B級孤独のグルメ

「リンガーハット」限定の「海鮮とくちゃんぽん」は値段が手頃で美味しかった話

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

リンガーハットにあまり行かなくなった理由

10年以上前はよくリンガーハットに行ったものです。

もともと長崎ちゃんぽんは大好きだし、野菜がたくさん取れるのも嬉しい。そして何よりも値段が手頃でした。

詳細は覚えていませんが長崎ちゃんぽんが350円の時期もあったと記憶しています。

ただこれだと十分な利益は出ません。ここからリンガーハットは格安路線から高級路線に大幅な業態転換。

国産野菜の導入などを理由を値上げを繰り返し、現在の長崎ちゃんぽんは税込み650円です。

一時期よく食べた野菜たっぷりちゃんぽんは800円超え。ファーストフードしてはかなり高額になってしまいました。ある程度の値上げは納得でしたがここまでいくと。。

それでも条件によってはこの価格でも手頃と言えなくもないと思いますが、自分があまりリンガーハットでお金をかけたくない理由は2つあります。

①ほぼ全ての調理が機械化されており人間の手によるものではない。

②国産野菜と使っているのは健康に留意しているはずだが、スープは結構な量の化学調味料を使用している。

①の機械化に関してはメディアでもよく取り上げられていて、人による料理の力量の差が出ないことを意図していると説明されています。

確かに機械にしてはよく出来ていますが、機械が作ったものを積極的に食べたいとは思わないという心情的な理由と、例えば「餃子の王将」などしっかり人間が調理しているチェーン店の方がはっきり美味しいという理由で減点。

②は健康にこだわるなら無化調でここまでの味を出しましたくらいの事をして欲しいなと。

また、度重なる値上げの理由として必ず「野菜価格の高騰」があげられますが、そこまで野菜の価格が右肩上がりでずっと上がり続けているかな?という疑問がありますし、契約農家との一括買い上げみたいなやり方で価格変動の影響を抑えられないのかな?という疑問もあります。

簡単にまとまると、価格に見合う商品を出していない=コスパが良くない(悪くなった)という理由でリンガーハットから足が遠のいた訳で、自分の周りにも同じ意見の人が結構いますね。

 

 

リンガーハットの370円定食は大失敗?

そんな訳でリンガーハットから足が遠のいていた自分ですが、昨年夏に370円の餃子ランチを発売という話を聞いて久しぶりに店舗に行ってきました。

度重なる値上げが業績不振を招き、リンガーハットとしても低価格商品を投入せざるを得なくなったわけです。

ただメディアでは話題になったものの、店内では370円の餃子ランチをアピールするようなものはなく、リンガーハット自体も苦肉の策であまり乗り気でなかったのかな?と感じました。

その後「プレジデントオンライン」ではなぜリンガーハットの「370円定食」は壮大にスベったのかという記事を出しています。一部を引用させて頂きます。

目玉の「薄皮ぎょうざ定食」が不発

新メニューの目玉になっていたのは「薄皮ぎょうざ定食」だった。問題はここにある。370円と、確かに安いことは安い。ただ、リンガーハットの売りはちゃんぽんと皿うどんであって、餃子ではない。「リンガーハットの餃子がおいしい」というイメージはあまり強くない。そんな位置づけの餃子をちょっとした低価格で販売したとしても、大きなインパクトは与えづらい。また、量が少ないため、一般的な男性客にとってランチとしては物足りないだろう。

ここに全て理由が書かれていますね。リンガーハットの餃子はちゃんぽんよりは明らからに劣ります。(機械化の限界を感じます)

また値段の分量が少ない。

これからもリンガーハットは様々なプランを打ち出してくると思いますが、個人的には業績回復の即効薬に関してはちゃんぽんの値下げに勝るものはないと感じます。

100円くらい値段を下がれば離れていったファンも戻ってきそうな気がしますが。

 

 

リンガーハットで興味深い限定メニューを発見

さて、先日の夕食時、大井町阪急の1階にあるリンガーハット付近にいました。

とくにリンガーハットに行くつもりはなかったのですが、気になるメニューを発見。

「海鮮とくちゃんぽん」。美味しそうだな。しかも値段は税込み660円。お手頃価格です。

現在は長崎ちゃんぽんが650円だから10円しか違いません。これを食べてみようか。

ちなみにもちろん現在では店内でも食べられますが、

リンガーハットのメニュー

リンガーハットのメニュー

 

テイクアウトにも力を入れているようですね。

リンガーハットのテイクアウトメニュー

リンガーハットのテイクアウトメニュー

 

こちらに書かれているように皿うどんはテイクアウトと相性が良さそうですが、ちゃんぽんはどうなのかな?

それはともかく入店。店内の手前に券売機があります。

券売機でも海鮮とくちゃんぽんはすぐに見つかりました。

カウンター席に案内されます。

一部使えない席がありました。

卓上の調味料はこんな感じです。

必要なものが最低限揃っている感じでした。

 

 

リンガーハットで「海鮮とくちゃんぽん」を食べてみた

器も通常のものと少し違うのかな?

海鮮の具はエビ、イカ、あさりでしょうか?

海鮮とくちゃんぽん@リンガーハット 阪急大井町ガーデン

海鮮とくちゃんぽん@リンガーハット 阪急大井町ガーデン

 

野菜もそこそこ入っています。

スープを飲んで少しびっくり。海鮮混じりの出汁のようで美味しい。

コクが合って良い感じの甘みもあります。化学調味料は控えめな感じ。ほんのり生姜かな?

何か今までリンガーハットで味わってきたスープよりも全然美味しく感じます。

中太ストレート麺はリンガーハット定番の麺で特には変えていないと覆います。

そして海鮮の具。

イカ、海老、アサリは3つづつ。たっぷりというほどでもないですが十分に満足できる量です。

スープの味が染み込んでいて美味しいです。冷凍かな?とは思いましたが。

これが税込み660円なら全然「あり」です。限定メニューだそうですが、レギュラーに加えても良いのではないでしょうか?

さて、少し足が遠のいたリンガーハットですが、元々がファンなだけに今後の動向については引き続き注目していきたいと思っています。

 

 

リンガーハット 阪急大井町ガーデン店 の地図と営業時間

〒140-0014 東京都品川区大井1丁目50−5 阪急大井町ガーデン1F

 

【 リンガーハット 阪急大井町ガーデン店 の営業時間 】

7:00~23:00

定休日 無休

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.