B級孤独のグルメ

東京の【タイ料理】の代名詞 1985年創業の老舗 新宿「バンタイ」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

新宿「バンタイ」とは?

新宿「バンタイ」は1985年創業。2020年で35周年を迎えるタイ料理の老舗です。

バン(ban)はタイ語で「家」。バンタイで「タイの家」という意味。

1985年と言えばあの歴史的なプラザ合意があった年。1ドル=360円だったレートは1985年でも1ドル=250円前後ありましたが、プラザ合意後数年に半分以下になってしまいました。

急激な円高によって輸出産業は大打撃を受けましたが、逆に海外旅行は急に身近なものになりました。

タイに行く日本人が増えるにつれて日本のタイ料理もどんどん身近なものになりました。

1985年以前は仕事の出張でもない限りタイに行く人は今とは比べ物にならないほど少なかったと思います。

「バンタイ」がオープンした当時、タイ料理は日本人にとってさぞ珍しいものであったはず。

そんな訳で東京のタイ料理の草分け的な存在でも新宿「バンタイ」ですが、とても使い勝手の良いの良い店です。

ランチは700円から。東京のタイ料理はランチで1,000円を超える店も多いだけにこの値段はありがたい。

またディナーもリーゾナブルで種類も。しかも広いので大人数の飲み会にも使えます。自分もかつて6名ほどのディナーで利用したのですが全員から高評価でした。

まあ正直なところ、すべての料理が激ウマという感じではないですが、水準以上。これも使い勝手が良いと考える理由です。

さて、今回は1年ぶりくらいですが、バンタイへは5回目の訪問になりました。

 

 

新宿「バンタイ」の外観、ランチメニュー、店内の雰囲気

新宿駅東口を出て、西武新宿駅に近い歌舞伎町一番街を少し中に入ったところにバンタイがあるビル(第一メトロビル)があります。

バンタイは3階です。歌舞伎町らしく様々な店が混在したカオスがビル。

しかし3階を降りるといかにも仏教な感じ重厚な店構え。扉を開ける時はいつも少し緊張しますが、中には開放的な空間が広がっています。座席はなんと110。

時刻は14時を過ぎていますが、ほとんどのテーブルは埋まっており熱気を感じます。

しばらく待って奥の空いているテーブルに案内されました。

彫刻があしらわれた木彫りのテーブルと椅子が良い感じです。

ランチメニューは豊富。

東京のタイ料理は特にランチだとどの店でも定番だけを揃えたような感じが多いですが、「バンタイ」では普通の店では見かけない料理も多い。

前回はグリーンカレーだったので今回はパッタイを頼むことにしました。

どのメニューもテプラが貼ってありますが消費増税後50円値上げしたのかな?それでも全体的に安い感じです。

なお、定食にはスープ、サラダ、タピオカ ココナッツミルク付き。

それにしても店の調度品は見事。すべてタイから持って来たのでしょうが最初は大変だったでしょうね。ただ(おそらく)30年使って味が出てきた雰囲気も醸し出しています。

さて、10分ほど待ってパッタイが到着します。

 

 

新宿「バンタイ」で頂いたもの

パッタイ (焼きビーフン)

サラダはタイ風でもなんでもなく日本風。こちらの店は一部の料理でジャポニカ米を使うなど価格を抑えるところは抑えています。

スープはまるで辛くないスープ。むしろ独特の円味があって甘い感じですが、香辛料のクセも感じます。これは何スープかは分かりませんがタイのスープなんでしょうね。

パッタイ@バンタイ 新宿

 

そしてパッタイ。

パッタイといえば海老のイメージがあるのですが、こちらは細切れの豚肉がたくさん入っています。

火はしっかり通っていて熱々。辛さは控えめですが独特に甘辛く酸っぱい感じはよく出ています。干しエビとナッツも良い感じに効いています。

激ウマではないですが美味しいです。

最後は安定のタピオカ ココナッツミルク。今流行のタピオカミルクティーだとタピオカ(実は高カロリー)が大きすぎて太る心配がありますが、このサイズなら安心。

ゲンキョウワンガイ (鶏肉入りグリーンカレー)

グリーンカレー@バンタイ 新宿

 

グリーンカレーはかなりレベルが高いと思います。結構辛いですが、ココナッツミルクの旨味が程よく、具材もたっぷり。お勧めです。

 

 

新宿「バンタイ」の行き方と営業時間

新宿駅東口を出て歌舞伎町の左端にある歌舞伎町一番街を少し入ったところにあるビルの3階に「バンタイ」はあります。

〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目23−14 第1メトロビル3F

JR新宿駅東口から5分くらい。西武新宿駅からは3分くらいです。

【 新宿 バンタイの営業時間 】

月~金 11:30~15:30(L.O.15:00)/ 17:00~23:45(L.O.23:00)
土・日・祝 11:30~23:45(L.O.23:00)

定休日 無休

新宿「バンタイ」の感想と食べログ採点

【 新宿 バンタイの感想 】

・ランチはとてもリーゾナブル。全部が激ウマという訳ではないが水準以上。

・タイの調度品をふんだんに使った雰囲気が最高。なにかとてもくつろげる。

・広いので飲み会にも使える。何かと使い勝手の良い店。

 

バンタイタイ料理 / 新宿西口駅西武新宿駅新宿駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.