B級孤独のグルメ

人情味あふれる名物女将の名店 反町「自家製麺SHIN」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
2019年7月月間12万アクセス突破! 日本一のグルメブロガーを目指しています。 東京は世界一のグルメ都市!東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。 ほぼB級1人グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!

反町のラーメンストリート。


このどこにでもあるようなのどかな空間に有名ラーメン店がひしめいている。今年行った田ぶしラーメン星印もすごくレベルが高かった。

今回は自家製麺SHINへ。ここも以前からチェックしていた店。Twitterでの評判は上々で、限定も魅力的なものが多い。

昼の13時頃店の前に到着。

奥には大勢の客が目に入るが、手前の席が数席空いているのを確認。

券売機を前に迷う。揚げチキン麺など定番のメニューも独創的だ。

しかし、どうしてもこれ食べてみたい。ということで限定の魚辛担々麺にすることに。

席に座ると元気で豪快な雰囲気の女性が厨房に立っている。この方が名物女性店主であることはすぐに分かった。

そして食券を差し出すと「かなり辛いけど大丈夫?」とフランクに聞かれる。

こういう時は少し迷う。自分は辛いものは好きだが、激辛は無理という感じだからだ。例えば都内の担々麺で5辛まである場合は3辛を選ぶ。

まあ激辛専門店でもないから大丈夫だろうと思い「大丈夫です」と返答した。そして、

ラーメン屋が出すとは思えないくらい本格的な雰囲気の漂う担々麺が登場。

スープをすする。赤いところはよけたせいかさほど辛くない。そして魚介出汁。確かに担々麺に魚介出汁は珍しいかもしれないが、全然違和感はない。美味いわ。

自家製麺も美味い。柔らかいストレートの中太麺は素材も凝っている模様。

そして恐る恐る辛そうな部分も試してみる。確かに辛い。ただ激辛ではなく自分にはちょうど良い辛さだった。挽き肉、ナッツなどもとても美味しい。

残りのスープは昼は無料の半ライスを入れて、

きれいに全部頂いた。

王道の担々麺だった。並みの担々麺専門店だと勝てないレベル。

女性店主の人情味あふれる接客も良かった。そういえばこれだけラーメン屋に行っているのに女性が厨房にいる店はほとんどないし、いたとしてもここまでフレンドリーな感じではない。

担々麺が絶品でレギュラーメニューも気になるし雰囲気もよくまた行きたくなる店だった。 

SHINラーメン / 反町駅神奈川駅東神奈川駅昼総合点★★★☆☆ 3.7

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
2019年7月月間12万アクセス突破! 日本一のグルメブロガーを目指しています。 東京は世界一のグルメ都市!東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。 ほぼB級1人グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2018 All Rights Reserved.