほど気になりませんでした。

まだ食べられそうだったので、ここで席を立ち、「そのまま食べられる替え玉」をポチります。

そのまま食べられる替え玉

そのまま食べられる替え玉

 

これで180円は良心的な価格。

そしてこの替え玉、和え玉とも言いますが、美味しいです。こちらの麺も柔らかめで、塩分控えめ。少し魚醤とたっぷり山椒のオリーブオイルをかけて頂きます。

短い時間でしたが、良い素材のラーメンと多数の良質な調味料を味わえたおかげがとても豊かな夕食になりました。

麺屋「麺屋ねむ瑠」の行き方と営業時間

〒113-0033 東京都文京区本郷4丁目3−2

丸ノ内線「本郷三丁目」駅も1番出口から徒歩2分です。

【 麺屋「麺屋ねむ瑠」の営業時間 】

平日 11:00~23:00(L.O.22:40)

土・日・祝 11:00〜21:00(L.O.20:40)

※売り切れ次第終了
※土曜は18:00から限定商品の販売(不定期)

定休日 無休

麺屋「麺屋ねむ瑠」の感想と食べログ採点

【 麺屋「麺屋ねむ瑠」の感想 】

・烏賊煮干しが売り切れで一瞬あせったが、赤鶏と蛤の淡麗中華そばが塩分控えめながら旨味たっぷりですごく美味しかった。

・塩分は美味しい烏賊の魚醤で調整できるので味が濃いのが好きな人に対応できる。素晴らしいシステム。

・そのまま食べられる替え玉も秀逸。

・ただ次回は烏賊煮干しを食べたい。

麺屋 ねむ瑠ラーメン / 本郷三丁目駅春日駅水道橋駅
夜総合点★★★★ 4.0

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.