B級孤独のグルメ

桜木町「三幸苑」1963年創業 日本一旨い!たんめん 学生時代に通った町中華の名店

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。

横浜・野毛 三幸苑 (さんこうえん) とは?

横浜・野毛(桜木町)の三幸苑は1963年(昭和38年)創業。

横浜出身の自分は高校生と大学生の頃に何度も通っています。当時は今とは考えられないくらいラーメン屋は少なく、あっても醤油ラーメンが基本の時代。

タンメンという食べ物はほとんど食べた事がなかったので、三幸苑のタンメンを初めて食べた時は本当に驚きました。白濁したスープが濃厚で旨い。太麺も美味しい。

また、今と違って野菜はあまり好きでなかったのですが、スープに溶け込むと野菜がすごく美味しくなることにも驚きました。

東京に住むようになったこともあり、三幸苑のことは長い間忘れていたのですが、数年前に「閉店」「移転」といった記事をネットで見かけるようになります。

その1つがはまれぽの記事

野毛坂にオープンした「三幸苑」は、移転ではなく新店としてスタート。前店の味を受け継ごうと若い兄弟が切り盛りする、応援したくなるお店だった

そうだったのか。新店扱いなんですね。閉店じゃなくて良かった。場所も旧店舗から遠くない場所のようです。

ということでずっと気になっていましたが、先日桜木町を訪問する機会があり、数十年ぶりの訪問になりました。

そこで頂いた三幸苑のタンメンは絶品そのもの。激ウマでした。個人的には日本一旨いたんめんと言いたくなるほど。

実は懐かしい気持ちが強く再訪した店では「こんなだったっけ?」とがっかりすることが多いのですが、まったく逆で「こんなに美味しかったっけ?」という感想。

東京の町中華の名店と言われる店で結構タンメンは食べていると思いますが、それらより全然上に感じました。

さて、「三幸苑」について少し補足します。

三幸苑の姉妹店は多数あり、神奈川新町店、金沢文庫店、港南台店、平塚市にある店舗、門前仲町にある店舗が確認できました。

なんと門前仲町の三幸苑は町中華なのに寿司!もあるそうでぜひ行っていたいですね。

また、「三幸苑」は2009年12月3日に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」のきたなシュランで三つ星を獲得。

同日には大井町の「ブルドッグ」も同じく三つ星を獲得しているようです。

また、神保町には1956年(昭和31年)の創業の三幸という老舗の餃子店がありますが、漢字も違うしこちらとは無関係と思われます。

 

 

三幸苑 野毛店 の外観、メニュー、店内の雰囲気

桜木町駅からみなとみらいと反対の方へ伸びる大通りを進みます。以前はこの大通り沿いに三幸苑はあったのですが、新店舗は途中で右折するよう。

こちらは坂になっているのかと思っていたらすぐに三幸苑を発見。

「未 たんめん ぎょうざ 三幸苑」とあります。「未」って何?まさか「味」がはみでたの?

帰り際に別の角度から撮影しましたが、奥に見えるのが野毛の繁華街です。

店頭にメニューが。

桜木町 三幸苑 店頭の写真付きメニュー

桜木町 三幸苑 店頭の写真付きメニュー

 

たんめんセットは890円。これは良いなぁと思ったのですが、右上に「ランチタイム」とあります。むむっ。

現在は土曜日の17時半。セットは無理かな。

さて、入店。ちょっと日本語なまりがある女性店員に案内されます。

メニューを見るとセットは無理そう。

桜木町 三幸苑 のメニュー

桜木町 三幸苑 のメニュー

 

念の為に確認しましたが、やはりセットはないそうなのでたんめん(820円)とぎょうざ(半)(260円)を注文しました。

卓上調味料は醤油、辣油、お酢の餃子セットと胡椒、塩など。

店内には数枚の色紙と「中華飲ろうぜ」のポスター。これは最近行った渋谷「長崎飯店」でも見かけました。

テレビでは内村航平選手が映っています。引退イベントだったようですね。この時間はそれほど混んでおらずまったりした雰囲気でしたが、徐々に客が入ってきて賑やかになります。

しばらく待って先に餃子がやってきました。

 

 

三幸苑 野毛店 で頂いた たんめんとぎょうざ(半)

ぎょうざ(半)@三幸苑 野毛

ぎょうざ(半)@三幸苑 野毛

 

焼き加減が良い感じ。半でも4つあります。

断面はこんな感じ。肉汁は出ません。全体としてはあっさりな感じですが、結構ニンニクがしっかりでそのパンチがあります。

ほぼ半餃子を食べ終わった頃にたんめんが到着。

大きめの丼。

白濁したスープ。もやし白菜なども一体化していて絵柄は地味ですね。

たんめん@三幸苑 野毛

たんめん@三幸苑 野毛

 

さて、頂きます。

旨っ。旨いじゃん。

超熱々スープ。コクのあるスープは様々な旨味を感じます。こんなに美味しかったっけ?という感じ。

微妙に貝も感じます。あれっ?これもしかしたらちゃんぽんのスープに似てる?ちゃんぽんは中華料理。似ていても不思議はないですがその発想はなかったので驚きます。

そして麺がすごく美味しい。断面が四角い麺はもちもちして弾力があります。これはなんとなく昔の記憶が蘇りました。こちらはちゃんぽんのように軽い食感の柔麺ではなく食べごたえがあります。

そして野菜。

アツアツに炒められたクタクタの野菜。これは美味しい。またスープに良い感じに溶け込みます。

見た目は地味ですが、スープ、麺、具の全体のバランスは神でした。

いやぁ、美味しかった。

他にも食べたいメニューあったし、門前仲町店で寿司も食べてみたいし。今後三幸苑がブログに登場することが増えそうな予感がします。

 

 

三幸苑 野毛店 の行き方、営業時間、食べログ採点

〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町3丁目135

京急本線 日ノ出町駅 徒歩5分
京浜東北線 桜木町駅 徒歩7分

【 桜木町 たんめんぎょうざ 三幸苑の営業時間 】

平日(火~金)10:30~15:00 / 17:00~22:00
土・日 10:30~22:00

定休日 月曜 (祝日も休業)

手書きの営業時間はマンボウ期間中のものでしょうね。

三幸苑  野毛店ラーメン / 日ノ出町駅桜木町駅馬車道駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。







Copyright© 東京たべある記 , 2022 All Rights Reserved.