B級孤独のグルメ

函館「うにむらかみ」で1杯6,000円超え!うに丼 エゾバフンウニとムラサキウニ

WRITER
 
キタムラサキウニ@うにむらかみ 函館本店







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2021年6月 月間285,243 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

うにむらかみとは?

先日一泊二日で函館旅行してきました。

姉妹ブログに函館旅行のダイジェストをまとめましたのでこちらもぜひご一読下さい。

さて、旅行が決まってからいつもごとく食べるものを中心に函館を調べます。函館と言えば代名詞とも言える海産物はもちろん、函館塩ラーメンが有名。

いくつかYou Tube番組を見るとやはりその2つがメインですが、特に気になったのが「うにむらかみ」。ここのうにが超美味しいらしい。

東京でB級グルメな自分が1番好きなチェーン店が回し寿司「活 美登利」。

手頃な値段でどれも美味しくボリュームもすごい。最高の寿司屋ですが、うにだけは正直イマイチです。

この店に限らず最近は何か少し「違う」うにばかり食べていたので本物を食べてみたいと思っていました。

 「うに むらかみ」はミョウバン不使用で無添加が売りだとか。その言葉を聞いた時、自分が東京で食べているうには添加物のせいで不味くなっているのかと瞬間的に思いました。

また、旅行前に会った友人に「うに むらかみ」の話をすると、最近テレビで菊池桃子さんが勧めていたを見たとのこと。

2021年6月9日に放送された「あいつ今何してる?」で菊池桃子さんが「うに むらかみ」を紹介したようです。函館で偶然に食べたらあまりの美味しさに衝撃を受けたとか。

うむ。そうでなくても行くつもりだったのですが、これで行くことが確定。

ランチでも予約した方が良いとの情報があったので、自分としては珍しく数日前に電話で予約してから「うに むらかみ」に向かいました。

なお、「うに むらかみ」はAmazonで取り寄せることができます。

 

うにむらかみ 函館本店の外観、メニュー、店内の雰囲気

羽田から登場したANA機は定刻通り11時15分に函館空港に到着。11時半発のシャトルバスに乗り12時くらいに宿泊する「ラビスタ函館ベイ」に到着。

「うにむらかみ」は12時半に予約したのでちょうど良い感じです。

さて、ホテルの受付で「うにむらかみ」の場所を聞くと「アパホテル」の隣と言われます。

外へ出るとすぐに少し離れた所に「アパホテル」が見つかったのでそれを目印に歩きます。

ただ確かに「アパホテル」の近くに「うにむらかみ」はありましたが、

うにむらかみ 函館駅前店の外観

うにむらかみ 函館駅前店の外観

 

支店でした。汗。予約していると言うと店員さんが怪訝な顔をしたので分かりました。

ただ本店も数分しか離れていません。

店が密集した感じのところが函館朝市。

その突き当りを左に曲がった所に「うにむらかみ」の本店はありました。

うにむらかみ 函館本店の外観

うにむらかみ 函館本店の外観

 

JR函館駅からも徒歩5分くらいの場所です。

ちなみに「うにむらかみ」の店舗が合計3店舗。函館のこの2店の他に札幌に支店があります。

看板には大きく「うに丼」と書かれています。

うに入り海鮮丼、雲丹の天ぷら、ウニグラタンとありますが、目指すは無添加生うに丼です。

5,610円!ですが、今日は値段を気にしないつもり。

中に入るとびっくり。空いています。空いている店で「予約した○○です」というのは少し変な感じ。

奥のボックス席のようなところに案内されました。1名で4名分のスペースです。

お茶に箸。後から思うとスプーン的なものが欲しかったかも。

さて、店員さんからこの日からエゾバフンウニが解禁されたと告げられます。ラッキーと思ったのですが。

なんと事前の予習ではなかった「食べ比べ丼」なるものもあります。こちらは6,050円。むむっ。

店員さんに尋ねると、エゾバフンウニとキタムラサキウニのミックスとか。見栄えも良いしこれにするか。

なお、前菜セットやウニグラタンも魅力的でしたが、この後すぐに函館ラーメンを食べにいくつもりなのでパスします。またビールも微妙な味覚が変わってはいけないので飲みませんでした。

 

 

うにむらかみ 函館本店で頂いた食べ比べ丼(エゾバフンウニ+キタムラサキウニ)

第一印象は小さいな。

値段が値段だけになんとなく大きいものが来るかと思ったのですが、足しても70g。こんなものですよね。

なお、味噌汁はお代わり自由とのことでした。

食べ比べ丼(エゾバフンウニ+キタムラサキウニ)@うにむらかみ 函館本店

食べ比べ丼(エゾバフンウニ+キタムラサキウニ)@うにむらかみ 函館本店

 

こちらが後から紫蘇を撮ってひっくり返した写真。

オレンジ色のものが利尻・礼文島からやってきたエゾバフンウニ。

エゾバフンウニ@うにむらかみ 函館本店

エゾバフンウニ@うにむらかみ 函館本店

 

塩水なのでそのままでも味付き。

黄色いものが函館産のキタムラサキウニ。

キタムラサキウニ@うにむらかみ 函館本店

キタムラサキウニ@うにむらかみ 函館本店

 

こちらは味はついていないとのこと。

さて、エゾバフンウニから頂きますが、箸ではつまみにくいですね。後からスプーンを頼んだ方が良いかと思います。

なんとかつまんで頂いたエゾバフンウニ。めちゃくちゃ甘くて苦味などのクセがなく美味しいなぁ。舌触りは高貴な感じすらします。

一方キタムラサキウニは結構苦い。苦いといっても嫌な苦味ではないですが、通好みという感じ。素人的にはエゾバフンウニの方がわかりやすく美味しく感じました。

あと、食べていて気になったのがご飯。ご飯を多くつまむと雲丹の旨味がご飯に消されます。うーん。うに丼はうにを食べる最高のスタイルかと思ったのですが、ご飯ですら少し邪魔に感じました。

そして気づくともう終了。うにもライスも少ないから当然なんですが。快感は一瞬でした。

うに丼はさほど待たずに来たので店に入ってから15分ほどで退店。

消費税は内税。クレジットカードは使えました。

うーん。エゾバフンウニは美味しかったし、行ってよかったなと思いましたが、うにを満喫するには200gは食べたいかも。もちろんごはん抜きで。それだといくらになるのかな?

牛ステーキもそうですが、超高くて美味しいのは当たり前。ただそこそこ高くて十分に美味しいものもありますよね。

うにむらかみのうには最高級ステーキレベルのクオリティと思います。B級グルメとしては値段は抑えめでそこそこ美味しいうにを狙うべきかな?とも思いました。

 

 

うにむらかみ 函館本店の行き方、営業時間、お取り寄せ情報、食べログ採点

〒040-0064 北海道函館市大手町22−1

JR函館駅より、徒歩3分(函館朝市の仲通り突き当り)

【 うにむらかみ 函館本店の営業時間 】

昼の部  9:00~13:30 【ラストオーダー13:00】
夜の部 17:00~20:00 【ラストオーダー19:30】 ※揚げ物・焼き物 各L.Oの15分前まで

昼の部・夜の部とも予約可。

定休日 水曜日・火曜日

こちらも参考にどうぞ。

2021年は7月に三越日本橋、8月に新宿高島屋の物産展に出店するようです。

店舗で注文することもできるようでした。

 

 

 

うに むらかみ 函館本店魚介・海鮮料理 / 市役所前駅(函館)函館駅前駅函館駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2021年6月 月間285,243 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2021 All Rights Reserved.