B級孤独のグルメ

赤坂「天茂」昭和39年の創業の老舗で絶品のかき揚げ丼のランチ

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
2019年7月月間12万アクセス突破! 日本一のグルメブロガーを目指しています。 東京は世界一のグルメ都市!東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。 ほぼB級1人グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!

赤坂「天茂(てんしげ)」とは?

赤坂「天茂」は昭和39年(1964年)創業の老舗。

現在、揚げ場に立つのは二代目店主の高畑粧由里さん。女性の店主は珍しいと思いますが、その辺の事情はこちらの記事に詳しく書かれていました。

東京港区赤坂で昭和39年の創業以来、53年にわたり、多くの天ぷらファンの舌をうならせている「天茂」二代目、高畑粧由里(たかばたけ さゆり)さんのメッセージをご紹介します。
「天茂」は、銀座の老舗「天一」で修業を積んだ粧由里さんの父・倉重富夫(くらしげとみお)さんが創業しました。粧由里さんはもともと、中高一貫校の教師として英語を教えていましたが、30歳の時に富夫さんが病気になり、夜は助手として「天茂」の揚げ場に立ち始めることになりました。

父富夫さんが病に倒れのをキッカケに教師を辞めてこの道に入り、お店を継いだのは33歳の時だそうです。

この話は有名で、自分もこの記事ではなく新聞か雑誌で読んだことがありました。

高畑さんは英語教師だったのですね。自分も英語を教えて生計を立てているので親近感がわきます。

さて、この「天茂」。もちろん夜は高級店の価格(コース7,000円~)なのですが、ランチは天丼でリーゾナブル。

と聞いていたので行きたい店リスト入れておいたのですが、先日ようやく行く機会に恵まれました。

赤坂「天茂」の外観、ランチメニュー、店内の雰囲気

赤坂日枝神社の手前にある山王下(日枝神社入り口)信号から赤坂駅方面に少し進んだビルの二階に「天茂」はありました。

老舗だから入りにくいような雰囲気はなく、むしろ庶民的な感じです。

中に入るとカウンター席に案内されます。コの字型になっていて15席ほど。中で天ぷらを揚げているのが見える仕組みです。13時で席は半分くらい埋まっていました。

他に6人掛けと4人掛けのテーブル席があります。一息ついたところだったみたいで高畑さんの姿はありません。

お茶を一口頂いてメニューを見ます。

【 赤坂「天茂」のランチメニュー 】

かき揚げ丼(小エビと小柱のかき揚げ) 1,400円
天丼 (穴子とキス) 1,400円
味噌汁(赤だし)100円
ビール 600円

ランチメニューはかき揚げ丼と天丼の2種類のみ。かき揚げの方が人気と食べログの記事で読んでいたので、かき揚げ丼に赤だしを注文しました。

実際に周囲を見るとかき揚げ丼を食べている人の方が多かったです。

そして、高畑さんが登場。挨拶をしてから調理スタートです。

店員さんは高畑さんとお母さん?ともう1人女性で計女性3人で切り盛りしています。

建物は古くても味があって良い雰囲気です。

ただし同じ建物によっても状況によって感じ方は違うもの。自分がそう感じたのはきれいに掃除されていたことと、女性陣の対応が良かったのも関係していると思います。

それにしても後からどんどん客が入ってきます。半分くらいあった空席はいつの間にかなくなっていました。

さて、揚げるのは高畑さんであっても最後はお母様と思われる方がタレをつけるというルーティーンのようでした。自分のかき揚げ丼も運ばれてきます。

 

 

赤坂「天茂」で頂いたランチかき揚げ丼と味噌汁(赤だし)

ごま油の香りがそれとなく漂います。

味噌汁(赤だし)@天茂 赤坂

 

最初に味噌汁を頂きます。しじみの出汁が良く効いていて美味しい。

かき揚げ丼@天茂 赤坂

 

そして、かき揚げ丼を頂きます。

おおっ、こういう食感か。

衣は少しほわっとしてふっくら。少し弾力があります。小柱も海老も高密度につまっています。最初に小柱を感じてから海老という感じですが、海老のぷりっとした食感がたまりません。

海老は小ぶりなのに主張があって美味しいです。つゆはほどよく控えめな味付け。油はもたれるような感じはなく、実に良い感じ。

最初の見た目はそこまですごいように思えなかったのですが、良い素材と職人技が詰まった美味しい天丼でした。

ご飯の量は男性には少なめかもしれません。

帰りに高畑さんから大きな声で挨拶されます。それはすごく通る大きな声でさすが元英語講師だなと思いました。英語を話すには大きな声量は必須ですからね。

赤坂「天茂」の行き方と営業時間

赤坂駅が最寄りですが、赤坂見附駅や溜池山王駅からも5分くらい。自分は日枝神社を少し見てから行きました。

本文にも書きましたが、山王下(日枝神社入り口)信号から赤坂駅に向かう道の右側にあるビルの二階です。

〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目6−10

【 赤坂「天茂」の営業時間 】

11:30~14:00(L.O.)/ 18:30~22:00(L.O.20:30)

定休日 土曜日、日曜日、祝日

赤坂「天茂」の感想と食べログ採点

【 赤坂「天茂」の感想 】

・気取らない老舗といった店内の雰囲気が良い感じ。気が利くサービスも好印象。

・かき揚げ丼は見た感じは地味に見えなくもないが、美味しくて驚いた。職人技が詰まっているせいだと思われる。

・そこまでボリュームがあるわけでないかき揚げ丼が1,400円は少し高めだが、総合的には納得できる範囲。

天茂天ぷら / 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
2019年7月月間12万アクセス突破! 日本一のグルメブロガーを目指しています。 東京は世界一のグルメ都市!東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。 ほぼB級1人グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.