B級孤独のグルメ

蒲田東口の「まるやま食堂」林SPFが900円!で食べられるので大人気

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

生でも食べられる?林SPFは最高の豚

林SPFは自分が一番好きなブランド豚です。

SPFとはSpecific Pathogen Freeの略で直訳すると「特定の病原体がいない」ということ。

病原体がいる故に豚はよく火を通すようにと言われる訳ですが、人間に悪影響を及ぼす病原体のいないSPFは生焼けのような状態で食べることができます

特上ロース@とんかつ檍

 

事情を知らない人は豚の赤い部分を見ると躊躇して食べられないかもしれません。

そして林SPFはとにかく柔らかくジューシー。ロースを歯で噛んだ瞬間に感じる脂身に幸せを感じるほどです。

(ちなみに勘違いしている人が多いですが、ロースは液体が多く体内に留まりにくいので、ヒレよりも人の脂肪になりにくい)

その林SPF。蒲田で、いや東京で、いや日本で一番美味しいと思うとんかつが使用しています。またその檍と人気を二分している蒲田の丸一も林SPFを使用。

その他の地域でももちろん林SPFを使用している店はありますが、値段は高めです。ブランド豚ゆえに当然仕入れも高額なのでしょう。

しかし昨年頃から蒲田に林SPFを安価に提供する店があるという噂を耳にするようになります。なんと、とんかつ定食は900円から。

それが今回紹介するまるやま食堂です。まるやま食堂自体は歴史があるようなので、最近になってSPFを提供するようになったという感じでしょうか。

ただ、個人的にはまるやま食堂はとんかつ檍とは似て非なるもので、その理由を書いていこうと思います。

林SPF使用 とんかつ檍のインスパイヤ系 蒲田のまるやま食堂は大人気

そのまるやま食堂、最近は人気に火がついたようで先日は夜に行った所、席は数席しか空いていませんでした。20席ほど比較的大きな店にも関わらずです。

(カウンター16席・4人テーブルベンチシート席1卓)

ちなみに雰囲気も庶民的な食堂そのものです。

混んでいたため調理場はかなりバタバタしていました。とんかつに加えテーブル席で飲んでいる集団のつまみまで作っているのでてんやわんやなようです。

調理の男性はやや殺気立っていますが、おばちゃん店員の気配りがよく悪い雰囲気ではありません。

さて、まるやま食堂は食べログもいつの間にかぐんぐん点数が現在3.58。レビューを見ると4以上の点数を付けている人が多く、3.58でも低く感じるほどです。

とんかつ檍と言えば林SPFに加えてデフォルトで7種類という豊富な塩が特長です。

とんかつに塩は最初は少し違和感があったものの、今では自分もすっかり塩に慣れ、様々な塩を試しながら食べるようになりました。

とんかつ檍インスパイヤ系のまるやま食堂にも数種類塩が用意してあります。


左から岩塩ピンクソルト、ヒマラヤ岩塩黒塩、そしてイタリアシチリア塩とのことで、檍に数では及ばぬものの、この3色の塩はかなり充実しています。さらにもう1つ瓶に入った白い塩がありました。

檍と全く同じ構成ではないですが、檍のエース塩「ヒマラヤ岩塩 ナマック」に似た塩はしっかりと用意されています。

[ 「まるや食堂」と「とんかつ檍」 の共通点 ]

・林SPFを使用

・豊富な岩塩を用意している

まるやま食堂のメニューです。やはり林SPF使用で900円からという値段が光っています。

檍は上ロース1,500円、特上ロース2,000円、リブロース2,800円という感じ。檍の上ロースは質で考えればかなり頑張っている値段と思っていましたが、まるやま食堂と比べると高く感じます。

林SPFで、岩塩で、なおかつ安いなら文句はないはず。何よりコスパを重視するしげPなら絶賛となるはずですが、そうはならなかったのがまるやま食堂に2回行ってみた感想です。

まるやま食堂の行き方

蒲田駅東口を左に曲がり、ドトールコーヒーの手前の道ををまっすぐ進むと、交差する道路があるのでそのまま少し進むと左斜め前に見えて来ます。

蒲田駅周辺も一部では再開発が進みましたが、まるやま食堂がある辺りは雑然として少し怪しい典型的な蒲田のイメージです。

東京都 大田区 蒲田 5-2-7 渡辺ビル 1F

まるやま食堂のまるとくロースとんかつ定食

こちらは2018年2月に初めて行った時に食べたまるとくロースカツ定食です。

細部は気になるところがたくさんありましたが、これが1,100円は悪くないかと思いました。

ただ、これを食べた日はやや自分の予定慌ただしかったこともあり、今回8月に2度目の訪問をしてじっくりと評価することにしました。

まるやま食堂のごくじょうロースとんかつ定食

しっかりとまるやま食堂を評価するため、今回は奮発してごくじょうロースとんかつ定食1,500円を注文しました。

なお、極上をひらがなで書いたりするのはとんかつ屋というより今風のラーメン屋によくあるスタイルです。

ソースはブルドッグ中濃ソースです。ソースを手作りするまで手が回らないのかもしれまんが、別に不味いソースではないので無問題です。

ただここからが問題でした。

豚汁にわかめともやしはどうでしょう?味も薄めで豚汁の良さを感じません。とんかつ檍のように玉ねぎを使った方が旨味が出ると思います。

ご飯も量が多いのは良いですが、なにかぐちゃっとした感じでした。水加減は少しいい加減な感じです。

そして、ごくじょうとんかつです。

自分は最初にキャベツから食べる主義ですが、レタスが少し邪魔です。レタスを載せるならドレッシングが欲しいですがありません。ソースにレタスは違和感があります。

そしてキャベツもシャキッとした感じがありません。とんかつを食べる前に少しテンションが下がります。

それでもとんかつは流石の林SPFです。柔らかジューシー旨味があります。衣が気になります。何か雑然とした衣で、途中で衣だけのどに入りほんの少し咳がでました。

最後にとんかつ檍とまるや食堂を比較してみます。

【 とんかつ檍がまるやま食堂より上回っている部分 】

・肉質 (同じ林SPFでも同一ではない)

・とんかつの揚げ方

・ご飯の炊き方 / 豚汁の味 / キャベツ

・特別なものを食べているという高揚感、店内の総合的な雰囲気

【まるや食堂がとんかつ檍より上回っている部分 】

・値段 (数百円安い)

・肩肘張らずに入れる庶民的なところ

そして、まるやま食堂は待たずに入れることがウリだったはずですが、この人気では早晩行列店になることもありえるかと思います。

総合すると自分がとんかつ檍が好きすぎるために、贔屓目に見てることは考慮してもらって構いませんが、檍の圧勝だと思います。

蒲田では浮気をせずに今後もとんかつ檍に通い続けようと思います。

後から事情通の方に聞いた話だと「まるやま食堂」と「とんかつ檍」の店主は親戚か兄弟だそうです。浅草橋の「丸山吉平」兄弟では?ということでした。

しげP

 

まるやま食堂定食・食堂 / 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅
夜総合点★★★☆☆ 3.1

   にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2018 All Rights Reserved.