B級孤独のグルメ

川崎駅「しまや」カツカレーが絶品!カレーおじさんが感動した話題店

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。

しげP的東京カツカレーベスト3

自分の好きなカツカレーの店ナンバーワンは蒲田の「とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ」。

なんといってもカツカレーのカツに大好きな「とんかつ檍」で使われている林SPFというブランド豚が使われているのだから美味しくないはずはありません。

普通のロースカツカレーが1,000円というのは内容を考えたら神コスパだと思います。

第2位は秋葉原の路地裏の名店「福与志」。とんかつもカレーも絶品で850円!営業時間が短いくらいしか欠点がありません。

第3位は虎ノ門「カツとカレーの店 ジーエス」。旬香亭の斉藤シェフの店です。カレーだけならここが一番かも。スペインのブランド豚を使っていてロースカツカレーが1,300円と少し高いですが。

この3店は自信を持ってお勧めできますが、今回これらの3店に割って入ってきそうな店に行ってきました。それが川崎の「しまや」です。

ヤフーニュース 夏の暑さに「カツ!」カレー、噂の4店

「しまや」を知ったのはヤフーニュースの以下の記事。

もともとは食べログの記事だったようです。

ここでは夏の暑さに「カツ!」カレー、噂の4店が紹介されていました。3番目に「カツとカレーの店 ジーエス」も紹介されていましたが、なんといっても気になったのは2番目の記事。

2. カレーマニアを感動させた「カツカレー」【しまや|神奈川・川崎】
 
テレビやWEBメディアで大人気の“カレーおじさん \(^o^)/”が、久しぶりに想像を超えたおいしさに出合ったというカツカレーがこちら。川崎市にあるスナックを間借りして営業しているカレー店「しまや」の一皿だ。

この「カレーおじさん \(^o^)/」は食べログの超有名レビュワー。食べログのプロフィールはこんな感じ。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。

現在も継続中。年間で約1000食、カレーと名のつくものを食べています\(^o^)/ (年間最高記録は1181カレー)

年間1,000食!2006年から毎日カレーを食べているというのだからちょっとクレイジーな人ですが、レビューはこの上なく的確。いつも参考にさせて頂いています。

そしてこの記事は以下のように締められています。

1,000円以内のカツカレーでは“日本一のおいしさ”とカレー偏愛家を言わしめる味をぜひ堪能したい。

これは行くしかないでしょ?とばかりとある日平日に川崎に向かいます。

川崎「しまや」の外観、メニュー、店内の雰囲気

久しぶりの川崎駅。この日は35度くらいあってクレイジーな暑さ。特に川崎駅前付近はコンクリート・ジャングルというか暑さがこもりがちで一層暑く感じます。

「しまや」はJR川崎駅東口より徒歩9分と食べログにありました。裏路地のスナックを間借り営業しているという記述がありましたが、そこまで寂れた感じはしない通りに店を発見。

この黄色いのぼりに屋根に扉。間違いないでしょう。しかし夜はスナックというのにカレー1色?。まあ夜は暗いから問題のかな。

「しまや」のカツカレーの正式名称は「国産極上ロースカツ&豚バラ煮込カレー」のようです。名前からも只者ではない感じ。

国産豚バラ肉、鶏、野菜、フルーツ 30種のスパイスでじっくり煮込みました。

とあります。

扉の前には川崎フロンターレの中村憲剛選手の写真。もしや彼も常連?と思いきやそうではなく、雑誌「川崎駅ウォーカー」に「しまや」が載ったようで記事もあります。

店の中に入るといきなりカラオケの機械が目に入ります。そしていかにもスナックというカウンター席に座ります。

事前に店がどの程度混むかは分からなかったのですが、この日は13:10でカウンター席に先客1人。奥のテーブル席に2人でした。

ただ後から続々と客は続いたので人気店であるのは間違いなさそうです。

カウンターの奥にいるのでシェフというよりマスターと呼びたくなってしまいますが、マスターは腰の低い穏やかな感じの人でした。

「国産極上ロースカツ&豚バラ煮込カレー」を注文します。後から来た人も全員これを注文していました。

豚はすごく凝っているみたいです。まるでとんかつ屋ですね。

横浜食肉市場のその日のトップクラスの豚肉を超新鮮状態でチルド保管ししすぐ提供。ロースカツはカレーを食べる前に真ん中から塩で食べて下さい。特に、香りと酸味を楽しみ下さい。

低温調理でじっくりと揚げるようで少し時間がかかります。静かになると揚げている音が心地よく聞こえてきます。

そして、5分ちょっとでとんかつが揚がります。

マスターはお皿を出し、最初にご飯をついでからカレーは豚のバラ肉だけを丁寧に置きます。

そしてルーをかけ、そしてとんかつをのせてカツカレーもとい「国産極上ロースカツ&豚バラ煮込カレー」の完成です。

 

 

川崎「しまや」で頂いた国産極上ロースカツ&豚バラ煮込カレー

国産極上ロースカツ&豚バラ煮込カレー@しまや 川崎

 

やはりとんかつの色が只者でない感じ。

少しひっくり返すと低音調理の感じがよく出ています。

最初は何もつけずに頂きます。

おおっ、こんな感じか。

柔らかいのに適度な弾力があります。そしてしっかりジューシーなのにしつこい感じはありません。評判通りカツカレーのおまけ的なかつではなく、美味しいとんかつ屋のかつの感じです。

次に塩をつけて真ん中から頂きます。うん、やはりこれは美味しい。塩が本当に合います。

カレーは上品な欧風カレーといった趣。濃厚で具材は見えることなく旨さを支えている感じ。辛さはそれほどはなく、スパイス感もそれほどありません。

そして豚バラ肉はとろとろの一歩手前という絶妙な柔らかさ。味付けも良いです。

ただカレーは味に関しては文句のつけようがありませんが、見た目のインパクトが弱いので味は変えずに野菜などのトッピングを加えるのもありかと思いました。

また、とんかつもカレーも最高ですが、一緒に食べるとそこまで感動はしません。このとんかつはやはり塩で食べるのが一番美味しい気がします。

とはいえ、とんかつもカレーも最高に美味しかった。これで990円はコスパ最高です。

 

 

川崎「しまや」の行き方と営業時間

神奈川県川崎市川崎区南町1-12

JR川崎駅東口より徒歩9分。路地ですがそこまで分かりにくい感じではありませんでした。

【 川崎 しまやの営業時間 】

月~土 11:00~15:30
日 11:00~16:00

定休 木曜日

スナックの間借り営業なので営業時間は昼間だけです。

川崎「しまや」の感想と食べログ採点

【 川崎 しまやの感想 】

・とんかつのクオリティが高い。柔らかジューシーながら適度な弾力があって本当に美味しい豚。

・カレーも高級な欧州カレー風。肉や野菜の美味しさが溶け込んでいる。

・ただ見た目が少し地味なので、野菜のトッピングがあった方が良いのでは?と思った。

しまやカレーライス / 川崎駅京急川崎駅八丁畷駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.