B級孤独のグルメ

恵比寿「sync」の看板メニュー 牡蠣とクレソンのカレーが美味すぎた!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

東京カレンダーで絶賛されていた恵比寿「sync」の牡蠣カレー

なにやらおしゃれな雑誌「東京カレンダー」。

なんでも「ハイエンドなカルチャーライフ」を送る「30 – 40代の男性、20代後半 – 40代女性」を想定読者に設定しているとか。

バブル時代を彷彿させる感じもあり、残念ながら基本的に自分とは縁遠い世界ですが、「東京カレンダー」のグルメ情報はなかなか質が高いと思っています。

A級グルメ的なものには目を通しませんが、先日気になったのがネットで見た以下の記事。

見たら絶対に「ココ、食べに行きたい!」と歓声が上がるに違いない。牡蠣が好きなら絶対におさえておきたい店が恵比寿の『sync』だ。 プリプリの牡蠣がこれでもか!と盛られた絶品カレーを食べられる名店 ~

これは記事を読み終わる前に本当に「ココ、食べに行きたい!」と思いました。

よく読むと他のメニューの価格の記載はあっても、肝心の牡蠣カレーの値段が書いていないという雑な記事でしたが、美味しさだけは伝わってきます。

牡蠣愛ならたいていの人には負けない自信がある自分。この記事を見た翌日に早速、恵比寿の「sync」に向かいました。

恵比寿「sync (シンク)」とは?

一世風靡をした学芸大学の「sync」が恵比寿に出店した店の模様。というのも、調べたものの現在学芸大学店がどうなっているかは分かりませんでした。

食べログには少なくとも学芸大学の「sync」は閉店となっていますが、こちらのブログだと2018年11月に学芸大学に帰ってきたとあります。

間借り営業をしていること。詳しいことは分かりません。

そもそも旧学芸大学店にも行ったことはありませんが、「sync」は名前だけは聞いたことがありました。

確か美容院に置いてあった雑誌で紹介されていたはずです。

恵比寿「sync」の外観・メニュー・内観

東京カレンダーの記事が出た翌日の夜に「sync」に向かいます。

牡蠣とクレソンのカレーが1,500円ということだけは調べてありましたが、混雑具合が分からないので18時の開店直後を狙うことにしました。

「sync」はGoogle Mapを見ると恵比寿の駅からさほど遠くない、たまに行く「おおぜき中華そば店」の少し先に店はあるようです。

この辺なんだけどな。

よくみると黄色い(カレーを意識した?)看板にCURRY BARとあります。そしてこの写真では写っていませんが、上に小さくsyncと書かれています。

うわっ、このパターンか。

大井町や蒲田など下町ではまず見かけませんが、恵比寿などハイソな町では普通に見かける看板が小さいやつです。ひどいと看板がないことも。

店は二階のようなのでやや不安な気持ちで階段を登ります。

うむ、こちらも何か開けにくい扉。客を選別するやつです。

恵比寿 sync のメニュー

 

【 恵比寿syncのカレーメニュー 】

牡蠣とクレソン 1,500円
もっと牡蠣とクレソン 2,450円
チキン ジャガイモ 900円 大盛+300円
チキン キャベツ 850円 大盛+300円
チキン マッシュルーム 950円 大盛+300円
チキン ほうれん草 950円 大盛+300円
チキン 豆 900円 大盛+300円
チキン チーズ チーズ (ミックスチーズ&カマンベール) 1,000円 大盛+300円
チキン グリーン グリーン (クレソン&パクチー)1,000円 大盛+300円

今振り返るとメニューが豊富なのが分かりますが、当日は牡蠣とクレソンの値段だけ確認して扉を開けます。

するとオシャレだけど何か居心地の良い空間が広がっていました。店主も格段にフレンドリーというわけではありまえんが、十分に感じが良く、変な緊張感はなくなります。

カウンター席は3席ほど。今調べるとテーブル11席で計14席のようです。

カウンター席には先客はおらず、テーブル席に3名ほどいただけでした。「東京カレンダー」の影響力については分かりませんが、記事が出て即満席になるという感じでもなさそうです。

