B級孤独のグルメ

【GoToEat利用】恵比寿「ダ・ミケーレ」ナポリ人気No.1ピザをブロガーがシビアにチェック

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

ダ・ミケーレ (L’antica Pizzeria da Michele)とは?

 恵比寿「ダ・ミケーレ」は2021年にオープン。食べログ3.78(2020.10.20現在)で2017年、2018年、2019年と3年連続して百名店に選ばれています。

人気の理由はなんといっても本場ナポリの大人気ピッツェリアが東京にやってきたという要素が大きいでしょう。ダ・ミケーレのホームページには以下のように紹介されています。

あのダ ミケーレが、イタリア・ナポリから東京・福岡へ上陸!

1870年にイタリア・ナポリの地に創業。
以来”ミケーレ”一族により、変わらぬ製法と、スタイルを貫き通し今もなおナポリで行列の絶えない、人気ピッツェリア”ダ ミケーレ”が 世界中でナポリ本店と東京・恵比寿、福岡で味わえるという特権。

ピッツァの素材は現地の味を再現すべく、粉・トマト・オイルにピッツァ窯を輸送。

現地ナポリ本店で習得したピッツァイオーロ(ピザ職人)が伝統・技に支えられた、ナポリ本店 ミケーレの味を東京・恵比寿、世界第3号店となる福岡にて再現します。

ここでは恵比寿、福岡とありますが、2015年に福岡、更に2019年には横浜にもオープンしています。ピザの素材は全て現地直送なんですね。

恵比寿「ダ・ミケーレ」ですが、自分は数年前に1度訪問しています。その時の感想は「ピザは美味しいけどえらく高くな」というもの。

マルゲリータは1,500円+税でランチタイムはなくピザ以外にはサラダもドリンクも一切付きません。

ただ、味を再確認するために今回訪問したのですが、値上がりしていて2,000円+税。しかもピザはイマイチの出来でした。

東京のピザの名店は10数店舗は訪問していますが、ダントツに満足度が低かった。ある意味衝撃でした。

ちなみに恵比寿×食べログで見ると1位と3位の店は超お勧めです。

恵比寿の食べログ1位はダ・ミケーレと点数は同じく3.78の「パルテノペ」。

何度も訪問していますが、美味しくてサービスも素晴らしい。自信を持ってお勧めしたいナポリピザの名店です。

また恵比寿の食べログ3位は3.73の「ヴァカンツァ」。

こちらも美味しいナポリピザでランチはかなりお得。前菜、パン、カフェ、チョコレート付きで1,320円は東京のピザの名店中でもかなりコスパが優れている方ではないでしょうか?

 

 

ダ・ミケーレはRetty経由でGo To Eat利用可能

さて、今回はその「高い」ダ・ミケーレに訪問する気になった理由の1つは「Go To Eat キャンペーン」の対象だったこと。

ダ・ミケーレはRettyで「Go To Eat キャンペーン」のポイントをもらうことが出来ます。(食べログやホットペッパー等は対応していません)

昼は500ポイント、夜は1,000ポイントで昼でもピザが安くなるわけではないので夜の予約がお勧め。1名からでも予約することができます。

自分は夜1名で予約したので1,000ポイント貰える予定です。

「ダ・ミケーレ」は以下のリンクからGo To Eatキャンペーン対象で予約できます。

Rettyでダ・ミケーレを予約する

 

イタリア現地のピザは驚くほど安い-ナポリのダ・ミケーレのピザは1枚500円

ところで、ピザはイタリア現地で食べると驚くほど安いことをご存知でしょうか?

こちらのlooahの記事にイタリアピザの平均的な価格が書かれているので引用させて頂きます。

イタリア人が笑う!? 日本のピザ価格

「イタリアでは、熟練の職人さんが作る生地自体のおいしさを楽しみたいという人が多いので、ゴテゴテといろんな具をのせたものはあまり好まれません。それから宅配してくれるピッツェリア(ピザ専門店)もありますが、薪の窯で焼いた焼きたてをお店で食べる場合が多いです。また日本では、切り分けられた1枚のピザを何人かで分けますが、イタリアでは日本のサイズとほぼ同じ大きさで1人前。それをナイフとフォークで食べるんです」

と、教えてくれたのはインターネットサイト「All About」でイタリアガイドを行っている、イタリア在住のデノーラ 砂和子さん。では、その価格は?

「街やお店によって異なりますが、5~10ユーロ(約560円~約1100円)が平均的な価格でしょうか。本場ナポリに限っては3.5ユーロ(約390 円)が相場だと言われています。発祥の地だけあり、街の人たちも値段設定については厳しい視点をもっているのではないでしょうか」

自分はナポリでピザを食べたことはありませんが、ローマでは8ユーロでした。ナポリでは3.5ユーロが相場なんですね。すごく安いな!大きさも変わりません。

ただこちらの記事は2010年のもので店を特定している訳ではありません。

なので新しく書かれたナポリのダ・ミケーレに関する記事を探して見た所、以下に詳しく書かれていましたので引用させて頂きます。(2019年の記事です)

