B級孤独のグルメ

両国「はせ川」4年連続ミシュラン!平牧バーク三元豚使用の人気とんかつ店

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

両国「はせ川」とは?

両国「はせ川」は2004年12月に「むさしや 両国店」としてオープン。

店名からピンと来る方もいるかもしれませんが店主は大門の名店「むさしや」出身。2012年に「はせ川」に店名を変更したようです。

ちなみに大門「むさしや」は2018年に移転して現在は新橋にあります。

「はせ川」は先日発表された「ミシュランガイド東京2021」でビブグルマンに選ばれました。これで2018年から4年連続です。

食べログは3.79 (2020.12.10現在)でこちらも4年連続百名店に選ばれています。客観的なデータからすると「はせ川」東京を代表するとんかつ屋と言って間違いないでしょう。

また友人からも「はせ川」は以前から勧められていたのでずっと行きたいと思っていました。今回ようやく宿題店に行ってきた感じ。

ミシュランの記事を書いたこともあり、自分はミシュラン掲載のとんかつ店は全店訪問したいという気持ちが高まっています。すでに14店中7店に訪問済なのでそこまでハードルは高くありません。

なお、「ミシュランガイド東京2021」で選ばれたとんかつ屋についてはこちらにまとめていますのでよろしかったらどうぞ。

 

 

両国「はせ川」の外観、メニュー、店内の雰囲気

両国駅西口。

両国駅に飾られた相撲取りの写真

両国駅に飾られた相撲取りの写真

 

駅構内がこれです。写真がデカイ。相撲に疎い自分でも相撲の駅に降り立つんだなという感じがします。

ただ「はせ川」に行くだけなら小さい東口を出たほうが簡明でした。行き方は後ろに書いておきます。

小さな路地に「はせ川」を発見。

とんかつ、豚しゃぶと提灯に書かれています。そういえば「むさしや」は豚しゃぶで有名だったな。

そして平田牧場三元豚の立派な看板。

両国 はせ川の店頭にあったメニュー

両国 はせ川の店頭にあったメニュー

 

ランチメニューもありますが、極上ロースかつ、はせ川とんかつ、上ロースかつなどのメニューは終日の同料金のようです。

両国 はせ川の店頭にあったランチメニュー

両国 はせ川の店頭にあったランチメニュー

 

ランチはロースもヒレも1,000円から。ほかにも1,000円のメニューが多数あり良心的な価格設定です。

忘年会・新年会用に5,500円というフルコースのメニューもありました。

平日の12:10分くらいで店頭で3名ほど座って待っています。

自分も座って待ったのですが、温かいストーブがあって助かりました。このような気配りに加えてこちらの接客スタッフはプロ。終始気持ちの良い対応を受けました。

順番が近づいてきました。目の前の黒い竹が良い感じ。奥の壁に飾られた書には「豚」と書かれているのがユーモラス。

中に入ると最初に検温され、2名がけのテーブルに案内されます。先客はお座敷に案内されていましたが、店内は結構広い。今食べログで調べたら40席とのこと。

安いランチメニューでも良かったのですが、最初はじっくりとんかつを味わいたいので上ロースを注文。キャベツと味噌汁がお代わりできると言われます。これは嬉しいな。

テーブル席は広々としていて良い感じ。なるべく詰めないで案内しているようでした。

また少し経ってから店内で服を脱がないで待っている客もいましたが、どうらやテイクアウトを取りに来た客。以前からやっているのか今年始めたのかは分かりませんがテイクアウトも可能なようです。

卓上の調味料はこんな感じ。

Saltと書かれた壺の蓋を取るとピンク岩塩でした。 後はソース、醤油に一味?という感じ。

この日は少し寒かったですが店内は十分に温かい。さらには「30分ごとに換気をしております」と書かれた貼り紙もありました。

客が帰る際は奥の厨房にいる人から大きな声がかかります。何かと居心地の良さを感じる店です。

さて、10分ほど待って注文した上ロースかつがやって参りました。

 

 

両国「はせ川」で頂いた上ロースかつ

おおっ、なかなか豪華。

上ロースかつ@はせ川 両国

上ロースかつ@はせ川 両国

 

小鉢にひじきが付いているのは嬉しい。

そしてキャベツの横にはわさび。その横はポン酢のようです。お勧めはわさびと塩とのこと。

厚みがあって堂々たるロースかつがとんかつ網の上に載っています。

ご飯はやや少なめですがお代わり可能。少し硬めの炊き加減。

味噌汁は赤出汁。具は三つ葉くらいしか見えませんがなめこ汁でした。最後になめこを食べると原型をとどめていてしゃきっとした感じがあり美味しかった。

漬物も美味しそうな顔をしています。

さて、とんかつ。

見た目はなかなかの脂身です。

最初は何も付けずに食べてみましたが、脂身は思ったより上品。衣がサクッとしていています。

次にわさびと塩で食べてみましたがわさびが美味しい。そしてわさびはポン酢とも合います。わさびはたまにとんかつ屋で出てきますが、相性抜群ですね。

ただ身の部分は結構しまっています。

美味しいけど少し硬めかな。

全体的に優しい感じでしっとしていていて食べやすいけど脂身大好き人間としてはもっと脂身が多くても良いかも?と思いました。

途中でキャベツがなくなりますが、こちらから言わずとも「お代わりしましょうか?」と声がかかります。ありがたく頂きました。

とんかつは美味しかったけど極上という感じはしませんでした。そういえば極上ロースかつというメニューがあったっけ。

ただ雰囲気やサービスに関しては1流店の感じがよく出ていてランチの一時気持ちよく過ごせました。機会があったら次回は是非極上を食べてみたいです。

 

 

両国「はせ川」の行き方と営業時間

〒130-0026 東京都墨田区両国3丁目24−1

両国駅の東口(錦糸町寄り)を出ると「横綱横丁」の文字が見えます。

ここを歩いて1分少々で「はせ川」の看板が見えてきます。

【 両国 はせ川の営業時間 】

11:30~15:00(L.O.14:30)/ 17:00~22:00 (L.O.22:00)

定休日 無休(年末年始休みあり)

なお、「はせ川」はテイクアウトが可能です。

両国「はせ川」の感想と食べログ採点

【 両国 はせ川の感想 】

・店の雰囲気や接客が良く気持ち良く過ごせた。1流店の雰囲気が漂っている。

・上ロースかつは思ったよりも上品。脂身も結構上品。揚げ方も衣が薄くサクッとしていて良い。わさびはすごく合う。わさび+ポン酢、わさび+塩のどちらも良い。ただ全体的に身の部分が多く個人的にはもっと脂身の多い方が好みかな。

・上ロースはキャベツ・味噌汁がお代わり無料で漬物や小鉢付き。とんかつも大きく1,800円という値段はまずまずリーゾナブルに感じた。

はせ川とんかつ / 両国駅森下駅浅草橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.