店主はテーブル席で注文を取っていました。どうやらワンオペのようです。そしてしばらくしてこちらに水を持って注文を取りに来てくれました。

予定通り牡蠣とクレソンを注文します。辛さは辛口にしましたが、ほぼ辛さを感じないレベルだったので、しっかりと聞いてから注文すれば良かったと後から思いました。

ただ頭の中は牡蠣一色だったので辛さはそこまで気にならなかったというもありますが。

そして水を一口。レモン水ですがレモンが結構しっかりで美味しいです。思わずすぐに飲んでお代わりをします。

最初は店主が持ってきてくれましたが、それはたまたまで基本はセルフサービスのようです。そして、食事が運ばれてきてから分かるのですが、ご飯もセルフサービスでした。

それにしても待ちます。その後別の予約客の4人組が現れましたが、ドリンク以外は何も提供されていません。

暇なので置いてあった雑誌を読みます。この「ポパイ」当然「sync」が載っているのでしょう。

うわっ、このトマトと茄子も猛烈に美味しそう。

そして、このポパイ、グルメ特集号だったようですが、なかなか中身が濃い。たくさんチェックさせて貰ったので、今後このポパイで知った店を弊ブログで紹介する事もあると思います。

 

 

恵比寿「sync」で頂いた牡蠣とクレソンのカレー

おそらく30分近く待って待ちに待った牡蠣とクレソンのカレーが到着します。

先のテーブル席と3人とほぼ同じタイミングです。

店主はワンオペなのに一つ一つをものすごく丁寧に調理しているのが分かりました。昼もそうなのかな?待ち時間は覚悟した方が良さそうです。

syncの牡蠣とクレソンのカレー

 

それにしても奥ゆかしいというか牡蠣は全く見えません。写真を撮るためにクレソンはどかします。

全てではわりませんが、かなり大ぶりの牡蠣が6個!贅沢ですねぇ。

そしてセルフなのでご飯をよそいに行きます。

へー、白米でないのか。

麦飯かと思いましたが白米・コシヒカリ発芽玄米・押し麦をブレンドしているそうです。

カレーは少なく見えたのでご飯も控えめにします。

そしてようやく食べます。

美味しい!スープはあっさりした感じに見えますが、玉ねぎの甘さが濃厚に出ていて、スパイスも効いています。

そしてぷりぷりの牡蠣もすごく美味しい!

牡蠣とカレーの組み合わせは初めてのはずですが、牡蠣を良さをかき消さない程度に程よくカレー風味を加えている感じで美味しいです。

そして、クレソン。クレソンも牡蠣も苦いのでどうなるか興味がありましたが、特に苦さは感じません。良い感じでシャキシャキ食感を加えてくれます。

しかし火を通してこの大きさだから、相当大きな牡蠣ですよね。それでいて大味な感じもなく美味しい牡蠣です。

量は少ないので一瞬でしたが、至福の一時でした。

ただ牡蠣とクレソンのカレーは大盛はないようでしたが、男性は昼間なら普通のカレーはなら大盛にした方が良さそうです。

夜は生ハムなどをつまみと酒を楽しみ、シメに牡蠣とクレソンのカレーという感じかもしれません。

 

 

恵比寿「sync」の行き方と営業時間

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1丁目13−7 恵比寿西5ビル

駅からほんの数分ですが、場所は分かりにくいので、さきほど載せた黄色い看板を目印にして下さい。

【 恵比寿「sync」の営業時間 】

【火〜木・土日祝】 ランチ11:30〜15:00、生ハム&カレーbarタイム 18:00〜22:00、

【金】ランチ11:30〜15:00、生ハム&カレーbarタイム 18:00〜23:00

定休日 月曜日(祝日の場合翌火曜日休み)

恵比寿「sync」の感想と食べログ採点

【 恵比寿「sync」の感想 】

・牡蠣とクレソンのカレーは、カレーも牡蠣も美味しい!クレソンは良い食感になっている。

・牡蠣は大ぶりだが、カレーは少なめ。これ1食だけだと物足りないかも。

・完全な隠れ家仕様だが、アットホームな雰囲気があり入りづらいことはないと思う。

・普通のカレーもぜひ食べてみたい。

・待ち時間は覚悟する必要があるかも。

syncカレーライス / 恵比寿駅代官山駅中目黒駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

なお、「sync」はPayPayが使えました。

現在「第2弾100億円キャンペーン」期間中のなので20%の残高をゲットできました。

キャンペーンの期間は2019年2月12日9:00~2019年5月31日23:59。第1弾と同じように100億に到達したらやめてしまうようですが。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.