B級孤独のグルメ

荻窪「五稜郭」食べログ3.7超え 東京を代表する函館塩ラーメンの名店

WRITER
 
ラーメン+玉子@五稜郭 荻窪







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2021年6月 月間285,243 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

荻窪「五稜郭」とは?

先日行った函館旅行。観光もグルメも大満足でした。

一泊二日で代表的な店をとにかく食べまくりました。記事にした店はこちらにまとめましたでぜひご一読下さい。

函館ラーメンに関しては「あじさい本店」と「滋養軒」というより函館を代表する2点を訪問。それぞれを良さをしっかりと感じることができました。

実は函館旅行前に予習として行きたかった店があります。それが荻窪の「五稜郭」。

「五稜郭」は2013年3月に八幡山にオープン。2015年8月に荻窪に移転オープン。

食べログは3.73。ラーメンDBは89.726ポイント。(いずれも2021.07.10現在) どちらも東京の函館ラーメンではトップクラスの数値。

東京の函館ラーメンと言えばラーメン通の誰もが真っ先に挙げる店で絶対に行きたいと思っていました。

今回は想定とは手順前後になってしまいましたが、本場の味を知ってから東京の函館ラーメンを食べるのも悪くありません。

とある平日の昼に山手線と中央線を乗り継いで荻窪を目指しました。

 

 

荻窪「五稜郭」の外観、メニュー、店内の雰囲気

荻窪駅北口を出てそのまま大通りを渡り「教会通り」へ。

昨年の12月に「ミシュランガイド東京」に掲載された「ねいろ屋」を訪問した時に通った道なので馴染みがあります。

その「ねいろ屋」の少し手前に「函館塩ラーメン 五稜郭」はありました。

坂から見た港と元町の教会群の写真がポスターとして飾られています。

そういえば「ねいろ屋」も地元瀬戸内愛に溢れた店でした。いわゆる故郷らしきものがない自分は郷土愛には憧れます。

函館ラーメンのスープは透明に近いものもありましたが、こちらは少し色味があるようです。

さて、入店。15時という中途半端な時間だったためか先客なし。

券売機の前で小考します。

荻窪 五稜郭の券売機

荻窪 五稜郭の券売機

 

函館名物のいか飯が気になったからですが、実はこの日は2回目の昼食。残念ながらいか飯はスキップしました。

荻窪 五稜郭の店内メニュー

荻窪 五稜郭の店内メニュー

 

カウンター席に着席。麺は柔らかいことが強調されています。函館で食べた時は特に通常の麺よりも柔らかいとは感じなかったのですがこちらはそうなのかな?

卓上調味料は、ブラックペッパーのみ。

目の前に函館ラーメンの説明書きもありました。

初めて聞く話ばかりで興味深く読みます。

函館ラーメンとは@五稜郭 荻窪

函館ラーメンとは@五稜郭 荻窪

 

1859年に開港し、いち早く外国の食文化を取り入れた函館。海産物の買付に多数の華僑が訪れ、当時の函館の人たちは、彼らのことを「広東さん」と呼んでいたとか。

その「広東さん」が持ち込んだと言われる「広東系の塩味の湯麺」が函館ラーメンのルーツになったのですね。なるほど香港で海老ワンタン麺を食べてもスープは「塩味の湯麺」だったりします。

また、麺は函館の出口製麺のもを使い、道南産の真昆布に猿物産のホタテを使用。

余談ですが、先日第42回「ABCお笑いグランプリ」王者になった「オズワルド」。

自分は彼らの漫才が大好きなんですが、ボケの畠中 悠さんは函館出身で実家は昆布漁師なんだとか。畠中さんの家で収穫した昆布が使われてるなんてこともあるのかな?

目の前には函館発のファーストフード「ラッキーピエロ」でよく見かけた「ラッキーガラナ」なるドリンクも置かれていました。こちらも店内で250円で購入可能。

他にも基本は北海道限定の「サッポロクラシック」なども置かれていて函館愛に溢れた店だなと思いながら待つこと10分くらいでラーメンが到着しました。

 

 

荻窪「五稜郭」で頂いたラーメン+玉子

金色と言っても良さそうな茶色の色合いが実に美しい。

具は、チャーシュー、メンマ、味玉、ネギ、そして函館ラーメン定番のお麩。

ラーメン+玉子@五稜郭 荻窪

ラーメン+玉子@五稜郭 荻窪

 

まずはスープから頂きます。

うまっ。実に旨味がリッチ。動物系もしっかりでその上に海産物。昆布やホタテの旨味が引き立ちます。塩の印象はそこまで強くありません。

函館で食べた中では「あじさい本店」のものに似ています。店主はてっきり「あじさい」で修行されたかと思ったほどですが後から調べると関係なさそうです。

麺は少し平打な感じの中細麺。柔らかいとありましたが、コシも感じられます。麺との絡みも悪くありません。

お麩は美味しいスープをよく吸い込みます。

ただメンマはコリッとした感じはあるも少し水っぽい気も。

そしてチャーシュー。

もも肉のチャーシューと思われますが、結構硬い。脂身もありません。個人的には函館ラーメンで良く見かけるバラ肉のチャーシューの方が好みですが。

うーん。ということで、最初にスープを頂いた時は隙きなく美味しいラーメンと思ったのですが後半に少し失速しました。

チャーシューとメンマが自分好みならもっと高い評価になったと思います。それでも全体的にとてもレベルが高いラーメンであることは疑いはありませんでした。

 

 

荻窪「五稜郭」の行き方と営業時間

〒167-0032 東京都杉並区天沼3丁目28−7

荻窪駅北口から徒歩5分。教会通り商店街中ほど。

【 荻窪 五稜郭の営業時間 】

11:30~17:00
只今時短営業中です。

定休日 月曜日・火曜日。(祝日は営業)

最新情報はTwitterをご覧ください。

 

函館塩ラーメン 五稜郭ラーメン / 荻窪駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2021年6月 月間285,243 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2021 All Rights Reserved.