B級孤独のグルメ

新橋で一番人気!のランチ「天茶屋 七蔵」で稲庭うどん+ばらちらし丼

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

新橋の「天茶屋 七蔵 (ななくら)」とは?

七蔵は新橋で一番混むランチ

七蔵ななくらは創業1979年。40年近くに渡り新橋で人気を博している稲庭うどんの有名店です。自分も10年以上前からたまに通わせてもらっています。

場所は新橋駅前ビル1号館。駅近なのに再開発し損なったようなレトロな雰囲気漂う昭和のビル。外に出て少し首を上げると汐留のモダンな高層ビル群が見えるのでその違いに驚きます。

新橋駅前ビル1号館に人気店は多数ありますが、個人的には1階にある喫茶・洋食店の「ポンヌフ」、レーズンウィッチで有名な「小川軒」に特に昭和の匂いを感じます。

その2階にある「天茶屋 七蔵」。こちらは店内が広く、62席もあるようですが、昼になると毎日大行列

新橋のランチ行列店は珍しくありませんが、店の大きさを考えると七蔵は新橋で一番混んでいる店である事は間違いないと思います。

七蔵のランチの人気の秘密

何より本格的な稲庭うどんが人気です。実際に秋田県稲庭町で作っているそうです。

滑らかなのどごしの良さはもとより、しっかりとしたコシの強さと茹で上がり早さ、のびにくいのが特徴とか。

またゴマペーストのスープも稲庭うどんには珍しく人気です。

稲庭うどんが七蔵の人気の秘密であるのは間違いないのですが、個人的には「七蔵」で本当に素晴らしいと思っているのは「ばらちらし丼」。同様の人も多いかと思います。

稲庭うどんに関する感想は後述させて頂きます。

七蔵のランチの行列の様子

ばらちらし丼を確実に食べるには早めの時間に七蔵に行く必要があります。13時くらいに行くと売り切れということがよくあります。

新橋駅前ビル一号館で二階へ向かうエスカレーターへ乗ると先客はエスカレーター中を歩いていました。

そんなに急いでも順番が早くなる訳ではないですが、行列店七蔵を意識して気持ちがあせる気持ちはよくわかります。

こんな行列なら一見たいした事なくみえますが、

中にもしっかり行列があります。

途中で会計を済ませます。キャパが広いのでそこまで待つことはないと思いますが、この日は15分くらい待ちました。

 

 

七蔵のランチメニュー

稲庭うどんの小が900円という恐ろしく強気な価格です。

ただうどんだけを食べている人は少数派で、ほとんどの日はミニ丼付きのセットを頼みます。

しかしこれも1,200円!元々高いと思っていたのにしばらく来ないうちに更に100円値上げされていました。

【 天茶屋 七蔵のランチのミニ丼 】

・【1番人気】ばらちらし丼
・鮪とイクラのミックス丼
・鮪づけ丼
・鮪丼
・山かけ月見丼
・鮪山かけ丼
・煮ダコ丼
・煮ダコと鮪のミックス丼
・サーモンとイクラの親子丼
・高菜丼

一番人気というより、これを食べに来たので自分は小セット+ばらちらし丼を注文しました。

さて、七蔵は大型店舗なので店員が多い。

調理している様子は見えますが、1人1役という感じでうどん担当者はずっとうどん担当、ばらちらし丼担当はずっとばらちらし丼担当という感じです。

効率は良いと思うのですが同じことばかりで飽きないのでしょうか?余計なお世話か。

またそれも含めたオペレーションの良さが七蔵の特徴だったと思うのですが、この日は誰かが忘れ物をしたらしく、座席担当の方が「誰かこれ忘れませんでしたか?」と1人1人に聞いて回っています。

おかげで、空席は目につくものの数分余分に待たされました。

七蔵で頂いた稲庭うどん+ばらちらし丼

稲庭うどん

お茶を飲みながら少し待ちます。スープ割りもありました。

小300gは一見大きく見えますが、茹で上がりの重さなので少なめです。

そしてお店側の説明ではコシが強いとの事ですが、個人的にはかなり弱く感じます。飲み込むような感じなってしまってあまり味わえないので、もう少しコシが強かったらと思います。

喉越しは良いですが。

また、スープは鴨肉を使っているそうですが、味が薄く感じます。わざと薄くしているというより、使う鴨肉の量がかなり少ないのでは?と思います。

日頃ラーメン店で良質な鶏などの動物系をふんだんに使った旨味のある出汁に慣れた自分からするとかなり物足りなく感じます。

たまに和食店で稲庭うどんが隠れ人気だったりしますが、そういう稲庭うどんに比べても明らかに物足りない感じです。

ばらちらし丼

稲庭うどんで物足りない感じはありましたが、ばらちらし丼は文句なしに美味しいです。

まぐろ、いくら、イカ、ホタテといった海鮮系の他に卵焼きや椎茸も入っていて、口の中に一気にかっこむとなんとも言えない味のハーモニーがあります。

しかしミニ丼だけあって見た目ほどの量はなく、至福の時間もあっという間です。

濃厚に味のついた漬物は美味でした。

 

 

七蔵の行き方と営業時間

〒105-0004 東京都港区新橋2丁目20−15 新橋駅前ビル1号館2F

新橋駅前ビル1号館の2階です。新橋駅から1,2分くらい。

【 天茶屋 七蔵の営業時間 】

営業時間

11:00〜15:00 (LO)

定休日 土曜・日曜・祝日

以前は夜もやっていたように思うのですが、現在は昼だけの営業です。

七蔵の感想と食べログ採点

【 七蔵の感想 】

・稲庭うどんのコシはもっとあった方が美味しいと思う。スープも薄く感じる。

・ばらちらし丼は文句なしに美味しい。

・コスパ悪い。原価率は低そう。

 

天茶屋 七蔵うどん / 新橋駅汐留駅内幸町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2018 All Rights Reserved.