【グルメ】行列必須の有名店 ナポリ ダ・ミケーレの絶品ピッツァを攻略

ナポリ、ダ・ミケーレのピザはマルゲリータ、マリナーラのみでどちらも4ユーロ (約500円)。マルゲリータはモッツァレラチーズをWにしても5ユーロ(約625円)だそうです。やはり安い。

日本は特にモッツァレラチーズがヨーロッパと比べると馬鹿みたいに高いし、その他の素材の価格も違うので一概には比較はできませんが、それでも恵比寿のダ・ミケーレは高いと思います。

 

 

恵比寿 ダ・ミケーレの外観、メニュー、店内の雰囲気

そのまま真っ直ぐ進むと恵比寿ガーデンプレイスといった感じの坂の中腹に「ダ・ミケーレ」はあります。

時刻は17時25分頃。17時半オープンで店内は明るいですが、時間通りにオープンする模様。すでに何人か並んでいます。

ほぼ時間ぴったりに照明が付きます。

テイクアウトメニューも充実している模様。

以前からテイクアウトをやっていたのかは分かりませんが、コロナ渦でテイクアウトを始めたピザ屋も多いようです。

最初に検温をされてから入店。Rettyで予約した事を告げます。

2名がけのテーブル席に案内されました。

テーブルや椅子の感じも良いですが、天井が高くて開放感があります。

これがダ・ミケーレ人気の秘密かもしれません。

さて、メニュー。

恵比寿はダ・ミケーレの世界2号店なんですね。

3号店が福岡とあったので横浜が4号店?イタリア国内にも支店がない店がこれだけ日本に注力しているのも珍しい。それだけ恵比寿が成功したということでしょうか?

恵比寿 ダ・ミケーレのピザメニュー

恵比寿 ダ・ミケーレのピザメニュー

 

ピザはマルゲリータが2,000円(税込2,200円)、マリナーラが1,700円(税込1,870円)。

以前のマルゲリータ1,500円も高いと思いましたが、更に値上げしています。当時はマルゲリータのモッツァレラチーズダブルが2,000円だったので、今のマルゲリータはWなのかな?

きのこの限定ピザ(サルシッチャ エ フンギ)は2,600円 (2,860円)。

きのこ好きだけどとても頼める値段ではありません。

また前菜メニューもありました。

恵比寿 ダ・ミケーレの前菜メニュー

恵比寿 ダ・ミケーレの前菜メニュー

 

最初にダ・ミケーレを高いと書きましたが、4名できて、ピザは1つ、前菜を3つみたいな頼み方なら1名あたりの金額は抑えられそう。

さて、自分はシンプルにマルゲリータのみを注文。前回は結構美味しかったので期待して待っていました。

おしぼりは日本風です。

ところで、帰りにトイレに寄った際にピザ窯の写真を撮らしてもらったので先に掲載しておきます。

いかにも本格的なピザ窯で薪を使っています。

薪を使っている店はまだ少し珍しいと思いますが、ピザ窯に関しては地元の無名のイタリアンにさえある時代なのですっかり物珍しさはなくなりました。

それでも色合いも良いし、重厚な感じもあって素敵なピザ窯ですね。

 

 

恵比寿 ダ・ミケーレで頂いたマルゲリータ

皿からはみ出たような大きなピザ。

グラスと比べてもこの通り。

ただナポリピザが薄いので大食いではない自分でも苦もなく食べられるサイズです。

縁は少し焦げていますが、中はチーズがやや固形感あり。

切れ目は入っていないので自分でナイフとフォークで切ります。

食べて少し違和感。熱々感がそれほどでもありません。出来てすぐ持ってきてくれたはずですが。うーむ。

生地はやや塩分があってややもっちり感あり。

ただ、前回甘くて感動したトマトの甘味はあまり感じません。酸味もそれほどでもはなくトマトが目立ちません。

そしてモッツァレラチーズ。

とろけきっていないので固形の部分が多い。そしてピザ自体が大きいので食べている間もどんどん冷めていきます。

ナポリピザは冷めても美味しいとは言いますが。

うーん。たまたまかな?

それにしてもがっかりです。

雰囲気は良く、接客も感じ良かったですが、これは再訪はないなぁ。ナポリのダ・ミケーレには是非とも行ってみたいですが。

 

 

恵比寿 ダ・ミケーレの行き方と営業時間

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目4−7

【 恵比寿 ダ・ミケーレの営業時間 】

月~金 11:30~14:30(L.O.)/17:30~21:30(L.O.)
土 11:30~21:30(L.O.)
日・祝 11:30~21:30(L.O.)

定休日 不定(年末年始休みあり)

恵比寿 ダ・ミケーレの感想と食べログ採点

【 恵比寿 ダ・ミケーレの感想 】

・夜開店すぐの空いている時間で熱々ではないピザが出てきたのには心底驚き。また前回のようにトマトが甘くて感動することもなかった。前回は高いが美味しいと思ったが、今回は高いしピザもイマイチだった。

・天井の高くて開放的なのが素晴らしい。雰囲気の良さは恵比寿でも屈指では?接客も良い。肝心のピザ以外には加点できる要素ありだが。

アンティーカ・ピッツェリア・ダ・ミケーレ 恵比寿ピザ / 恵比寿駅代官山駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.