B級孤独のグルメ

「銭場精肉店」大井町で一番!美味しいランチ。サービスもGood!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

大井町のランチ事情 ハンバーグはレベルが高い店多し!

地元の大井町の店を紹介することが多いせいで、弊ブログの読者の中には大井町をグルメな町と思われている方がいますが、残念ながらそんなことはありません。

大井町グルメは東京では平均的な方でしょう。

新橋や蒲田よりは確実に劣りますが、品川や大森と比べてはっきり劣る訳ではありません。他の町をいろいろ思い浮かべてもやはり普通という評価が妥当だと思います。

ただ大井町のランチに絞るとハンバーグの充実ぶりが素晴らしい。ランチハンバーグなら他の町の挑戦も喜んで受けます。

特に今回紹介する「銭場精肉店」「B&M 151A」「ビストロモザール」の3店のランチは誰にでも自信を持ってお勧めできます。(他にもハンバーグの良店はあります)

この3店は甲乙つけがたいくらい良い店ですが、その中で無理に1位を選ぶとなると銭場精肉店です。

銭場精肉店の黒毛和牛100%ハンバーグ

 

銭場精肉店は接客が素晴らしい

銭場精肉店には長年通っているのに良い思い出しかありません。

ランチはハンバーグ以外にも種類が豊富でどれも美味しい。夜の焼き肉も絶品。そして、特筆すべきは大井町随一のサービスの良さ

ランチに短い間滞在するだけでもお腹だけでなく心も満たされます。

自分はランチは1人で行くことが多いのですが、1人だと残念ながら扱いが悪くなったり存在を忘れられる店は確実に存在します。

その点で銭場精肉店のオネエ風の店長の気配り・目配りが素晴らしい。1人1人に対する接客が丁寧でかつハートフルです。

そんな店長からしっかり教育されているせいか、店員も全員感じが良い。

お昼に1,000円以下で良いサービスを要求するのは図々しいことでしょうが、銭場精肉店なら素晴らしいサービスを享受することができます。

銭場精肉店の人気が上昇中

銭場精肉店は駅前の「きゅりあん」の裏にあり大井町駅からはほんの数分ですが、二階にあるのはかなりのハンデのようで好立地とは言えないようです。

2011年の開店当初から通っていますが、当初は本当に空いていました。

また内装がワインバーを居抜きで使っているため、おしゃれではありますが昼間に行くには違和感があります。椅子も食事をするには不向きなソファーがあったりします。

銭場精肉店の店内は昼でもこの明るさ

 

これらのハンデ故か、すぐに人気爆発という感じにはならなかったのですが毎年じわじわと人気が上昇。去年くらいから満席で入れないという事も何度か経験。

そして、最近は初めて階段下に行列があるのを発見しました。

先月(2018.9.15) 放送された出没「アド街ック天国 大井町」で銭場精肉店は5位にランクインしたことも大きいかも知れません。

(厳密には第5位は「焼肉激戦区」というくくりで「やきにく 萬舌」と共にランクイン)

長年のファンとしては行列ができるのは嬉しいですが、簡単に食べられなくなりそうなので複雑な心境です。

銭場精肉店のランチを詳しく紹介

ランチはハンバーグだけでなく、ステーキのメニューも充実しているのですが、今回は黒毛和牛100%のハンバーグランチ、煮込みハンバーグに加えて裏メニューもいうべきミートソースとカレーも紹介します。

「肉屋」のミートソースとカレーは専門店に負けないくらい絶品です。

ランチのスープとサラダ

サラダとスープの組み合わせは開店当初から変わっていません。

サラダはニンニクチップがのった少し酸味のあるドレッシング。スープはコンソメです。

黒毛和牛100%ハンバーグランチ

まずは看板メニューである黒毛和牛100%ハンバーグ。

ホームページにはこのように紹介されています。

和牛の味のある部位を使用し、毎日2度挽きし手ごねしています。和牛本来の味わいが楽しめるように調理しております。

たっぷり玉葱と赤ワインでじっくり煮込んだ自家製オニオンソースとの相性も抜群です!!

繋ぎの少ない肉肉しいハンバーグというのが特徴です。

ハンバーグを持ってきてくれる時は必ず「お切りしましょうか?」と声がかかります。

そして半分はオニオンソースをかけてくれ、半分は塩コショウを勧められます。

オニオンソースの完成度は高く美味しいですが、生食感のある和牛には塩コショウの方が合うと思います。

中を切るとこんな感じなのでお好みで溶岩プレートでしっかりと焼くこともできます。

シンプルに和牛の美味しさを楽しめる完成度の高いハンバーグだと思います。

都内の美味しいといわれるハンバーグの有名店にも何店か行っていますが、全然引けを取られないだけでなく、上回る美味しさだと思います。

これでライス・サラダ・スープ付きで850円はコスパも最高です。

ミートソースパスタ

実はこれが大好きなメニューで定期的に食べたくなります。

とにかく5時間煮込んだというミートソースが濃厚で、ふんだんに和牛を使っているのですごく贅沢な一品です。赤ワインと牛肉の融合が高貴な感じがするほど。

パスタは平打のフェットチーネで表面積が大きい分、ソースがよく絡みます。

チーズはリクエストすればその場で削ってかけてくれます。自分はいつも目一杯かけてもらってますが。

唯一の欠点は1,200円もすること。かつては1,000円でお釣りがきたのですが、このクオリティを考えてたら仕方ないのかもしれません。

ミートソースなのに食後は「肉食べたなぁ」という感じになります。

ビーフカレー

カレーも最高に美味しいです。

カレーの出汁に牛肉は最高ですが、それに加えてとろとろの牛肉もこれでもかと入っています。

パスタ専門店に負けないミートソース、カレー専門店に負けないカレーが食べられるが銭場精肉店です。

煮込みハンバーグ

これは最近食べたメニューですが、限定なのかなぁ?

ビーフシチューにハンバーグが浮かんだようなものです。

こちらもその場でチーズを削ってもらえます。とろとろの卵も美味しい。こちらも定番メニューになるのでしょうか?

銭場精肉店の行き方

〒140-0011 東京都品川区東大井5丁目14 東大井5丁目14−19 ISOLA大井町2F

駅から数分ですが地元の人でも迷うかもしれません。

大井町駅中央改札口からだと、出口を出て左に進みヤマダ電機 / きゅりあん のところで一階に降りると西友があります。西友の周りを右回りに少し進むと、左前方に右方面に伸びる細い道が見えます。

そこを少し進んだ2階に銭場精肉店はあります。道路を挟んで目の前の一階はジャンボ白田の「串カツ しろたや」です。

[ 銭場精肉店大井町店の営業時間 ]

17:00〜24:00(L.O23:00)
11:30〜15:00(L.O14:30)

日曜営業

基本は無休ですが、お盆や年始年末は休むことがあるみたいです。

 

ところで銭場精肉店は五反田に続き、最近は渋谷にも店舗を出したみたいです。

こちらも行ってみたいですが、大井町店の夜の焼き肉はご無沙汰なので近い内に行ってみようと思います。

 

大井町銭場精肉店焼肉 / 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅
昼総合点★★★★ 4.4

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2018 All Rights Reserved.