B級孤独のグルメ

蒲田「八じゅう」オープン!背脂ミンチの大きな塊!が特徴の尾道ラーメン 麺も旨い

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。

2022年3月15日 尾道ラーメン 八じゅう 蒲田本店オープン

蒲田の「尾道ラーメン 八じゅう」は2022年3月15日にオープン。

こちらは元々中目黒にあった渋谷「(粉もん屋)八じゅう」の2号店的な扱いのようです。

渋谷の「八じゅう」は昼は尾道ラーメン、夜は広島お好み焼きやもんじゃを提供する店なんだとか。

緊急事態宣言、まん延防止措置の終了まではラーメンだけを提供しているそうです。

蒲田店の正式名称は「尾道ラーメン 八じゅう 蒲田本店」。ラーメン専門店の1号店的な位置づけでしょうか?名前からは支店を増やしていく意気込みが感じられます。

ところで尾道ラーメンは食べたことがあったかな?もしかしたらあるかもくらいで印象はありません。全く未経験かも。

広島のラーメンと言えば大岡山の「なるめん」は最高に美味しかったな。

辛いらぁめん@なるめん 大岡山

辛いらぁめん@なるめん 大岡山

 

今回、家から近い蒲田ということもあり「八じゅう」の開店2日目に早速訪問してきました。

「八じゅう」のラーメンは大きな背脂ミンチが特徴で「なるめん」のものとは大分違いましたが、スープも麺も美味しく完成度は高いと思いました。

ただ、そこまで強いインパクトを与えるものでもないかな?とも思いました。

 

 

蒲田 尾道ラーメン 八じゅうの外観、メニュー、店内の雰囲気

蒲田駅西口。

蒲田駅西口

蒲田駅西口

 

蒲田はどの方向に歩いてもラーメンの名店がある感じですが、今回は横断歩道を渡ってまっすぐ+右斜め前といった感じの場所を目指します。

途中で「近江熟成醤油ラーメン 十二分屋」の蒲田店がありました。

蒲田のご当地ラーメンと言えば東口の新潟ラーメン「ラーメン潤」の印象が強かったのですが、その他のご当地ラーメン店もどんどん進出してきています。

「尾道ラーメン 八じゅう 蒲田本店」前に到着。開店2日目の12時40分で店頭に2名ほど並んでいます。

行く前にすごい行列のTwitterを見ましたが、

開店当日はビラ持参で500円だったことも大きいかも。2日目はビラを配っている様子は見当たらず平常運転でした。

こちらは食後に撮った写真。

煮干しつけ麺宮元と尾道ラーメン 八じゅう 蒲田本店の外観

煮干しつけ麺宮元と尾道ラーメン 八じゅう 蒲田本店の外観

 

八じゅうは蒲田No.1人気店、煮干しつけ麺宮元の真隣です。

宮元この日もしっかり行列がありました。人気店のおこぼれに預かることもできるかも?なので八じゅうは良い立地かもしれません。

尾道ラーメン 八じゅう 蒲田本店の外観

尾道ラーメン 八じゅう 蒲田本店の外観

 

店頭の窓からは見慣れぬ製麺所の麺箱。

井上製麺。初めて聞く名前ですが隣に説明書きがありました。

八じゅうの尾道ラーメン とは

八じゅうの尾道ラーメン とは

 

麺は尾道で「井上系」と呼ばれる老舗工場「井上製麺所」の硬めの中細麺(低加水麺)を使用させて頂いています。

なるほど。東京では八じゅうでしが食べることができないのか。わざわざ取り寄せているのですね。

店頭の暖簾にも「贈 井上製麺所」とあり関係の深さが分かります。

隣にはびっくり仰天なものが販売。

一生半額パーカー。1着30,000円!

色はこの感じ?値段といい、デザインといい微妙な感じがたまりません。

5分ほど待って入店。女性スタッフに中に導かれます。最近訪問した新店は最初からベテランスタッフ投入みたいな店が多かったのですが、こちらは初々しい感じ。

L字型のカウンター席。席の前の空間が厨房。そんなに広くないですが、スタッフは3名。広島カープのシャツを着ているスタッフもいます。ラーメンを作っている方々はベテラン風。

注文は食券ではなく注文制。

尾道ラーメン 八じゅう 蒲田本店 のメニュー

尾道ラーメン 八じゅう 蒲田本店 のメニュー

 

尾道ラーメンは800円。これだけでは少なそうだったので尾道ラーメンセット(ご飯・広島菜)900円を注文しました。

カウンターの上にはお茶が。

飲んでみると黒烏龍茶でした。

どこにも黒烏龍茶とは書かれていせんが、これを無料で飲める店は少ないのでテプラを貼るなりアピールした方が良いのでは?

卓上調味料はGABANのホワイトペッパーとたまごにかけるお醤油。

スペースは狭め。隣が近いし、後ろを通る時は人とぶつかります。

体感で5分少々待って尾道ラーメンセットがやってきました。

 

 

尾道ラーメン 八じゅう で頂いた尾道ラーメンセット

お盆の雰囲気がなんとなくお隣の宮元に似ています。

尾道ラーメンセット(ご飯・広島菜付き)@尾道ラーメン 八じゅう 蒲田本店

尾道ラーメンセット(ご飯・広島菜付き)@尾道ラーメン 八じゅう 蒲田本店

 

具はなんといっても大きな背脂が目立ちます。後は青ねぎ、メンマ、チャーシュー。

丼ぶりにも井上製麺所 X 八じゅうと書かれています。

尾道ラーメン@尾道ラーメン 八じゅう 蒲田本店

尾道ラーメン@尾道ラーメン 八じゅう 蒲田本店

 

さて、まずはスープ。

コクのあるスープ。結構甘いですが、意外とあっさり。

この甘さですが、最近大阪系のラーメンでも感じるもの。背脂や動物系の旨味だけでないような。醤油にも秘密があるのかな?

全体的にも旨味は動物系よりも醤油を強く感じます。あと、使っているという瀬戸内産のいりこは感じられず。

そして麺。これが美味しい。ストレートという割には少し断面が四角い感じもしますが、適度がコシがあって歯ごたえ良し。スープとのからみも良し。

ただ時間が経つと柔らかくなってきてコシがある感じはなくなりました。

メンマは幅広。

コリッとはしていますが、少し不思議な味付け。

チャーシューはかなり大判ですが、かなり薄め。

しっとりした感じで見た目では脂身ありそうだったのですが、あまり感じられず。これは少し好みと違いました。

ご飯は美味しく薄味の広島菜も良い感じ。

美味しく頂きました。

完成度高めでしたね。ただ、思ったほど特徴がないような感じも。

ラーメン激戦区蒲田で生き残れるのか?支店を順調に増やせるのか?今後に注目したいと思います。

 

 

尾道ラーメン 八じゅう の行き方、営業時間、食べログ採点

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7丁目8−1

蒲田駅西口から徒歩5分くらい。

【 尾道ラーメン 八じゅう の営業時間 】

11:30~15:30 / 17:00~22:00

定休日 月曜日

尾道ラーメン 八じゅう 蒲田本店ラーメン / 蒲田駅蓮沼駅京急蒲田駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。







Copyright© 東京たべある記 , 2022 All Rights Reserved.