B級孤独のグルメ

【東京No.1まぜそば】の2号店がオープン「シン・アジト」御茶ノ水

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年10月 月間256,753アクセス!
日本一のグルメブロガーを目指しています。
世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

「アジトイズム」とは?

「アジトイズム」は大井町にある創作そばの名店。

以前は知る人ぞ知る名店という感じだったと思いますが、「TRYラーメン大賞」汁そば部門で4年連続1位。(2019.10.17に発売された「第20回 TRYラーメン大賞 2019-2020」で記録を更新)

更に東洋水産からはカップ麺まで発売されていて、もはや隠れ家(アジト)感は薄れてきたと思います。

その「アジトイズム」が2号店を出したのが今年の4月。

「アジトイズム 新宿ベース (ajito ism shinjuku base)」という名前で隠れ家風でなはなくおしゃれな作り。しかも人通りの多い小滝橋通り沿いにできたのにはびっくり。

店舗は広く、営業時間は長くメニューは本家とほぼ同じという構成。

自分は開店時に行っただけでその後の進展は知らなかったのですが、早くも閉店してしまったとのこと。詳しい理由は分かりませんが見切りが早いですね。

そして今回2019年10月9日に「シン・アジト」と店名を変え、御茶ノ水に移転という話を聞いてびっくり。

「シン・アジト」はメニューも一新したようで今のところ「アジトイズム」と同じメニューはありません。それは気になる。

ということで、開店から一週間くらい経っていましたが、今回「シン・アジト」に行ってきました。

確かにメニューは変わっていましたが、アジトイズムらしさは健在。自分の食べた油そばは上出来で相変わらず美味くまとめるものだなと思いました。

 

 

御茶ノ水「シン・アジト」の外観、メニュー、店内の雰囲気

JR御茶ノ水駅聖橋口を出てすぐの通り。一列ほぼ飲食店といった感じですがこの中に「シン・アジト」はあるようです。

横浜家系ラーメン「魂心家」の左に注意して見ないと気づかなそうな入り口があります。

これか。地下に店舗があるのがアジトっぽい。

ところでここで写真を撮っていると女性の2人組が立ち止まります。「ここ今度行きたい」「えっ、何の店?」「よく分からないけど先週すごい行列だった」

先週は開店記念500円セールをやっていたみたいですね。

狭い階段を降りて右折すると店内が見えてきました。

明るく「いらっしゃいませ」の声がかかります。店内は明るく新宿の店舗同様におしゃれな感じは出ています。

メニューはこんな感じでした。限定メニューはcoming soonとあるので今後はやるつもりでしょうか?

【 御茶ノ水「シン・アジト」の主なメニュー 】

まぜそば(醤油)小・並 790円 中・大 890円
まぜそば(味噌)小・並 790円 中・大 890円
油そば(塩バター)小・並 790円 中・大 890円
〆の豚ライスボール100(11−15時は無料サービス)

油そばが特に気になっていたので迷わずに注文。どんな感じが楽しみです。

自販機の左に紙エプロンがあったのでもらっておきます。

水はセフル。ただ左にはビールサーバーやハイボールのサーバーがあって紛らわしい。ビールサーバーもセフルなのかな?

そして壁にはアジトイズムのカップ麺とフィギュア。大井町から出張中とあります。

 

 

麺は菅野製麺所。これは大井町と同じはず。

そして調味料。少しだけアジトイズムとは違うのかな?

確かゴマはなかったような。後で使ってみよう。

ところで調味料が置かれた場所が個人ブースみたいになっているのですが、ブースは6つで席は8。少し変な感じもしますが、両側から調味料が取れるし合理的なのかな?

