B級孤独のグルメ

聖林館プロデュース!「ピッツァマン オオイマチ」で気軽に本格ピザ

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

中目黒の名店「聖林館」がプロデュースした「ピッツァマン オオイマチ」

1995年にオープンしたピッツェリア「中目黒サヴォイ」。

本場ナポリの味とスタイルにこだわり、東京のナポリピザの先駆けとなった伝説の店です。

弊ブログでもちょくちょく東京の本格的なピザを出す店を紹介していますが、現在は珍しくないナポリピザも当時は本当に珍しかったようですね。

その「サヴォイ」。現在は「聖林館」と名前を変えていますが、2010年に「聖林館」のオーナーシェフである柿沼進さんがプロデュースして開店したのが「ピッツァマンオオイマチ」。

柿沼さんの名声に加え大々的に宣伝したためか開業当時はとんでもない行列ができる店でした。

行列は長くは続かず今ではほとんど並ぶことがなく食べられます。「ピッツァマンオオイマチ」のピザは「聖林館」のような絶品ピッツァをイメージするとがっかりするかも。

「ピッツァマンオオイマチ」ではそこそこ美味しいピザが食べられる店と考えておけば良いと思います。

自分も当初は期待が大きかったので少しがっかりしました。しかも当初はサービスが少しとがった?感じだったので余計にそう感じたのかも。

しかし、年月を重ねて、最近ではサービスも良い感じに落ち着いてきたので気になることもなくなりました。

「ピッツァマン オオイマチ」の外観、メニュー、店内の雰囲気

大通りから一歩入った路地に突如現れるかまぼこ型の建物。こちらが大井町名物「ピッツァマン」の建物です。形もそうですが、近くには高層ビルが立ち並ぶ中に平屋建ては不思議な感じ。

そしてこのかまぼこの形状は、戦後間もなく米国に占領された際には日本各地にあったといういわゆる米軍の「かまぼこ兵舎」を思わせます。

車もかなり小さく目立ちます。

左が通常メニュー、右がランチメニューです。

【 ピッツァマンオオイマチのランチメニュー 】サラダ+ピッツァ+ソフトドリンク

マルゲリータ 1,050円
マリナーラ 1,050円
釜揚げしらすのマリナーラ 1,250円
ミラノサラミ 1,250円
キノコとハム 1,250円
フレッシュトマト 1,250円
スモークサーモン 1,250円
具だくさん 1,250円
4種類のチーズ 1,250円

できた当初は350円のミニマルゲリータなど不思議なメニューがありましたが、最近のこのメンツで落ち着いています。

ランチはサラダとこの中のドリングが1杯つきます。

店に入るとフレンドリーな挨拶があります。これができた当初はイマイチ感じが悪かったのですが、最近はそのような事はありません。

最初にレジの前でお金を払って、ドリンクを受け取り自分で席を探すというシステムです。

水やナイフ・フォーク・ナプキンなどもセルフです。

眼の前には立派なピザ窯が。ただ今どきの店はどこでもあるんですよね。大井町駅付近だと「サルバトーレ・クオモ」にもピザ窯があります。

席には兵舎らしく?迷彩柄の座布団が敷かれています。当初は座布団がなく、アルミ製?椅子がツルツルで滑りやすく居心地が良くなかったのですが、いつも間にか改善されていました。

最初にも少し書きましたが、当初は行列人気店ならでは?の何か偉そうな感じがしたのですが、今やそれらはなくとても良い感じです。

 

 

「ピッツァマン オオイマチ」で頂いたもの

ジンジャエール

ピザにはビールが合うと言いますが、昼間から飲むわけにはいかないのでコーラならぬジンジャエールで代用しています。

サラダ

サラダ@ピッツァマンオオイマチ

 

サラダは以前から少し凝っていて、小さいトマトがすごく甘くて美味しい時があります。生ハムとルッコラの組み合わせは間違いないですね。

マルゲリータ

マルゲリータ@ピッツァマンオオイマチ

 

最近の有名ピザ店に比べるとややこぶりなピザ。夜の方が値段が高くこちらがレギュラーサイズのようです。

生地はもちもちしていて、塩分は控えめ。モッツァレラチーズはナポリから輸入しているそう。トマトの酸味も良い感じで以前よりも安定して美味しく感じます。

ただ具体的に言葉にしにくいのですが、何か全体的に普通すぎるな感じがあり、都内の名店で食べるような感動はありません。いわゆる普通に美味しいピザです。

キノコとハム

キノコとハム @ピッツァマンオオイマチ

 

ビスマルク

ビスマルク@ピッツァマンオオイマチ

 

最近は日替わりはやっていないのかな?以前は日替わりがあって数種類食べましたが、このビスマルクが美味しくて印象に残っています。

「ピッツァマン オオイマチ」の行き方と営業時間

〒140-0014 東京都品川区大井1丁目11−8

大井町駅から数分です。一本路地に入ったところですが、あの特徴のある建物を頭に入れておくとすぐに見つかると思います。

【 ピッツァマンオオイマチの営業時間 】

LUNCH
11:30~14:30(L.O.14:00)

DINNER 
平日18:00~22:00(L.O.21:00) 
土/日/祭日 17:00~22:00(L.O.21:00)

定休日:月曜日 (祝日の場合は火曜日お休み)
売り切れ次第終了

「ピッツァマン オオイマチ」の感想と食べログ採点

【 ピッツァマンオオイマチの感想 】

・大行列デビュー。聖林館プロデュースということで、期待値が高かったこともあり当初は残念な感じもあったが、そこそこ美味いピザが食べられると考えると使い勝手の良い店と思うようになった。

・何か微妙な感じがしたサービスは今は完全に改善され、違和感を感じる事はなくなった。

・全体的な印象がよくなったせいで、かまぼこの中も雰囲気が良いと思えるようになった。

ピッツァマン オオイマチピザ / 大井町駅下神明駅鮫洲駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.