B級孤独のグルメ

「つじ田味噌の章」絶品の味噌が東京駅ラーメンストリートに進出!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。

「つじ田味噌の章」の3店舗目が東京駅ラーメンストリートにオープン

「つじ田味噌の章」の1店舗目は淡路町。

こちらには以前の職場が近かったこともありおそらく50回は通っています。東京で一番好きな味噌ラーメン店です。

「つじ田味噌の章」の2店舗目は飯田橋。

こちらにも数回行ったことがあります。

そして「つじ田味噌の章」の3店舗目が2018年10月に東京駅の構内にある「ラーメンストリート」内にオープンしました。

東京にはいくつかこのようなラーメン複合施設がありますが、中でも「ラーメンストリート」はダントツに集客力があるように思われます。

おそらく家賃はべらぼうに高いでしょうし、店の移り変わりが激しい場所ではありますが、「つじ田味噌の章 東京駅店」ならたくましく生き残るでしょう。

ちなみに2009年6月オープンした「東京ラーメンストリート」は現在ちょうど10週年のようです。

「つじ田味噌の章」東京駅店の外観、メニュー、店内の様子

なぜか「六厘舎」のみ超行列のラーメンストリート。地方の方には一番有名な店だからでしょうか?

ちなみに「六厘舎は東京人には過去の店?大崎の「六厘舎」にはほぼ行列がありません。どこで食べても味は普通です。

さて、夜の7時ころ。「六厘舎」以外にも行列がある店がポツポツありました。目指す「つじ田 味噌の章」もこの通り。

先客は5人ほどだったので、すぐに案内されるかと思いきや10分ほど待ちました。待っている人間が一度に10人くらい案内されましたが、もう少し小刻みにやってくれないかな?

案内していたのは中国系の女性でしたが、中国にはテキパキとした接客という文化がないせいか、混雑店をうまくさばいている人をあまり見たことがありません。

つじ田系列は社員教育がしっかりしている印象がありますが、こちらは改善の余地がありそうです。

おそらく他店舗よりも50円高い感じかな?

【 つじ田味噌の章 東京駅店の主なメニュー 】

特製味噌らーめんセット1,050円
特製辛味噌らーめんセット1,150円
特製バリ味噌らーめんセット1,100円
特製辛バリ味噌らーめんセット1,200円

味玉味噌らーめん 950円
味玉辛味噌らーめん 1,050円
味玉バリ味噌らーめん 1,000円
味玉バリ辛味噌らーめん 1,100円

味噌らーめん 850円
辛味噌らーめん 950円
バリ味噌らーめん 900円
バリ辛味噌らーめん 1,000円

今まで普通の味噌らーめんしか食べたことがないので、バリ味噌を選択することに。結果的に微妙でした。

ご飯と味玉付きの特製バリ味噌らーめんセット1,100円の券を購入しました。

券売機の上および座席付近にも「つじ田味噌の章」のうんちく書きがあったので載せておきます。

【 つじ田味噌の章のらーめん説明書き 】

・味噌らーめん
スープの最後の一滴までお楽しみいたたげるように、やさしい味わいに仕上げております。北海道直送の縮れ麺、こま切りチャーシュー、生姜、青のりの風味と一緒にお楽しみ下さい。

・辛味噌らーめん
山形のラーメンに感銘を受けて作成に至った、唐辛子に独自のブレンドを加えた「だるま」をスープに少しずつ溶かすことにより、味の変化を楽しめ、最後まで飽きずに一杯食べられるようになっています。青海苔の風味と一緒にお楽しみ下さい。

・バリ味噌らーめん
数種類の味噌をブレンドした濃厚なスープに中太の平打ち麺が絡みます。「バリ」とは方言で、「すごい」「とても」という意味合いがあり、「味噌ラーメン」よりも濃厚に仕上げております。

・辛バリ味噌らーめん
バリ味噌らーめんに「だるま」を加えたらーめになっています。濃厚なスープに中太の平打ち麺が、「だるま」と辛味、味の変化を楽しめ、最後まで飽きずに一杯食べられるようになっています。青海苔の風味と一緒にお楽しみ下さい。

テーブルの上に、紙エプロンとティッシュ。

テーブルには「つじ田味噌の章」のセットというべき調味料たちがあります。青のり、にんにく、七味、一味、胡椒です。

個人的には青のりと七味は必須と思っています。

着席してからも10分ほど待ってお盆に乗ったバリ味噌らーめんセットが到着。調理が丁寧なのである程度待つのは仕方ありません。

 

 

「つじ田味噌の章」東京駅店で頂いた特製バリ味噌らーめんセット

特製バリ味噌らーめんセット@つじ田味噌の章 東京駅

 

よく見かけるセットと思いきやノリがついています。10週年記念でついてきた模様。

特製バリ味噌らーめん@つじ田味噌の章 東京駅

 

初めてのバリ味噌。スープ以外はほぼ同じと思いきや一点普通のらーめんと違うところがありました。

スープはどろっとしておりますが、旨味たっぷり。白味噌ベースで円やかな味わいです。

こちらはほぼ予想どおりも驚いたのが麺。通常のラーメンは中太の縮れ麺ですが、こちらは太めの平打ち麺。少し固めのゆで加減です。

うーん。麺自体は美味しいのですが、繊細な旨味があるスープなので太麺との相性は今ひとつに感じました。ボリュームもあって食い出がありましたが。

それでもほろほろ食感のチャーシューや、黒いコリコリメンマはいつ食べても美味しい。味付け玉子も予めカットされていますが、自分でカットするのが難しいこともあるのでこちらの方が嬉しい。

海苔にはあらかじめメッセージがプリントされていて、こんなラーメンに載せるとこんな感じなりました。うーん、少し味もついていて微妙な感じ。

10週年ということで、何かサービスしようと考えたのでしょうが、他のものが良いなあ。

ご飯に取っておいたチャーシューを載せ、チューシューご飯が完成。青のりもたっぷり加えます。これは鉄板の美味しさでした。

 つじ田味噌の章 東京駅店の行き方と営業時間

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目9−1 東京駅一番街地下1階東京ラーメンストリート

ラーメンストリートは東京駅の八重洲口地下にあります。

【 つじ田味噌の章 東京駅店の営業時間 】

10:30~23:00(L.O.22:30)

無休で通し営業です。

つじ田味噌の章 東京駅店の感想と食べログ採点

【 つじ田味噌の章 東京駅店の感想 】

・商業施設内の出店でも、店舗と変わらぬクオリティは素晴らしい。

・個人的には、今回のバリ味噌らーめんの麺は太麺ではなく、らーめんと同じく中太縮れ麺にして欲しい。

・オペレーションは今ひとつ。店舗型にない混雑だと思うので、店員教育はしっかりとやって欲しい。(つじ田全体でも店舗が増えて、サービスが一部低下している感あり)

 

つじ田 味噌の章 東京駅店ラーメン / 東京駅京橋駅二重橋前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.