B級孤独のグルメ

【爆弾牡蠣フライ】!牡蠣ぎっしりの巨大カキフライで有名な 人形町「三友」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

人形町 三友 (さんゆう) とは?

人形町の「三友」は昭和45年(1970年)の創業の割烹。

ネットを見るとかつては夜も営業していて、昼も普通にとんかつなどの揚げ物を出していたことが分かります。

しかし現在、冬は「カキフライ」のみ!しかも営業はランチのみで11時から13時半までとわずか2時間半!

しかも限定50食!それでも毎日すごい行列ができているらしい。

カキフライ定食一本で何がそこまで人を惹きつけるのかというと「爆弾カキフライ」と称される巨大なカキフライ。

牡蠣が小ぶりな場合は10個以上、大ぶりな場合は4つほどをまとめて一気に揚げるという聞いたことがないメニューです。

ところで香港の海老ワンタンは海老一色の味なので「でっぷりした海老もあるものだ」と最初は思っていましたが、これは勘違い。実は小さな海老をぎっしり詰め込んだもの。

三友の爆弾カキフライでも同じような感動を味わえるのかな?牡蠣密度が最高に高いのは間違いなさそう。

ということで興味津々。いてもたってもいられなくなり、とある平日の昼に人形町まで遠征してきました。

 

 

人形町 三友の外観、メニュー、店内の雰囲気

いかにも昔の東京の姿を留めた感じの人形町の路地を歩くと少し遠目に長い行列が見えます。

やはり噂通り「三友」の行列はすごいと思いきや、半分以上は隣の「天ぷら 中山」に並んでいるようです。

時刻は12時で「三友」の行列は6名ほど。思ったほどではありません。

「三友」の行列に関してネットでは様々な情報がありました。1時間待ちが当たり前と書いていた方もいましたが、この感じではそこまで待たなくて良さそうです。

参考にこの日の当日の時間経過を書いておきます。

【 人形町「三友」 当日の時間経過 】

12:00 外で6名待ち
12:12 中から女性店員が出てきて注文聞かれる。プラスチックのプレートもらう。
12:14 一気に前の5名が店内に入る
12:28 入店
12:30 前払いで食事代を支払う
12:37 料理がやってくる
12:50 退店

人形町 三友のメニュー

 

メニューはシンプル。カキフライが2個か3個を選ぶのみです。まあ1個が爆弾サイズなんですが。

それでも牡蠣好きとしては選択肢は3個定食しかありません。

【 三友カキフライ ランチメニュー (全て税別) 】

2個定食 1,000円
3個定食 1,300円

ライス大盛り 100円
お替り (普通) 300円
お替り (半分) 182円
キャベツお替り 100円

全て税抜表示なので、税込みだとカキフライ2個定食が1,100円、3個定食が1,430円です。

大盛りやお替りの値段もシンプルと思いきや、お替り(半分)のみ税抜182円という謎の価格です。

注文を決めた際に女性スタッフからプレートをもらいます。

青く「2」と書かれているので、「あれっ、3個頼んだのに」と思いましたがリバーシブルでした。合理的?なのかな。

年季が入った店構えですが、しっかり手入れがされていそう。中もそんな感じで古くても清潔感がありました。

隣には「てんぷら 中山」があり、この辺一帯にごま油香りが漂っていました。

「天ぷら 中山」は「孤独のグルメSeason 2 第2話」の舞台となった店。黒天丼が有名なんですよね。孤独のグルメを見て行こうと思ったのはいつだったか。今度行こう。

さて、並び始めてから30分ほどで入店。

客が退店してからすぐに案内するのではなく、ある程度の人数が出てから案内するスタイルでした。

座席はカウンター席が5席。それに掘りごたつ式の4人用テーブルと+2人テーブルが1つずつありました。自分はカウンター席に座れましたが、テーブル席はほぼ相席のようです。

中は厨房に男性1名、年配の女性1名。

老舗なので年配の方が揚げていると思いましたが違いました。二代目なのでしょうか?

この手の店では店主が静かなこともありますが、この方はとても元気。「ありがとうございます」も「あありがとうございます」みたい感じ少し面白い。

さて、店内に入ってからすぐに会計をするシステムのようで、座ってから数分で支払い完了。

壁には「仕入れ現金につき貸し売りお断りします」と書かれています。

人形町周辺は店によってはツケで食べられるところもあった(ある)のでしょうか?江戸だなぁ。

前払いは、オペレーションをスムーズにするよりもツケを防ぐために念を入れているようにも感じました。

 

 

人形町 三友で頂いたカキフライ3個定食

カキフライ3個定食@三友 人形町

 

こぶし大というほどはありませんが、コロッケだったとしてもかなり大きめで高さもある揚げ物が3つも登場。

これにカキが詰まっていると思うとワクワクします。

味噌汁は豚汁風?に見えたのですが、実際は普通の出汁の効いた味噌汁。ご飯は大盛りにしませんでしたが、個人的には十分な量です。

さて、この物体を箸で2つにしようとしますが、牡蠣なので一部そんなに簡単には切れません。

なんとか切るとこの断面。それぞれに複数の牡蠣が確認できます。

レモンをつけて頬張ると口全体に牡蠣を感じます。すごいなこの感じ。

複数の牡蠣があっても均一に火が通っている感じ。揚げ方も軽い感じで職人芸を感じます。

4分の1くらいになってもこの大きさ。

ただ間違いなく美味しい柔らかい牡蠣ではありましたが、牡蠣のミルクがジワーと出てくるような感じはありませんでした。

そんな感じのカキだったら限りなく高得点をつけられと思いますが。

それはともかく、牡蠣フライを一度にこれだけたくさん食べたことはないかも。牡蠣好きとしては大満足でした。

 

 

人形町 三友の行き方と営業時間

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1丁目10−10−8

東京メトロ日比谷線【人形町駅】徒歩2分
東京メトロ半蔵門線【水天宮前駅】徒歩3分
都営地下鉄浅草線【人形町駅】徒歩4分

【 人形町 三友の営業時間 】

月~金 11:00~13:30

(なくなり次第終了)

定休日 土曜日、日曜日、祝日

人形町 三友の感想と食べログ採点

【 人形町 三友の感想 】

・爆弾カキフライのアイデアは素晴らしい。一度にたくさんの牡蠣を揚げる手法があるとは知らなかった。口の中で牡蠣が充満する感じが素晴らしい。一度行く価値があると思う。

・営業時間が短く行列がすごいと聞いていたのでハードルが高そうだが、自分の行った日は30分ほどで入ることができた。

・揚げ手の方もスタッフの方も接客が丁寧で好印象。

 

三友定食・食堂 / 人形町駅水天宮前駅茅場町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.