B級孤独のグルメ

新橋「リゴレット キッチン」雲丹のトマトクリームソースが絶品!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。

新橋・銀座のリゴレット キッチン(RIGOLETTO KITCHEN)とは?

東京を中心に数多くの飲食事業を手がける株式会社HUGE(ヒュージ)のイタリアン・スパニッシュのブランドが「リゴレット」です。

HUGEのホームページからリゴレットについて引用させてもらいます。

RIGOLETTO リゴレット

スパニッシュとイタリアンに、その街ならではのエッセンスを加えた、カジュアルダイニング

イタリアのオペラのタイトルが由来の『リゴレット』。
お料理も自家製ピッツァや生パスタなど、本場を彷彿とさせる王道のイタリアンに、イタリア、スペインの地中海料理を取り入れたスパニッシュイタリアン。

スペインの小皿料理「タパス」をはじめ、各店舗にテーマを持たせることで、その街ならではのエッセンスを加えた多彩なメニュー、雰囲気がお楽しみいただけます。

リゴレットは食べログで調べると、六本木、大手町、吉祥寺、横浜、中目黒、二子玉川、仙台、京都祇園、東京スカイツリー、渋谷、そして今回紹介する新橋に店舗があります。(2019年7月現在)

店舗によってコンセプトも少しづつ違う模様。食べログの点数は3.5~3.6が中心です。

先のホームページを見るとどの店舗もオシャレで内装に力を入れているのが分かります。

今回の新橋の店舗もオシャレで雰囲気良し、サービスも良し、コスパ良し。そして何とも言っても雲丹のパスタがすごく美味しく、人気があるのも納得でした。

新橋・銀座のリゴレット キッチンの外観、ランチメニュー、店内の雰囲気

新橋駅からコリドー街と目指します。高架下の「美登利寿司」は相変わらずすごい行列。道路を挟んで右側のビルに「リゴレットキッチン」はあります。

NITTA BUILDING RESTAURANT と書かれた「ニッタビル」の地下を目指します。

螺旋階段かよ!どうせちゃちなものかと思いきや、結構長い。グルグルが続きます。バターになるのを心配しますが無事に到着。

入り口は地下の秘密基地の趣がなきにしもあらず。

“LUNCH SET ALL ¥1,000” とあるので安心して入店できます。

入店すると「いらっしゃいませ」の大きな声の合唱。この店は体育会系?接客のようです。

「いらっしゃいませ」もラーメン店だと男子ばかりで野太い声だったりしますが、この店は女子が多いので可愛らしい感じになります。

少し奥のカウンター席に案内されます。もちろん、荷物を入れるかごも用意されています。

螺旋階段が長かっただけあって天井が高い。開放的な雰囲気です。

眼の前がオープンキッチンになっていて作業するのが見えます。若い日本人男性が中心ですが、1人だけイタリア人女性?ぽい方もいました。

そしてメニューを見てびっくり。種類が豊富で食べたくなるものばかりです。

【 新橋・銀座リゴレットキッチンのランチメニュー 】

LUNCH SET ALL ¥1000 全てのランチメニューにサラダ・ドリンクがつきます

・CHEF’S SPECIAL
シーフードパエリア
仙台和牛のラザニア
サーロインのロースト(160g) +¥300

・SALAD
本日のフィッシュサラダ
丹波地鶏のサラダ
ローストビーフのサラダ +¥200

・PIZZA
マルゲリータ
ディアボラ +¥100
国産ラクシットとしらすのチチニエッリ
カプリチョーザ・ビアンコ +¥100
きのことイベリコ豚のピッツァ
クアトロフォルマッジ
プロシュートとプラータ +¥200

・PASTA
豚バラ肉と塩麹のアーリオ・オーリオ
真牡蠣とブロッコリーのクリームソース
小エビのジェノベーゼ
“幻の蟹”とズワイガニのトマトクリームソース +¥100
真鯛のブッタネスカ
ツブ貝と大葉のペンロンチーニ
“幻の蟹”のレモンバターソース +¥100
ハモと九条葱の山椒ペペロンチーニ +¥100
イワシとういきょうのシチリア風 +¥100
ゴールドラッシュコーンのカチェエペペ
雲丹(うに)のトマトクリームソース +¥200
生ハムとマッシュルームのクリームソース
こだわりトマトのアラビアータ
牛肉のボロネーゼ
トリュフのカルボナーラ

