B級孤独のグルメ

絶品!の寿司 豊洲市場「大和寿司」築地の大人気店は豊洲でも大人気

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

築地市場で大人気だった大和寿司 (だいわすし) も豊洲では空いている?

築地市場にはほとんど行くことのなかった自分ですが、「大和寿司」は「寿司大」と並ぶ二大行列店だったとか。行ったことはなくとも名前は聞いたことがありました。

ゴタゴタがあったもののいつもの間にか開業していた豊洲市場。

豊洲にもそこまで興味があった訳ではないのですが、先日テレビを見ていると築地(豊洲)市場の達人の方が豊洲市場を紹介していました。

その番組内でのハイライト。「大和寿司」は水産棟ではなく青果棟にあるため穴場になっているというもの。朝の早い時間だと行列なしで入れるとか。

一度は豊洲市場を見たい気持ちもあったし、家からもそこまで遠くないので2月某日の朝、大和寿司を目当てに豊洲市場に向かいました。

市場前駅から大和寿司への行き方と地図

「市場駅」という名前ながら開業以来ずっと名ばかりだった「ゆりかもめ」の「市場駅」。2018年10月の豊洲市場の取引開始で名実共に市場駅になりました。

出口を出て右に行くとメインの「水産(卸売場)棟」、左に行くと「青果棟」。今回の目的地大和寿司は青果棟の一階にあります。

少し進んだ所にエレベーターと階段があります。

上の階からも大和寿司は見えます。

時刻は9時半くらいでしたが、しっかり行列はありました。おいおい行列ないんじゃないのか?と思いましたが、テレビでは「行列がないこともある」くらいのニュアンスだった事を思い出し行列に加わりました。

〒135-0061 東京都江東区豊洲6丁目3−2

大和寿司の外観と行列の様子

コンクリートの打ちっぱなしのような建物に寿司屋があるというも不思議な感じ。豊洲市場の一角だからこういうものでしょうか?

近づくと結構な行列があります。何分待ちか少し不安になります。ラーメン屋なら1時間待ちという感じの行列です。

しかし驚いた事にどんどん前に進んでいきます。そしてものの10分くらいで中に案内されました。はやっ。

今食べログで調べると24席。そこまで巨大な感じでないですが、すぐに食事が出てきて、食べ終わったらすぐに帰る人が多いためでしょうか?驚異的な回転の速さです。

 

 

大和寿司の内観と感じの良い大将

カウンター席に案内されるとかなり高齢ながらなんとも愛嬌のある大将から「おまかせにします?お好みにします?」と聞かれます。

お任せでも4,320円!ということを聞いていたのでそちらでお願いしました。これ以上は払えない。。

周囲も大半の人がお好みを頼んでいました。足りない人はお任せが終わってからお好みを追加するという感じです。

お茶をすするとすごく美味しい。濃くて旨味があります。人気店はこういう気配りが素晴らしい。

あまりに美味しかったので会計時に尋ねると「うおがし銘茶」というお茶を使っているそうです。

タコでかいなぁと写真を撮り終わる間もなく、最初の一品が運ばれてきました。

そして、すぐに味噌汁がきました。一見何の変哲もない味噌汁ですがしじみ出汁+αな感じの出汁ですごく美味しい。良い店はお茶や味噌汁も手を抜かない好例だと思いました。

 

 

大和寿司で頂いた「お任せ」

大トロ@大和寿司

 

「醤油ついてます」と大将が言いながらお任せは大トロでスタート。なんとも贅沢です。一度に4人分が運ばれてくる感じでした。

大トロは脂身たっぷりで柔らか。ものすごく美味しいです。トロは脂がしつこいこともありますが、バランスがよくさらっとした感じさえします。

ボタンエビ@大和寿司

 

ボタンエビがすごく甘いです。ここまで甘いと噛んでじっくり味わいたくなります。

エゾバフンウニ@大和寿司

 

エゾバフンウニの軍艦巻きが今回では最高でした。臭みはまったくなく、ウニ独特の複雑な甘みと旨味が口のなかでじわっと広がります。こりゃぁうまいなぁ。

いくらと鉄火巻@大和寿司

 

まぐろが美味しいです。

少し離れたところには台湾から来たという観光客。店員さんが中国語でネタの説明をしています。

最低限寿司に関する言葉は知っていると感じでした。台湾人の方も片言の日本語を使って会話しています。物珍しい感じがしましたが寿司屋では日常的な光景なんでしょうね。

中トロ@大和寿司

 

いつもはメインという感じの中トロ。とても美味しかったですが、このメンバーの中では普通に思えるからすごいね。

玉子焼き@大和寿司

 

玉子焼き愛は特にないですが、普通に美味しい。

ペン先@大和寿司

 

確かペン先と言っていたと思います。自信がないのですが。かつて「イカの背骨の部分はペン先に使った」との話もあるのでそこから推定するとイカの背骨でしょうか?

食べていると大将から「柔らかいでしょ?」との声がありましたが、そのとおり歯ごたえがあるのに柔らかくて美味しいイカでした。

かんぱち@大和寿司

 

かんぱちに切れ目が入っているのは初めてみました。中トロにも切れ目があったし、どういう工夫なんでしょうかね?説明聞きたいなぁ。

あなご@大和寿司

 

そしてシメはあなご。これはふわっとして柔らかくて絶妙にわさびが効いている。大将は「穴子好きなら大好きなあなごだよ」と言っていましたがまさにそうですね。

しかしこの大将感じがよくフレンドリーで素晴らしいサービスだと思いました。

しかも帰り際「久し振りだね?こっち(豊洲)は初めて?」と言われました。

自分はまったく初めてなのですが。。

単に間違えたのか、多少のリップサービスもあるのかもしれませんが、こう声を書けられて悪い感じはしませんね。

こんな感じで至福の時間もあっという間に終了です。10分ちょっとくらいでしょうか?回転が良いわけです。

大和寿司の営業時間・感想・食べログ採点

【 大和寿司の営業時間 】

5:30~13:30

定休日 日曜日・祝日(加えて不定休あり)

魚河岸らしく13:30には終了。それにしても朝の5:30に4,000円以上のお寿司を食べる人ってどんな人なんでしょうね?

【 大和寿司の感想 】

・最高の寿司ネタ。愛想の良い大将のハートフルなサービス。満足度が高かった。

・行列はできても客の滞在時間は短いので回転は良さそう。

・それでも4,320円は高いなあ。ほとんど一流店に行ったことがないのでそちらとの比較はできないけど、一般的に言うと。

 

大和寿司寿司 / 市場前駅新豊洲駅有明テニスの森駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.