B級孤独のグルメ

ブログ・リニューアル&移行に伴う不具合について

食べログ東京5位!武蔵小山「たいよう」のとんかつは職人芸

しげP
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

武蔵小山の「もち豚とんかつ たいよう」とは?

「もち豚とんかつ たいよう」は食べログで3.96!食べログ?東京で5位の実力店です。
taiyo_outside
ちなみに食べログ?東京のベスト5は以下の通り。

第一位 成蔵 高田馬場4.12
第二位 とん太 高田馬場 4.08
第三位 丸一 蒲田 4.02
第四位 丸五 秋葉原 3.97
第五位 もち豚とんかつ たいよう 3.96

自分はとんかつ好きを公言している割には「成蔵」にも「とん太」にも行ったことがないので説得力が弱いのですが、自分は東京で1番と思っている蒲田の「とんかつ 檍」3.85より上、2番と思っているの大門の「のもと家」3.77より上とあっては行かない訳には行きません。

そして「たいよう」はミシュランでは2015年から18年まで連続してビブグルマンに選ばれています。(とんかつで星付きは銀座の「かつぜん」のみ)

またこれも個人的に重要なのですが、武蔵小山は30代前半に5年ほど住んだ街。しかも地図を見るとよく通った「さんきち」の隣付近にあるし、行かない訳にはいきません。昼間に大岡山付近で用事があった4月某日の夜、武蔵小山まで足を伸ばしましす。

店内での待ち時間が長い「たいよう」その理由は?

今まで「たいように」に行かなかった理由の1つは行列がすごいと聞いていたからです。特に昼は1時間くらい並ぶという話も。

という訳で自分は今回夜に行くことにしたのですが、もしかしたら夜は行列はそれほどではないかもしれません。18:40で3席ほど空いていたので。

さらに夜は予約できる様子で2席ほど予約されていましたが、まだ客は来ていませんでした。
taiyo_menu
自分はロースしか食べないのでロースカツ定食160g(1,800円)を注文します。

店内は綺麗です。最近できた店だからと勝手に思っていましたが、食べログによると2008年開店とのこと。10年近く経っていてこの状態はすごいです。
taiyo_tea
店主は静かに、そして休むことなく準備をしています。どうやら注文を受けてから1つ1つ丁寧に作るというスタイルのようです。

助手の女性の方もいますが、基本的には調理には携わっていないようです。

寡黙な店主ですが、感じが悪い訳ではありません。挨拶などはとてもしっかりされていました。

8席の小さい店ですが、隣との距離がほどよくあるので圧迫感はありません。
taiyo_table
中華風のドレッシングが目立ちますが、これはキャベツ用でしょう。塩は1種類で特に塩推しという訳ではなさそうです。

最近は「檍」のせいで、とんかつを塩で食べるのにも慣れましたが、自分は基本的にはとんかつにはソースが好きなので全く問題ありません。

それにしても待ちます。
taiyo_bill
少々時間はかかりますが一生懸命作っています ご了承下さいませ お客様各位 店主

と壁にあります。料理人は誰でも一生懸命作っているのでしょうが、ここまで丁寧に作っているのを目の当たりにしたことはないので納得です。待ち時間が長いのは仕方ありません。

20分ほど待ってようやくロースカツがやってきました。

当日頂いた上ロースカツ定食

taiyo_cutlet2
見るからに美しいとんかつです。
taiyo_misosoup
最初にとん汁をすすりますが、ここで少し驚きます。節系が強いのです。

豚だけでも美味しい出汁がでるはずですが、ここにも店主のこだわりが感じられます。

そして先程の中華ドレッシングをかけてキャベツを頂きます。微妙な酸味や辛みがあり美味しいです。そして、いよいよとんかつを頂きます。
yamaichi2
やはりとんかつの醍醐味はこの脂身!と考える自分にはたまらないジューシーさです。そして衣のサクサクぶりはすごいです。

だいたい揚げ物の衣はサクサクと表現しますが、「たいよう」の衣はサクサクの最上級です。
taiyo_cutlet3
そして、この脂肪のそこまでのっていない箇所、脂肪ほどは好きでないのですが、程よく締まってなんかもっちり感があります。もち豚とはこのことなんですね。
taiyo_rice
そしてご飯が少し固めで完璧です。カレーなどの少しご飯を固め炊くことがありますが、とんかつでここまで良い塩梅の炊き具合はあまりありません。
taiyo_picles

taiyo_cabbage
キャベツはお替り可なので途中で頂きました。

いやいや、最後まで大満足のとんかつでした。

元々、美味しいとんかつは職人芸ですが、ここまで職人を感じる店も珍しいと思いました。

和豚もちぶたとは?

和豚もちぶたと言われて浮かぶ店は個人的には溜池山王の「まさむね」です。
IMG_7435
和豚もちぶたが美味い!溜池山王の「とんかつまさむね」

こちらも大好きな店です。

和豚もちぶたのホームページでその特長を調べてみました

和豚もちぶたとは

和豚もちぶたは一般豚に比べ、うま味成分であるアミノ酸のひとつとされる「グルタミン酸」や、脂の酸化を防ぐ作用のある「ビタミンE」を多く含んでいます。そのため、一般豚よりうま味成分が多く、美味しさを長持ちさせる舌触りの良い肉質を持っています。

グルタミン酸=旨味成分が一般豚の2.7倍含まれているとか。

蒲田の「とんかつ 檍」が好きすぎて、好きな豚のブランドといえば林SPFなのですが、それにこわだわず色々なブランド豚を味わってみたいと思います。

もち豚とんかつ たいようとんかつ / 武蔵小山駅西小山駅戸越銀座駅夜総合点★★★★ 4.2

   にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2018 All Rights Reserved.