はじめてのお客様へという説明書きもありました。

はじめてのお客様へ
シン・アジトは、まぜそばを極めたajito ismが提言する、新しい『まぜそば』をカタチにした専門店です。

■シン・アジトの麺は、粉にこだわっています。
生パスタに使用する小麦粉『ファリーナ・ダ・サローネ』で中華麺を作りました。
まずは麺をひとくち食べて、香りや食感をお楽しみください。

■シン・アジトの『まぜそば』は綺麗な盛り付けを徹底していますが。。。
遠慮なく、徹底的にかき混ぜて食すのがシン・アジト流!!
麺とソースと具材が一体になって味が完成します。
ぜひお試しくださいませ!

■食べ進めたら・・・。
味変に挑戦!!
付け合わせの小皿、卓上の味変アイテムで自由に
カスタマイズをお楽しみください。

麺はなんと生パスタ用の小麦粉を使っているんですね。

またわざわざかき混ぜることを推奨しているおいうことはかき混ぜたくない人がいるのかな?遠慮なくかき混ぜさせてもらおう。

店内は最初の先客は2名くらいだったのですが、気がつくと満席。時刻は18時半頃。そこまで混む時間帯でもないのにこの集客力は出だし好調という感じでしょうか?

10分ほど待って油そば(塩バター)が着丼します。

 

 

御茶ノ水「シン・アジト」で頂いた油そば(塩バター)

えっ、何これ?右のスープです。

思わず店員さんに「これも混ぜるのですか?それとも別ですか」と聞きます。どうやら普通にスープらしいです。

油そば(塩バター)@シン・アジト 御茶ノ水

 

具はでかい!チャーシュー。あとはベビーリーフ、キャベツ、紫玉ねぎ、揚げ玉ねぎといった感じでしょうか?

スープはかつおの強そうな和出汁のスープ。ぬるいのが残念ですがわざとかな?

別皿で粉チーズもついています。この味変はいかにも良さげ。

さて、チャーシューだけ脇においてしっかり混ぜます。

そして一口。

美味い!

タレは塩でバター風味。しっかりした味付けですがしょっぱい感じにならないのは流石のバランス。油もしっかり麺に染み込んでいます。

麺はアジトイズムならでは極太麺。本家と少し違うのかな?ほどよくアルデンテで噛むごとに小麦の旨さが感じられる美味しい麺です。

シンプルな味付けですが、野菜のシャリシャリ感や揚げ玉ねぎの味などが加わり食べる毎に少しづつ食感が変わっていきます。

そして粉チーズを投入。

油そばですがパスタの感じが増します。合うなぁ。ペペロンチーノソースに粉チーズを入れたことはありませんが、意外に合うのかも?と思いました。

そして極厚の豚バラロールチャーシュー。いかにも美味しそうと思ったのですが、少しパサつく食感でやや期待はずれ。もう少しトロトロだと満点ですが。

そして最後にこんな感じでスープが残ります。いかにも〆のご飯と合いそうですが、最近はご飯を食べるとその分体重が増えてしまうので泣きながらパス。

全体的に完成度の高い油そばでした。見た感じよりもずっと繊細な味付けになっていて美味しいのはのは流石アジトです。

 

 

御茶ノ水「シン・アジト」の行き方と営業時間

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4丁目5−2 魂心家御茶ノ水店 地下1F

【 御茶ノ水「シン・アジト」の営業時間 】

11:00~15:00 / 17:30~23:00

定休日 日曜

御茶ノ水「シン・アジト」の感想と食べログ採点

【 御茶ノ水「シン・アジト」の感想 】

・油そば(塩・バター)は繊細な味付けのタレともっちりした極太麺が秀逸。バターの風味や粉チーズの味変も良かった。

・地下の店舗はいかにもアジトながらおしゃれで雰囲気よく、居心地良し。

・混ぜそばや油そば790円は頑張った値段?落ち着いたら値上げなのかなぁ?

まぜそば専門店 シン・アジト油そば / 御茶ノ水駅新御茶ノ水駅小川町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年10月 月間256,753アクセス!
日本一のグルメブロガーを目指しています。
世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.