B級孤独のグルメ

【秋葉原】黄金色の煮干しスープとレアチャーシューが最高に美味しい!「九十九里煮干つけ麺 志奈田」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

秋葉原「九十九里煮干つけ麺 志奈田」とは?

東池袋の「志奈そば 田なか」は2013年。ラーメン通の間では極めて評価の高い店で自分も数年前に行ったことがあります。

店主は九十九里出身で現在も在住。わざわざ通っているそうです。そのせいか食材も千葉産にこだわっていて、名物の「鯵ニボそば」は動物系のガラ類は一切不使用。

とろみに数種類の昆布を使用したスープはオンリーワンな味わいでした。店主はイタリアンの経験もあるそうで、そのエッセンスも感じました。

その「志奈そば 田なか」が2015年12月30日秋葉原にオープンしたのが「志奈そば 田なか セカンド」。こちらも話題になりましたが2017年6月20日に突如閉店。

その4日後にオープンしたのが「九十九里煮干つけ麺 志奈田」。現在に至ります。

しなそばも「支那そば」ではなく「志奈そば」という表記が珍しいなと思っていたのですが、「志奈そば 田なか」を圧縮して「志奈田」にしたというのが面白い。

また、店主が愛する九十九里も店名の一部になりました。

さて、こちらは店名通りでつけ麺が主軸で、「純濃煮干つけ麺」と「淡麗汐煮干つけ麺」がメインと聞いていました。

秋葉原に向かう当日、当然つけ麺を食べるつもりで濃厚と淡麗のどちらにするか迷っていたのですが、自分でも予想外の展開になりました。

 

 

秋葉原「九十九里煮干つけ麺 志奈田」の外観、メニュー、店内の雰囲気

とある週末の夜に秋葉原駅を降ります。電気街を横断してたどりついた大通り沿いに「九十九里煮干つけ麺 志奈田」はありました。

店内を見ると人はいない模様。ちょうど19時頃なので混んでいるかな?と思っていたのですが。

駅からこちらへ歩く途中でも感じましたが、新型コロナウィルスの影響で秋葉原は人自体がかなり減っているのが分かります。

外国人も西洋人はちらほらいてもマジョリティだった中国人はいない感じ。ラーメン屋の客足にも影響が出ているようです。

さて、こちらの看板を見て何を頼むか決めようと思いしばし注視します。

つけ麺は並・中・大同一料金。この時はあまり空腹は感ぜず並でも良いかな?という感じでしたが、同一料金で並だと何か損した気がします。(我ながらセコいな)

突如下にあるチャーシューたっぷりのメニューが気になります。

「淡麗汐煮干チャーシューそば」か。これにしようかな?

店内に入り券売機を見ます。

色を変えるなど工夫されている事は分かりますが、メニューが多く漢字ばかりで分かりにくい。「淡麗汐煮干」など日頃見慣れない漢字の組み合わせなのでなおさらです。

なんとか「淡麗汐煮干チャーシューそば」という文字を見つけてポチります。

【 秋葉原 九十九里煮干つけ麺 志奈田の主なメニュー 】

※つけ麺 並240g、中盛360g、大盛480g 同額

得のせ純濃煮干つけ麺 1,100円
純濃煮干つけ麺 900円
辣濃辛煮干パクチーつけ麺 1,000円
辣濃辛煮干つけ麺 920円
得のせ淡麗汐煮干しつけ麺 1,100円
淡麗汐煮干しつけ麺 800円
鴨脂煮干し醤油つけ麺 850円

淡麗汐煮干チャーシューそば 1,100円
淡麗汐煮干そば800円
鴨脂煮干し醤油そば 1,100円
鴨脂煮干し醤油そば 800円

金曜日限定
勝浦タンタン麺 830円

カウンター席に座ります。少し離れた厨房には男性の職人が。後は女性スタッフ。全員感じが良く、店の雰囲気もおしゃれです。

東池袋の「志奈そば 田なか」でも同様の空気感でした。

らーめんの替え玉は半玉からあるようです。

こちらは無料ではありません。なぜかつけ麺だけ優遇される店が多いですがなんでかな?

和え玉も気になりますが純濃煮干しそばのみとあります。

和え玉はラーメンとは独立している油そばという店も多いですが、こちらはスープと混ぜるスタイルなのでしょうか?

辣油唐辛子なる調味料もあります。

首を上げると大量の色紙が飾られています。

一般人でも知っているような名前は少なめ?秋葉原では有名なアイドルだったりするのかな?

さて、10分弱待って淡麗汐煮干チャーシューそばが運ばれてきました。

 

 

秋葉原「九十九里煮干つけ麺 志奈田」で頂いた淡麗汐煮干チャーシューそば

こぼれ落ちそうなチャーシュー。レアな感じですごく美味しそう。

淡麗汐煮干チャーシューそば@九十九里煮干つけ麺 志奈田 秋葉原

 

スープは黄金色。

さて、まずはスープを。

うわぁ。うま!!

透き通ったような煮干し。雑味がなくクリアな味。動物系の出汁も下支えしている感じ。淡麗スープですがコクは濃厚。

すごくインパクトのある美味しさです。予想を上回ります。

そして麺。いかにも全粒粉入りのビジュアルですがどんな感じかな?

おおっ、最高のつるもち食感。これは美味しい。最低限のコシもあって茹で加減も絶妙です。

麺は自家製麺とのことですが、なんと店主の奥様の実家が「フジキン光来」という製麺所らしく、そちらのものを使っているそうです。

そしてチャーシュー。見た目もレアで生ハムな感じがありますが、食べても生ハム食感あり。旨味が素晴らしい。そういえば店主はイタリアン出身だったと思い出します。

メンマもこりっとしていて安定の美味しさ。たまに感じる紫玉ねぎの歯ごたえがスープに適度な味変をしてくれて良い感じ。

スープは美味しく完飲。最近は完飲しないこともありますが、この美味しい飲まない訳にはいきません。

いやぁ、スープ、麺、チャーシューとどれも素晴らしかった。

ちなみに最初から最後まで自分1人でした。これだけ美味しいラーメンを食べて1人だったのは初めて。

思わぬところで新型コロナウィルスの影響の深さを実感しました。

 

 

秋葉原「九十九里煮干つけ麺 志奈田」の行き方と営業時間

〒101-0021 東京都千代田区外神田3丁目4−1

東京メトロ銀座線末広町駅から徒歩5分
JR秋葉原駅電気街口から徒歩7分

【 秋葉原 九十九里煮干つけ麺 志奈田の営業時間 】

平日 11:00~15:00(L.O.) / 17:00~20:45(L.O.)
日 11:00~18:00 (L.O.)

定休日 月曜日

秋葉原「九十九里煮干つけ麺 志奈田」の感想と食べログ採点

【 秋葉原 九十九里煮干つけ麺 志奈田の感想 】

・黄金色のスープはクリアな煮干しが動物系と合わさりコクがあって上品。最高に美味しい。自家製麺や生ハムのような食感のチャーシューも絶品。

・店内は雰囲気よく、接客の感じも良かった。

・次回はぜひつけ麺と、金曜日限定の勝浦タンタンメンを食べてみたい。

九十九里煮干つけ麺 志奈田つけ麺 / 末広町駅御茶ノ水駅秋葉原駅
夜総合点★★★★ 4.0

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.