B級孤独のグルメ

日本唯一!のレバニラ専門店 清瀬「Kei楽」は巨大!レバーの食べログ百名店 テレビ出演多数

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。

日本唯一!のレバニラ専門店 清瀬「Kei楽」 とは?

清瀬のkei楽は2009年オープン。ホームページでは日本で唯一のレバニラ専門店を謳っています

真偽を確認する方法はありませんが、確かに他にレバニラ専門店の話は全く聞いた事がないので恐らく事実なんでしょうね。

食べログ3.58、Google Map4.1。(2022.07.22現在)

食べログではなんと「食べログ 定食 百名店」2021に選ばれています。定食は東京ではなく全国での百名店なのでこれはすごいこと。

「kei楽」とはユニークな店名ですが、かつて店主の父が営んでいた町中華の店名が「慶楽」。店を手伝っていたこともあるそうですが、そこから名前をとって「kei楽」と名付けたそう。

アルファベットを加えるだけでオンリーワンな名前になります。面白い発想ですね。

清瀬はどこにあるのか知らなかったのですが、武蔵野線に乗れば遠くなさそう。ということで、日本唯一のレバニラ専門店へ行ってきましたが、レバーが巨大!味付けも凝っていて美味しかったです。

ボリューム半端なかったですが。

 

 

清瀬 Kei楽の外観、メニュー、店内の雰囲気

途中武蔵野線の新秋津駅から西武池袋線の秋津に徒歩で移動。5分少々でしょうか?JRの府中本町駅から京王線の府中駅へ歩くよりはだいぶ近い感じ。

清瀬は秋津の隣ということで、ほどなく清瀬に到着。

もちろん全く初めて降りる駅です。西武池袋線自体、今まで池袋⇔江古田くらいしか利用した事がないかも。

全くの未開拓地なので名店はたくさん残されているのは間違いない。今後利用することが増えそうな予感がします。

駅前の商店街。ここをまっすぐに進むとkei楽があるようです。

途中で孤独のグルメに登場した「みゆき食堂」が。

孤独のグルメ登場店 みゆき食堂の外観

孤独のグルメ登場店 みゆき食堂の外観

 

こちらには近いうちに訪問すると思います。

傘が要らない程度の小ぶりの中5分少々歩いてkei楽を発見。

「おうちでレバニラ」や「定食百名店2021」の上りもあります。

レバニラ定食 kei楽の外観

レバニラ定食 kei楽の外観

 

色々な店を訪問していますが、食べログ百名店で上りを用意している店は初めてかも。

店頭にメニューがありました。

レバニラ定食 kei楽のメニュー

レバニラ定食 kei楽のメニュー

 

左上の庄内豚レバニラ定食は1,290円。これがメインのようですね。庄内豚レバー唐揚定食は1,110円。

レバニラとレバー唐揚の違いはあるもののレバーのみでまさに専門店。

今日はXのようですが蝦夷鹿レバニラ定食もあります。国産牛のレバニラがある日もあるのか。

中に入ります。店主は常連と思しき方と会話中でしたが、自分に気づくと好きな席に座るよう言われます。カウンター席は8席ほどでこの時間は半分くらい埋まっていました。

一人あたりのスペースはまずまずでしょうか?

卓上調味料は七味唐辛子、ブラックペッパー、お酢、辣油。

調理は注文を聞いてから始めるようです。驚いたのは天ぷらを揚げているような音がすること。作業は見えませんが、レバーは最初に揚げるようです。

壁には多数の色紙。

 2022年だけでも「kei楽」は「Nスタ」「よじごじDaysこだわり愛情レストラン」「昼めし旅」「ラヴィット!」に出演したようです。テレビ局が好む店なんですね。

また2017年には「とんねるずのみなさんのおかげでした」に出たことも。

着席してから10分以上待って、庄内豚レバニラ定食がやってきました。

 

 

清瀬 Kei楽で頂いた庄内豚レバニラ定食

おおっ。レバーがでかい。

庄内豚レバニラ定食@kei楽 清瀬

庄内豚レバニラ定食@kei楽 清瀬

 

見たことのないサイズです。

更にご飯もデフォで大盛。スープ、お新香、自家製辛味噌付き。

ニラ炒めの方も、ニラの他にもやし、ニンジン、タケノコ、きくらげ、マッシュルームなどとにかくたくさん入っています。

レバーを頂きます。

レバーはやはり揚げたものだったのですね。醤油ベースのシンプルながら凝った味付け。レバーは独特な食感、独特の風味を残しつつも新鮮で良いものを使っているのが分かります。

断面も美しいですね。

豊富な野菜たちもレバーを引き立たせるために存在しているような感じ。自家製辛味噌はパンチのある味付け。

美味しいのですが、いかにせんボリュームがすごすぎでした。普通の肉でも普通この量は食べないくらいの量が入っています。

個人的は多少鶏なども混ぜた方がレバーの良さが引き立つように思うのですが、それは店主の主義ではないんでしょうね。

ただ、後から来て隣に座った人は「少なめ」を注文していたので、その注文があるなら自分も少なめで良かったかも。

なんとか完食。

お腹パンパンですが、清瀬駅まで歩き、更に秋津から新秋津まで歩いたので良い運動になりました。

その秋津から新秋津までに気になる店を発見。

野菜の無人販売所のようですが、なんと野菜がコインロッカーらしきものに入っています。

パプリカの姿が見えます。これは面白い。今度利用してみよう。

 

 

清瀬 Kei楽の行き方、営業時間、食べログ採点

〒204-0022 東京都清瀬市松山1丁目20−3

西武池袋線【清瀬駅】徒歩6分(南口)

【 清瀬 kei楽の営業時間 】

11:30~14:00 (L.O.13:30) / 17:00~22:00 (L.O.21:30)

定休日 日曜日

kei楽定食・食堂 / 清瀬駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。







Copyright© 東京たべある記 , 2022 All Rights Reserved.