B級孤独のグルメ

ロゼ色!白とんかつ「ねぎポ」有楽町「ねぎし」が始めたとんかつ店

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
2019年7月月間12万アクセス突破! 日本一のグルメブロガーを目指しています。 東京は世界一のグルメ都市!東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。 ほぼB級1人グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!

有楽町ガード下。牛タンの「ねぎし」が始めた「ポークポークポーク ねぎポ」

若い頃からたまに利用させてもらっている牛タンの「ねぎし」がいつの間にかとんかつ店を初めていたようです。

しかもロゼ色の断面と衣の白い「しろかつ」が評判になっているとか。

ホームページを見ると、豚のごはんやさん「しろかつ&ロールキャベツ ねぎポ」有楽町店とあります。食べログに登録されている店名が少し違いますがまあ良いか。

「ねぎポ」という名前は葱とは関係なく「ねぎし」と「ポーク」を足して作った造語のようです。

こんにちは、「ねぎポ」です。

私たち「ねぎポ」は、ロッキー山脈の麓で麦を中心に食べ、ゆっくり、のびのびと育った、麦育ちアイダホポークの柔らか、ジューシーなおいしさに出会い惚れ込みました。
そして、そのおいしさを100%活かした料理を、食べていただける「豚のごはんやさん」をオープンしました。ぜひとも、「ねぎポ」でそのおいしさをお楽しみください。

豚は初めて聞く名前ですが、麦育ち四元豚アイダホポークというブランド豚を使っているそうです。これは美味しそうということで、期待値高めで「ねぎポ」に向かったのですが。

有楽町「ポークポークポーク ねぎポ」の外観、メニュー、店内の雰囲気

有楽町国際フォーラム横。線路沿いにそれらしき看板があります。

なるほど。「ねぎポ」は「ねぎし」の隣のようです。

思っていたよりもかなり広そうです。店頭に何やら可愛らしい豚さんがいました。

店内に入るとすぐに若い店員から声がかかります。「ねぎし」はどの店舗でも店員教育がしっかりなされている印象を受けますが、「ねぎポ」も同様でした。

感じの良い席に案内してくれます。カウンター席というより大きなテーブルの一角に席がありました。日曜の夜7時半で客の入りは3割ちょっとくらい。見た感じは女性客が多いです。

しろかつはメニューも個性的。

キャベツではなく季節の野菜。豚汁ではなくスープのようです。更に小鉢とお新香がつく模様。

ただ「ねぎし」ではデフォルトで付いてくるとろろは100円のようです。

【 有楽町 ねぎポの主なメニュー 】

ヒレしろかつセット 1,300円
ロースしろかつセット 1,200円
ミックスしろかつセット 1,400円
ヒレしろかつカレー 1,100円
ロースしろかつカレー 1,100円

しろかつは質や重量によって値段が上がるような設定がありません。(後から思うとデフォルトはかなり小さかったので大きめのメニューも必要なのでは?)

とんかつ屋ではこれしか頼まないので、いつもようにロースカツを注文。とろろもつけてもらいます。

普通のとんかつメニューに加えかつカレー、ロールキャベツ、ポークバーグ、とんてきなどメニューは豊富でした。

 

 

やはりこのアイダホポーク、麦育ち四元豚はこれだけ読むと美味しそうに思えたのですが。。

お米やとろろにもこだわっています。

有楽町という場所に相応しいオシャレな店舗。天井も少し高めでゆったりとした感じもあります。

そして、ソースだけでなくドレッシングや岩塩、醤油なども揃っています。

さて、少しのんびりしようと思ったらもうロースしろかつセットが到着します。5分ちょっとでしょうか。早いな。

 

 

有楽町「ポークポークポーク ねぎポ」で頂いたロースしろかつセット

ロースしろかつセットとろろ付き@ねぎポ 有楽町

 

堂々たるセットと言いたい所ですが、とんかつの小ささが気になります。

キャベツだけでない野菜たちをドレッシングで食べられるのは良い感じ。

さて、野菜でお腹を慣らしてからとんかつを頂きます。

ロースしろかつ@ねぎポ

 

本当に白いな。白いかつと言えば高田馬場の「成蔵」を意識したのでしょうか?

ひっくり返すと一部を除きそこまでロゼ色ではありません。

さて、脂身の多そうな左から口にします。

うん、ジューシー。ではあるのですがほんのひとくちです。美味しさも一瞬でした。

そして右に映っていくと、ロゼ色でないものは繊維質が多くて固いです。

全然ジューシーではありません。何か豚を食べているより鶏のささみを食べているような気分になります。美味しさはともかく身体に良いみたいな。

仮に身体には良くても全然とんかつらしくありません。うーん。

 

 

ごはんはお代わりするつもりでしたが、とんかつが小さいためお代わりをする余地はありませんでした。

スープはコンソメ風?と思いきや押し麦入りです。凝っています。

うーん。女子狙い?このような細かい工夫は悪くないですが、肝心のとんかつがこれではねぇ。という感じ。

お茶はなくなるとすぐに注いでくれたりサービスも良かった。雰囲気も良かった。

しかし白いトンカツは正直かなりがっかりでした。本当にブランド豚?

 

 

有楽町「ポークポークポーク ねぎポ」の行き方と営業時間

〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目6−1

【 有楽町「ポークポークポーク ねぎポ」の営業時間 】

11:00~22:30(L.O.22:00)

定休日 無休

有楽町「ポークポークポーク ねぎポ」の感想と食べログ採点

【 有楽町「ポークポークポーク ねぎポ」の感想 】

・セットの構成など綿密にコンセプトを練って作った感じはある。ただし肝心のとんかつは残念の一言。豚の肉々しさがなく、量も少ない。

・「ねぎし」の中でも店内の雰囲気は良く、サービスもしっかりしている。

・日頃とんかつを食べ慣れない人には受けるかも?しかしとんかつを食べ慣れた人には物足りないと思う。

 

ポークポークポーク ねぎポ 有楽町店定食・食堂 / 有楽町駅銀座一丁目駅日比谷駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
2019年7月月間12万アクセス突破! 日本一のグルメブロガーを目指しています。 東京は世界一のグルメ都市!東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。 ほぼB級1人グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.