まずシーフードパエリア!さすがイタリアン・スパニッシュですね。仙台和牛のラザニアも美味しそう。

ピザも種類豊富で右前方には立派な窯も見えます。

そしてパスタも種類豊富ですが、驚いたことに「イワシとういきょうのシチリア風」まであります。

先日渋谷のシチリア料理の名店「ドンチッチョ」でようやく食べられたものがランチメニューにあるとは。

そしてカルボナーラはその名もトリュフのカルボナーラ!すごいな。

迷いに迷いましたが、結局「雲丹(うに)のトマトクリームソース」にしました。実はあまり雲丹パスタは経験がなく、一度美味しいのを食べてみたかったんですよね。

ドリンクはフレッシュグレープフルーツにします。ちなみにフレッシュジュースとは濃縮還元ではない生搾りのものですが、本当にそうなのかな?

 

 

新橋・銀座のリゴレット キッチンで頂いたもの

スムージー

なんと最初に一口サイズですがスムージーがきました。

バナナや柑橘系の味も感じます。ちゃんと作っているものですね。

フレッシュグレープフルーツジュース

フレッシュジュース@リゴレットキッチン 新橋

 

うーん。果汁100%であるのは間違いなさそうですが、本当にフレッシュかな?という感じ。だいたいフレッシュなら氷は入れませんしね。ただ味は問題なしです。

サラダ

サラダ@リゴレットキッチン 新橋

 

ドレッシングが美味しいです。何のドレッシングだろ?酸味はあまりなく食べやすい。ボリュームもランチについてくるものしては十分な量です。

雲丹のトマトクリームソース

そして立派なお皿に載って雲丹のトマトクリームソースが登場。

ソースの良い香りが漂います。パスタはリングイネでしょうか?

ウニのトマトクリームソース@リゴレットキッチン 新橋

 

一口頂きます。

おおっ、美味しい!

トマトの酸味とウニの甘味が合わさってなんともマイルドな味わい。コクもあります。

これがモチモチのリングイーネによく絡みます。

このリングイーネも手打ちですね。フェットチーネの手打ちはよくありますが、リングイネは珍しい。

後で気づいたのですが、オープンキッチンにパスタマシンがありました。

ボリュームはあまりないのですが、ゆっくりとじっくりと味わったので満足も長く続きました。

さて、食べ終わると皿を下げるタイミングで、ウェイターがにこやかに登場。

本日のデザートの説明を始めますが、この瞬間ならぜひとも頼みたくなります。

タイミングの良さに感心しました。

本日のデザート

本日のデザート@リゴレットキッチン 新橋

 

左からいちごのショートケーキ、チョコレートケーキ、パンナコッタ フルーツのせ

本当に一口サイズですが、特にチョコレートケーキが濃密な感じで美味しかった。

さて、店内を見回すとやはり女性客が多い。OL風の方もいますが、マダム風の方もいます。

また、コーヒー紅茶はお代わりできるようで、のんびりされている方も目に付きました。

卓上会計。カードで支払いすると海外旅行で飲食したかのごとくレシートは英語でした。

ちなみに通常のランチ1,000円+200円(雲丹)+300円(デザート)=1,500円です。

そして、店を出ますが、出る前にまた驚き。

なんとコーヒーのテイクアウトが無料です。

リゴレットキッチンはどんだけ気が利くんだよ?という感じの素敵な店でした。

 

 

新橋・銀座のリゴレット キッチンの行き方と営業時間

〒104-0061 東京都中央区銀座8丁目2−1 ニッタビルB1F

【 新橋・銀座リゴレットキッチンの営業時間 】

月~金 11:00~翌4:00 (L.O. Food 3:00/ Drink 3:30)
土・日・祝 11:30~翌4:00 (L.O. Food 3:00/ Drink 3:30)
ランチ L.O. 15:00

定休日 不定休(ニッタビルに準ずる)

朝の4時までやっているんですね。

新橋・銀座のリゴレット キッチンの感想と食べログ採点

【 新橋・銀座リゴレットキッチンの感想 】

・雲丹のトマトクリームソースはソースも手打ちのリングイネも絶品。味がしっかりと絡み合うのが素晴らしい。

・内装がオシャレ。天井高くオープンキッチンが見える雰囲気も良し。

・サービスは元気いっぱいの体育会系接客。皆笑顔で気持ち良い。

・ランチ1,000円は内容を考えると銀座でなくてもコスパ良し。

・ランチメニューが豊富でまた食べたくなるメニューがたくさんあった。

RIGOLETTO KITCHENイタリアン / 内幸町駅新橋駅銀座駅
昼総合点★★★★ 4.1

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.